【破械デッキレシピ2021の回し方・相性の良いカード】を紹介!相手モンスターを破壊したりリンク素材にするテーマ!

7月13日発売のカオス・インパクトからテーマ「破戒」が登場しました!

「破戒」の名に相応しいを「破壊」を主軸にしたテーマで、リンク召喚の方法も相手のモンスターを利用するなど、ただ破壊し尽くすだけでなく、トリッキーなテーマとなっております。

今回はそんな中二病テーマである「破戒」デッキレシピ2020の回し方と相性の良いカードをいくつか紹介をしていきたいと思いますので是非参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

「破械」デッキレシピ2021の紹介!

モンスターカード

「破械童子アルハ」×3

「破械童子ラキア」×3

「破械童子サラマ」×3

「破械神の禍霊」×2

「雙極の破械神」×1

「魔界発現世行きデスガイド」×1

「多次元壊獣ラディアン」×2

「灰流うらら」×3

「幽鬼うさぎ」×3

魔法カード

「雙王の械」×3

「破械神の慟哭」×2

「補給部隊」×1

「死者蘇生」×1

「墓穴の指名者」×2

罠カード

「破械雙極」×3

「破械唱導」×3

「無限泡影」×3

「大捕り物」×1

エクストラデッキ

「破械神ラギア」×3

「トロイメア・フェニックス」×1

IPマスカレーナ」×1

「破械神アルバ」×3

「トロイメア・ユニコーン」×1

「破械雙王神ライゴウ」×3

「トポロジック・ボマー・ドラゴン」×1

「アクセスコード・トーカー」×1

「ヴァレルロード・ドラゴン」×1

「破戒」デッキのカード解説!

破戒童子モンスター

破械童子アルハ

効果モンスター 星3/炎属性/悪魔族/攻1500/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊し、このカードを手札から特殊召喚する。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

(2):フィールドのこのカードが戦闘または 「破械童子アルハ」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキから「破械童子アルハ」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

破械童子ラキア

効果モンスター 星3/水属性/悪魔族/攻1500/守1500

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。

(2):フィールドのこのカードが戦闘または 「破械童子ラキア」以外のカードの効果で破壊された場合に発動できる。 手札・デッキから「破械童子ラキア」以外の「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

1つ目の効果は自分のフィールドのカードを破壊できる効果。

2つ目の効果は同名カードの効果で以外破壊された場合に手札・デッキから「破戒」モンスターを特殊召喚出来る効果を持っています。

「破戒」デッキの基本戦術のエンジン的役割を果たしている2体であり、破壊された時に効果を発動する「破戒」魔法・罠カードを破壊しながら、フィールドアドバンテージを稼いで行きます。

破戒神の禍魂

効果モンスター

星8/闇属性/悪魔族/攻   0/守3000

このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「破械」カードの数×300アップする。

(2):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として

闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。

(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、

「破械神の禍霊」以外の自分の墓地の「破械」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを特殊召喚する。

このデッキのもう1つのキーカードです。

1つ目の効果は墓地の「破戒」カードの数×300アップする交換。

2つ目は相手フィールドのモンスターとこのモンスターのみを素材として闇属性リンクモンスターをリンク召喚できる効果。

3つ目はこのカードが破壊された時に墓地のこのカードと同名以外の「破戒」モンスターを特殊召喚出来る効果です。

1つ目の効果は魔法・罠カードも含むので、後半になれば、攻撃力3000ぐらいであれば簡単にあげることが出来ます。

2つ目の効果はこのカードのメインの効果となります。

相手のモンスターをリンク素材に出来るので、無理にこのカードの1と2の効果を使う必要は無く、むしろ2つ目の効果をメインで使っていく形になります。

基本的に「破戒」魔法・罠カードの破壊された時に発動出来る、リクルート効果でこのカードを特殊召喚する形になります。

「怪獣」モンスター

多次元壊獣ラディアン

「破戒神の禍魂」で相手のモンスターをリンク素材に出来るので、破壊以外の除去手段は存在するものの、「破戒神の禍魂」がフィールドに出せない場合、破壊耐性のあるモンスターが相手フィールドの場に存在すると、苦戦を強いられます。

「怪獣」モンスターであれば、妨害されにくく、破壊以外の除去が行える上に、相手の場に特殊召喚された「怪獣」「破戒神の禍魂」などでリンク素材に出来るので、高相性です。

また「多次元壊獣ラディアン」「破戒童子」の制約に引っかからない点もポイントです。

破械雙王神ライゴウ

リンク・効果モンスター

リンク4/闇属性/悪魔族/攻3000

【リンクマーカー:上/左下/下/右下】

リンクモンスターを含むモンスター2体以上

このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):「破械雙王神ライゴウ」以外のカードの効果でフィールドのカードが破壊された場合、

フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

(2):このカード以外のモンスターが戦闘で破壊された時、

フィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

(3):自分・相手のエンドフェイズにフィールドのカード1枚を対象として発動できる。

そのカードを破壊する。

リンク4「破戒」モンスターで、このデッキのエースモンスターとなります。

1つ目の効果はこのカードと同名以外のフィールドのカードが破壊された時にフィールドのかーを対象に破壊できる効果。

2つ目はこのカード以外が戦闘で破壊された時に、フィールドのカードを破壊できる効果。

3つ目が自分・相手のエンドフェイズにフィールドのカード1枚を対象として発動しそのカードを破壊する、効果を持ちます。

召喚条件にリンクモンスターを含むので、「破戒神」リンクモンスターの経由や相手のリンクモンスターを利用してこのカードをリンク召喚します。

全ての効果が破壊関連の効果となっており、非常に除去能力が高いモンスターである上に、「破戒」は破壊効果に特化しているので、このカードの効果で、相手の場を大幅に削ることも可能です。

自分の「破戒」魔法・罠カードを破壊し、フィールドに「破戒」モンスターを展開していくと言った動きも良いでしょう。

破戒神アルバ・破戒神ラギア

破戒神アルバ

リンク・効果モンスター

リンク3/闇属性/悪魔族/攻2400

【リンクマーカー:上/左下/右下】

「破械神」モンスターを含むモンスター2体以上

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として

「破械神アルバ」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、

「破械神アルバ」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを手札に加える。

破戒神ラギア

リンク・効果モンスター

リンク2/闇属性/悪魔族/攻1800

【リンクマーカー:上/下】

「破械神」モンスターを含むモンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手メインフェイズに、相手フィールドの特殊召喚された

表側表示モンスター1体を対象として発動できる。

その相手モンスターと自分フィールドのこのカードのみを素材として

「破械神ラギア」以外の闇属性リンクモンスター1体をリンク召喚する。

(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、

「破械神ラギア」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを手札に加える。

「破戒」リンクモンスターで1つ目の効果は相手モンスターを対象に、このカードと同名以外の闇属性リンクモンスターをリンク召喚出来る効果。

2つ目はこのカードが破壊された場合に、このカードと同名カード以外の悪魔族を墓地から手札に加える事が出来る効果です。

「破戒神の禍魂」→「破戒神ラギア」→「破戒神アルバ」→「破械雙王神ライゴウ」の順番でリンク召喚出来る様になっております。

相手ターンメインフェイズで効果を発動出来るので、この効果を使い相手の、行動を阻害していきます。

各「破戒」魔法・罠カード

破械雙極

通常罠 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の手札・墓地から「破械」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

(2):セットされたこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「破械」モンスター1体を特殊召喚する。

「破戒」魔法・罠カードの2つ目の効果は、固有効果となり、「破戒」カードの効果で破壊することで、デッキから「破戒」モンスターを特殊召喚する事が出来ます。

固有の効果と共通効果の2つがありますが、状況に応じて、使い分けたり、ブラフとして伏せて置くのも良いでしょう。

補給部隊

補給部隊

1ターンに1度自分のモンスターが戦闘、効果で破壊された時に、自分のデッキから1枚ドローする事が出来ます。

「破戒」とは非常に相性が良く、このカードを複数枚並べれば、毎ターン複数枚ドローする事も可能です。

「破械」デッキレシピ2021の回し方を紹介!

デッキのコンセプトですが、自分のモンスターの破壊をアドバンテージにしたり相手モンスターをリンク素材にするという「破械」テーマの特徴を活かしていくことで勝利を目指していくというものです。

今回紹介したデッキレシピでは、他テーマカードの採用を控えて出来る限り純構築に近い形にさせていただきました。

デッキの回し方ですが、まずは破壊効果を駆使しながらモンスターの展開を行っていきます。

破械雙王神ライゴウ

「破械」リンクモンスターの内2体は「破械神」モンスターをリンク素材として含めなければいけないため、とりあえず狙っていくべきなのは「破械神」モンスターを自分フィールドに出すことです。

雙極の破械神

リンクモンスターを除けば「破械神」モンスターは現在「破械神の禍霊」「雙極の破械神」2種類が存在します。

中でも「雙極の破械神」は自身と同じカード名のモンスターを1ターンに1度しか特殊召喚できない代わりに、自己特殊召喚効果や自己蘇生効果を持っているためフィールドに出すこと自体は比較的容易です。

破械神の禍霊

「破械」テーマはリクルートにも長けており、メインデッキでは「雙極の破械神」「破械神の禍霊」以外の「破械」カードと「雙王の械」は破壊されることをトリガーに任意の「破械」モンスターをリクルートする効果があります。

「破械」下級モンスターの効果等で自分フィールドのカードを破壊することでデッキから好きな「破械」モンスターを出していけ、単体では特殊召喚手段を持たない「破械神の禍霊」の特殊召喚へも繋げることが出来ます。

破械唱導

「破械」下級モンスターの持っているように自分フィールドのカードを破壊してアドバンテージを稼ぐのも良いですが、「雙極の破械神」「破械神の慟哭」「破械唱導」等の効果を使うことで相手フィールドのカードを破壊して有利な盤面を作ることが狙っていけます。

破械神ラギア

また「破械」テーマでは「破械神の禍霊」「破械神ラギア」「破械神アルバ」は相手モンスターをリンク素材にできる効果を持っているため、相手の厄介なモンスターをリンク素材として除去しつつ自分は強力なリンクモンスターを出すことで戦っていけます。

「破械」テーマが持つ主な除去手段である破壊効果もリンク素材にする効果も対象に取る効果であるため、対象耐性を持っているモンスターを苦手とする傾向があります。

多次元壊獣ラディアン

その点を補うのが「多次元壊獣ラディアン」であり、対象耐性を持つ相手モンスターをリリースしてしまうことで破壊やリンク素材による除去が可能なモンスターに変えることが出来ます。

今回採用を見送った「破械」デッキと相性の良いカードを紹介!

次は今回の「破戒」デッキレシピで採用を見送ったものの、相性の良いカードをいくつか紹介していきます。

「呪眼の死徒 サリエル」

呪眼の死徒 サリエル

召喚成功時にサーチした「セレンの呪眼」を装備することで、相手フィールドの特殊召喚されたモンスターをフリーチェーンで破壊できます。

破壊効果を使った場合、次の自分のスタンバイフェイズに自分フィールドのカードを破壊する強制効果がありますが、セットされた「破械」魔法・罠カード等を破壊すればリクルートに繋げられます。

「破械」テーマと同じく悪魔族モンスターであることから種族シナジーがある点でも好相性のカードです。

「抹殺の邪悪霊」「怨念の邪悪霊」

抹殺の邪悪霊

どちらも手札誘発で自分の墓地のレベル8・悪魔族モンスターを蘇生する効果を持ちます。

蘇生したモンスターの効果は無効化されてしまいますが、「雙極の破械神」は攻撃力3000 「破械神の禍霊」は守備力3000という高いステータスを誇るため壁としても有用です。

中でも「破械神の禍霊」は破壊された場合に自身と同名カード以外の「破械」モンスター1体を完全蘇生できるため、相手への牽制としても機能してくれます。

「抹殺の邪悪霊」「怨念の邪悪霊」はどちらも自己サルベージ効果を持つため使い回せる点も相性が良いです。

「トーチ・ゴーレム」

トーチ・ゴーレム

相手フィールドに特殊召喚されるモンスターで自身のフィールドにトークンを2体生成できるモンスターです。

自身のフィールドにトークンを生成できるので、リンク召喚主体かつ、このカードも悪魔族という事で非常に相性が良く、リンク召喚の手助けをしてくれます。

相手フィールドに残ってしまった「トーチ・ゴーレム」は「破械神の禍霊」の効果でリンク素材にすれば無駄のない動きをする事が可能です。

相手のカードをバウンス出来る汎用カード

強制脱出装置

「破戒」テーマは先ほども紹介した通り、破壊耐性を持っているカードに苦戦を強いられる事が多いです。

デッキを組む際は数枚、汎用性の高いバウンスカードを入れる事で破壊耐性をすり抜けるのにも役に立ちますし、汎用性の高さから普通の盤面でもデュエルを助けてくれることが多いので、デッキを組む際にスロットに余裕があれば数枚入れて見ても良いかも知れません。

まとめ

今回は、破壊と相手モンスターをリンク素材にする、珍しいタイプテーマである「破戒」デッキの紹介でした!

相手のカードをとにかく、破壊する事とリンク素材にする事が出来るので、上手くいけば、相手の場を一掃することも可能です!

使い方が分かれば、比較的にシンプルなテーマなので、興味のある方は是非組んで見ることをおすすめします!


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする