リミット1フェスでおすすめの汎用カード10選を紹介!!リミット1フェスだからこそスロットに余裕あり!【遊戯王マスターデュエル】

 

 

遊戯王マスターデュエルでは2022616日より新イベント、リミット1フェスティバルが開催されています。

 

 

リミット1フェスティバルでは独自のレギュレーションが適用されており、メインデッキとエクストラデッキの両方で同名カードを1枚しか入れることが出来ません。

 

 

同名カードを1枚しか入れられないことから、持っているテーマデッキを調整するにしても枠に空きが生まれることも多いかと思います。

 

 

そこで今回はリミット1フェスに参加するにあたって、おすすめの汎用カードを紹介していくので参考にしてみてください。

 

 

リミット1フェスでおすすめの汎用カード10選を紹介!スロットに余裕があるからこそ採用したい!

「ダイナレスラー・パンクラトプス」(UR

ダイナレスラー・パンクラトプス

 

緩い条件で自己特殊召喚できる上にフリーチェーンで使える除去効果を持つため、切り返しはもちろん相手ターン中の行動妨害としても使える点が優秀です。

 

 

攻撃力は2600あるため打点としても申し分ないですし、レベルも7と高いので高レベルシンクロや高ランクエクシーズの素材としても活用できます。

 

 

 

レアリティが高いカードではありますが、デッキを選ばず採用できる汎用性と性能の高さは大きな魅力ですので、持っていないという人はこれを機に生成などを検討するのも有りでしょう。

 

 

「戦華の義-関雲」(R

戦華の義-関雲

 

発動を介するものの「サイバー・ドラゴン」と同じ条件で自己特殊召喚でき、相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターよりも多い場合に除去効果を使えます。

 

 

自己特殊召喚ができ打点としても使えるレベル7モンスターという点では上記の「ダイナレスラー・パンクラトプス」と似ている部分はありますが、自己特殊召喚効果の条件や除去効果の条件などの違いにより用途は異なります。

 

 

条件の都合上状況を選ばずに自己特殊召喚と除去が出来るというわけではありませんが、出しやすさとノーコストで使える除去効果などから切り返しに向いています。

 

 

「影星軌道兵器ハイドランダー」(N

影星軌道兵器ハイドランダー

 

自分の墓地にモンスターが5体以上存在しその全てのカード名が異なる場合に特殊召喚でき、フリーチェーンで使える除去効果も持っています。

 

 

デッキに同じカードを採用出来ないリミット1フェスだからこそ汎用カードとして活かせるカードであり、墓地にモンスターを5体以上溜めるという準備こそ必要ですが、出せれば切り返しも妨害も出来る切り札として活躍してくれるでしょう。

 

 

レアリティが低いのも嬉しいポイントですので、墓地肥やしが得意なデッキであれば特に採用を検討できるでしょう。

 

 

「獣王アルファ」(UR

獣王アルファ

 

相手モンスターの攻撃力の合計が自分モンスターの攻撃力の合計よりも上の場合に特殊召喚でき、自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族を任意の数だけバウンスしてその数まで相手モンスターをバウンスする効果を持ちます。

 

 

効果で特殊召喚した自身をバウンスすれば使い減りしない除去カードとして利用することができ、除去手段も対象を取らないバウンスであるためほとんどの耐性効果をすり抜けられます。

 

 

除去効果を使わずとも攻撃力が3000と高いので、上記の除去カードとしての運用とアタッカーを兼用できる点でも優秀です。

 

 

レアリティが高く入手が難しいカードではありますが、獣族・獣戦士族・鳥獣族以外のデッキにも採用が検討できる切り返し用のカードとして有用ですので、これを機に考えてみるのも一つの手です。

 

 

「サンダー・ボルト」(UR

サンダー・ボルト

 

 

相手フィールドのモンスターを全て破壊するというシンプルイズベストな効果の通常魔法カードであり、切り返し手段としても豪快かつ強力なカードです。

 

 

リミット1フェスのルールによりほとんどのデッキの安定力が下がったことで効果破壊耐性を持つモンスターを出せないケースも珍しくないため、このカードで逆転を狙える機会も増えたと言えます。

 

 

デッキを選ばず採用できる汎用カードというだけでなく、ソロモードを進めると確実に入手できるカードでもあるため初心者にもおすすめ出来ます。

 

 

「ハーピィの羽根帚」(UR

ハーピィの羽根帚

 

 

相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する効果を持っており、相手の伏せカードを事前に除去したり相手の厄介な永続魔法などをまとめて処理する際にも役立ちます。

 

 

魔法・罠カードを除去できるカードの代表例であり、あらゆるデッキに採用を検討できる極めて高い汎用性を誇ります。

 

 

レアリティの高いカードではありますが、高い汎用性から持っておいて損はないカードでもあるので、まだ持っていないという人は入手することをおすすめします。

 

 

「ライトニング・ストーム」(UR

ライトニング・ストーム

 

 

自分フィールドに表側表示カードが存在しない場合に発動でき、相手の攻撃表示モンスターあるいは相手フィールドの魔法・罠カードのどちらかを一掃できます。

 

自分がフィールド魔法や永続魔法・永続罠カード等を使うデッキの場合手札で腐ってしまうこともあり得ますが、状況に応じて適した効果を選べるのが最大の利点です。

 

 

こちらはショップにある「ライトニング・ストーム」セットを購入すれば確実に手に入るカードなので、まだ持っていないという人は購入を検討してみるのも良いでしょう。

 

 

「死者蘇生」(UR

死者蘇生

 

 

自分または相手の墓地のモンスター1体を特殊召喚できるカードであり、レベルなどの指定も無い完全蘇生であるため非常に強力です。

 

 

自分のエースや切り札の蘇生はもちろん、各種召喚方法の素材確保など様々な用途に使うことが出来ます。

 

 

こちらのカードもソロモードを進めれば確実に手に入るカードですので、気軽に採用を検討出来ます。

 

 

「無限泡影」(UR

無限泡影

 

 

自分フィールドにカードが無ければ手札から発動することも出来るため、相手の先攻1ターン目の行動を妨害したり、自分の後攻1ターン目に厄介な効果を持つモンスターの効果を無効化するのに使える優秀なカードです。

 

 

もちろんセットして相手のモンスター効果への妨害としても使えるため、最序盤から中盤以降まで腐らない点も優秀です。

 

 

レアリティは高いもののショップにある「無限泡影」セットを購入すれば確実に手に入れることができ、今回のイベント以外でも活用する機会は多いので手に入れておくことをおすすめします。

 

 

「神の宣告」(UR

神の宣告

 

ライフコスト半分で魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にして破壊できるカウンター罠カードです。

 

 

ライフコストは重く見えますが、見方を変えれば自分のライフがいくつであっても発動できるということなのデュエル中盤以降でも活用していけます。

 

 

相手の行動を妨害するカウンター罠として汎用性が高く、ショップにある「神の宣告」セットを購入すれば確実に手に入れられます。

 

まとめ!!

 

遊戯王マスターデュエルのイベント「リミット1フェスティバル」で使える汎用おすすめカードをいくつか紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?

 

リミット1フェスでは、本来であればデッキに3枚入れたいカードが入れられないなどのデメリットがある一方で、1枚しか入れらないが故に、汎用カードを入れるスロットに余裕があ理、それ故の駆け引きが面白いイベントかと個人的には感じます。

 

今回紹介したカード以外にも、リミット1フェスだからこそ、採用出来る汎用カードはたくさんありますので、是非色々探して検討してみるといいでしょう!!

 

「リミット1フェス」に関しての別途関連記事はコチラ↓

リミット1フェスティバルでのおすすめテーマデッキ5選を当サイトから紹介!【遊戯王マスターデュエル】

 

リミット1フェスティバルはつまらない?面白い?数日経過した感想と個人的な意見は?【遊戯王マスターデュエル】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください