「堕天使」テーマに新たにリンクモンスターが加わった!大会優勝経歴も持つ「堕天使」デッキの組み方や回し方、相性の良いカードを徹底調査!

それ以前にも限定カード等で存在しましたが、ブースターSP-デステニー・ソルジャーズ-が発売したことで「堕天使」というカテゴリとしてのテーマが登場しました。

今回はリンクヴレインズパック2で新規リンクモンスターが登場した「堕天使」デッキについて紹介していきます。

「堕天使」デッキの組み方と回し方

堕天使テスカトリポカ

そもそも「堕天使」テーマは闇属性・天使族で統一されており、そのほとんどがレベル8以上という尖った性能を持つテーマです。

そして一部の「堕天使」モンスターはライフコスト1000ポイントを払うことで墓地に存在する「堕天使」魔法・罠カードの効果を適用できるというフリーチェーンの効果を持ちます。

効果を適用後その「堕天使」魔法・罠カードはデッキに戻します。

以上の特徴を踏まえてデッキの組み方を紹介します。

 

このデッキを使うために重要な点は手札消費の多さをカバーする方法墓地肥やしの方法の二つになります。

ほぼ全てが高レベルモンスターであるため、条件を満たさなければアドバンス召喚は難しいためそのほとんどを特殊召喚することになります。

堕天使マスティマ

「堕天使マスティマ」ならば自身の効果で手札から「堕天使」カードを2枚捨てれば特殊召喚出来るため墓地肥やしも同時に行えます。

堕天使スペルビア

また、「堕天使スペルビア」は自身を蘇生時に更に天使族モンスターを蘇生する効果を持つため展開に使えます。

「堕天使スペルビア」「堕天使」モンスターの効果で「堕天使」魔法・罠カードの効果を使って蘇生した場合には発動タイミングを逃すので気を付けましょう。

失楽の堕天使

他にもリンクモンスターの「失楽の堕天使」も墓地にモンスターが必要になる効果を持ちますので、このデッキでは積極的に墓地を肥やす必要があります。

堕天使アムドゥシアス

そして墓地肥やしを同時に行える「堕天使イシュタム」「堕天使アムドゥシアス」の効果を使う際に気になるのが手札消費の多さになります。手札の補充をするなら「トレード・イン」(コストのモンスターはレベル8限定な点に注意)「闇の誘惑」(闇属性モンスター1体を除外している点に注意)がありますので積極的に採用することで手札消費を抑えつつ欲しいカードを引きましょう。

次はデッキの回し方について紹介します。

 

堕天使の追放

まずは手札の補充を行いつつも墓地肥やしをしていくことでその後の展開に備えていきます。「堕天使の追放」などサーチカードも駆使して必要なカードを手札と墓地に揃えます。

そして「堕天使の戒壇」等を使って「堕天使スペルビア」を蘇生して更なる蘇生に繋げて盤面を展開後攻撃を行っていきます。

堕天使ルシフェル

「堕天使ルシフェル」をアドバンス召喚して効果を使えば「堕天使ゼラート」をデッキから特殊召喚し、効果で相手フィールドのモンスターを一掃して一斉直接攻撃も狙えます。

そして「堕天使」モンスターの効果を使えばライフコストはあるものの墓地の「堕天使」魔法・罠カードの効果を使って更に有利な状況にも持っていけます。

ライフコストが1000であることや手札補充のためのデッキ消費量を考えると長期戦には向いていませんので、短期決戦で決着をつけると良いでしょう。

先ほども挙げましたが特殊召喚出来ないという重い召喚制限を持つ「堕天使ルシフェル」ですが、効果は強力の一言に尽きますので主軸に置いたデッキ構成もかなりお勧めできます。

「堕天使」と相性の良いカードは?

捕食植物サンデウ・キンジー

「捕食植物サンデウ・キンジー」

このカードを使えば手札のレベル8以上の「堕天使」モンスターを融合素材に「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を出すことが出来ます。手札の「堕天使」を墓地へ送りつつも事故回避も出来るため相性は良いです。

アテナ

「アテナ」

「堕天使」の共通効果で「堕天使の戒壇」適用することで相手ターンにバーンを行うことが出来ます。

スポンサーリンク

また墓地から蘇生させる効果も「堕天使スペルビア」と相性が良く攻撃力の高い天使族の展開にも優れております。

注意点としてはこのカードが光属性とレベル7である為、「トレード・イン」や闇属性のサポートが受けられず、複数枚入れると事故要因になる為採用枚数を抑えての採用が望ましいでしょう。

神の居城-ヴァルハラ

「神の居城-ヴァルハラ」

「堕天使ルシフェル」は特殊召喚できないものの他の「堕天使」は特殊召喚でき、召喚権が残るのでアドバンス召喚にも繋げやすい為高相性でありながら高レベルの「堕天使」デッキの事故を防いでくれます。

ただし現環境では魔法・罠カードが破壊されやすい環境の為このカードに頼り切った構築をしてしまうと事故率が上がってしまうので油断は禁物です。

名推理

「名推理」

レベルの高い「堕天使」デッキは展開の事故率が高いためデッキから特殊召喚できる「名推理」は重宝することが多いかと思います。

レベルも10〜7までとレベルにばらつきがあるので特殊召喚はそう難しくないでしょう。

強欲で金満な壺

「強欲で金満な壺」

エクストラデッキにほとんど依存しない「堕天使」ではエクストラデッキが削れるのは痛手にはなりません。

純粋なドローソースとして使うことができ事故率の軽減に貢献してくれます。

アドバンスドロー

「アドバンスドロー」

「天使の戒壇」「堕天使スペルビア」を特殊召喚した際、守備表示で蘇生された「堕天使スペルビア」はそのターン攻撃に参加できません。

ランク8のエクシーズモンスターに繋げようにも、「堕天使」はレベルがバラついているので素材が揃わないときもあります。そんな時はこのカードで「堕天使スペルビア」をドローコストに使ってしまうというのも手です。

レッド・リブート

「レッド・リブート」

「堕天使ルシフェル」等を使って一斉攻撃を仕掛けようとした時に気になるのは相手の罠カードです。

このカードを使えばライフを半分払えば手札から発動できるためターンがかからず、使ったターンは相手の罠カードを完封出来ますので、一斉攻撃を邪魔されずに勝利を目指せます。

 

堕天使デッキレシピの大会優勝歴

 

 

コチラは「堕天使」がカテゴリー化した当時の優勝デッキレシピですが、どれも「堕天使」の持ち味を生かしつつ事故率の高さを補っておりしっかりとした構築をされております。

同じテーマでも人それぞれ構築に違いが出ており、個性がモロにでるテーマだということがわかります。

今回のリンクヴレインズパック2で「堕天使」は強化された?

失楽の堕天使

「失楽の堕天使」アドバンス召喚の素材を墓地のモンスターを除外することで肩代わりできるため「堕天使ルシフェル」との相性は抜群です。

効果を使うことを考えると召喚権を使わずに「失楽の堕天使」をリンク召喚したいので、専用のデッキ構成にする必要はあるものの使いこなせればかなり強化された、というのが総合評価になります。

「失楽の堕天使」を採用する場合には「大欲な壺」「闇次元の解放」等も合わせて採用すると除外したモンスターが腐りにくいかと思います。