リミット1フェスティバルはつまらない?面白い?数日経過した感想と個人的な意見は?【遊戯王マスターデュエル】

 

 

遊戯王マスターデュエルにて先日からイベント リミット1フェスティバルが開催されています。

 

 

リミット1フェスでは独自のレギュレーションが適用されており、メインデッキとエクストラデッキに入れられる同名カードは1枚のみとなっています。

 

 

そこで今回はリミット1フェスについてのユーザーの感想などから評判を考えていきたいと思います。

 

 

開催から数日経過!リミット1フェスは面白い?つまらない?

 

 

 

SNSなどで調査したところ、面白いと思う人とつまらないと思う人もどちらも一定数以上いることが分かりました。

 

 

まずはどのような肯定的な意見があるのか挙げていきます。

 

色んなデッキと対戦できるのが楽しい

自分では思いつきもしなかった混合構築やコンボの組み合わせが見れて新鮮

枠が空いた分に他テーマと混ぜてみたり色々と試せて良い

手持ちのカードやレアリティ低めのカードで工夫してデッキを強くするのが面白い

デッキに1枚しかない分使いどころを見極めたり読み合いが起きるのも醍醐味

普段デッキに入れないカードを入れてるおかげで戦術の幅が広がって楽しい

 

 

ランクや参加するタイミングにもよるかと思いますが、今回のフェスでは比較的デッキの種類がバラけやすい傾向にあるため、様々なテーマや構築のデッキと対戦できるという目新しさは確かにあります。

 

 

また別テーマとの混合構築や展開ギミックの出張採用などをすることで、普段使っていたデッキをリミット1フェス用に改造したら思いがけず良い発見が出来たという人もいます。

 

 

蘇生やサルベージを得意としていないテーマやデッキにとっては1度使ったカードを再利用することは難しいため、デッキにカードが1枚しか入っていないからこそキーカードを使うタイミングをよく考えたりといった駆け引きが生まれるのも今回のフェスの魅力と言えるでしょう。

 

 

次にどのような否定的な意見があるのかを挙げていきます。

 

 

制圧盤面を作れるかどうか、それを切り返せるかどうかも運次第過ぎる

 

 

どんなデッキも「十二獣」から「天霆號アーゼウス」、「召喚師アレイスター」から「召喚獣メルカバー」ばかりで酷い

1枚初動の強さを知らしめるためだけのクソイベ

「オルフェゴール」「幻影騎士団」「@イグニスター」とかと他のテーマデッキとの力の差がどうにもならない

結局ランク戦でも強いテーマを混ぜたデッキがこのイベントでも強いというだけでつまらない

長考してるユーザーが多くて1デュエルが無駄に長くてだるい

 

 

デッキに同名カードを1枚しか入れられない都合上運要素が強くなるのは仕方ないことであり、お互いのデッキの回り方や引きの良さ次第ではデュエル開始から12ターンで勝敗がほぼ確定するようなこともあります。

 

 

またリミット1フェスではテーマとして動くための安定力が下がりやすいことから、相対的に手札1枚から強力なモンスターを出せる展開ギミックがより強力さを増しているようにも感じやすいです。

 

 

墓地の利用に長けた一部のテーマはその特性によりリミット1フェスであっても問題なくキーカードの再利用も出来たりするため、他のテーマデッキと比べるとより安定して強い盤面を作れるというのは事実です。

 

 

人によってはこういったリミット1フェスでも強いデッキとしか当たらずに嫌になってしまうこともあるでしょう。

 

 

上記でも触れたようにリミット1フェス用に構築を組み直すにあたって普段使わないカードを採用したことで出来ることが増えたという人も多いかと思います。

 

 

これにより自分のデッキで実現が可能な戦術を把握しきれなくなり、思考時間が長くかかってしまうというケースもあります。

 

 

思い当たる節があるという人は、デッキ構築をもう一度よく見直したりソロモードで練習してデッキの動かし方に慣れてからイベントに参加するというのも有りだと思います。

 

スポンサーリンク
 

今回のリミット1フェスについて思うことは?


 

 

 

イベントに参加している1人のユーザーとしては、リミット1フェスは楽しめる人とそうでない人がかなり分かれるタイプのイベントだと思います。

 

 

デッキを工夫したり普段はしないようなコンボをしたりといったことが出来るのは楽しいポイントであり、そういった要素を楽しめるユーザー同士のデュエルは工夫された戦術やコンボが繰り広げられる面白いものとなりやすいです。

 

 

しかし勝利を優先するとなった場合、上記でも触れたような1枚初動のコンボや強いテーマの展開ギミックばかりが採用されることになりやすく、そういった点をつまらないと感じる気持ちも分かります。

 

 

ポイントやミッションがある都合上、勝利を優先する考えた方は至極真っ当ではあるのですが、リミット1フェスでも問題なく動けるテーマとそうでないテーマ、強力なギミックを採用しているかどうか、手札誘発カードをバリエーション豊かに持っているか否かといったことが大きな要素となってくる環境は楽しみやすいとは言い辛いでしょう。

 

 

またリミット1フェスは良くも悪くも運要素が強いため、工夫したコンボを取り入れても実践できなかったり、強いコンボやカードを採用しても使えなかったりすることは往々にしてあります。

 

 

リミット1フェスであっても比較的安定力の高いテーマデッキは確かに存在しますが、1枚採用と3枚採用では手札に引ける確率に大きな差があるのは紛れもない事実ですので、致命的な手札事故や絶対に切り返せない状況に陥る可能性が通常のデュエルよりも高くなるというのは避けられません。

 

 

以上のこともあって、個人的には今回のリミット1フェスは楽しい部分もあればつまらない部分もあると感じています。

 

リミット1フェスについてTwitterの反応

 

まとめ!

 

遊戯王マスターデュエルで開催されているリミット1フェスに対しての個人的な意見を紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

各カードが1枚しか採用出来ない環境では、楽しい駆け引きが生まれる一方で、やはりどうしても単体で強いカードが目立ってしまったりする部分は仕方ないのではないか、と個人的には感じます。

 

リミット1フェスではいつもと違う環境で遊べる楽しさがある一方で、やはり遊んでいると「召喚獣」だったり「エルドリッチ」軸のアンデットデッキなど、強力なテーマはある程度決まってしまっている感じもします。

 

過去に開催した、シンクロフェスやエクシーズフェスに比べれば、ソリティアの質はまだマシな方なのかも知れませんが、それでもやはり、ソリティアや強いカードは単純に強い、といった感想を持ってしまうのはやはり、ゲーム上仕方ないことなのではないかと言うのが、個人的な感想です。

 

リミット1フェスも残り数日ですが、私個人としては残りの期間を楽しみたいです!!

 

リミット1フェスに関しての別途関連記事はコチラ↓

リミット1フェスでおすすめの汎用カード10選を紹介!!リミット1フェスだからこそスロットに余裕あり!【遊戯王マスターデュエル】

リミット1フェスティバルでのおすすめテーマデッキ5選を当サイトから紹介!【遊戯王マスターデュエル】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください