遊戯王2018年4月新禁止制限発表!現環境トップは何か?




フェニキシアン・クラスター・アマリリス

遊戯王の新禁止制限が発表され、環境が大幅に変わりましたね!

環境トップであった、植物リンクは要である、フェニキシアンクラスターアマリリス禁止カードになり、リンク召喚とシナジーが抜群だったゴウフウ禁止となり、リンク環境にも大幅なダメージを受けました。

今回禁止制限が発表されて、現在どの様なデッキが環境に上っているのか、見て参りましょう。

スポンサーリンク




新禁止制限カード

今回リストに追加されたカードはコチラです!

禁止

・フェニキシアン・クラスター・アマリリス

・BF-朧影のゴウフウ

制限

・エルシャドールネフィリム

・エルシャドール・ミドラーシュ

・虹彩の魔術師

・召喚獣メルカバー

・D-HERO ディスクガイ

・トーチゴーレム

・覇王眷竜ダークヴルム

・捕食植物オフリス・スコーピオ

・ローンファイア・ブロッサム

・ルドラの魔導書

準制限

・召喚士アレイスター

・灰流うらら

・真竜の継承

・神の宣告

制限解除

・召喚僧サモンプリースト
・同族感染ウィルス
・輪廻天狗
・グリモの魔導書
・貪欲な壺
・汎神の帝王
・モンスターゲート
となっています!
植物リンクでキーカードとなった、フィニキシアンクラスターアマリリス禁止となり、ローンファイヤーブロッサム制限となり、全盛期の動きが、不可能となってしましました。
EM魔術師でキーカードとなった、虹彩の魔術師ダークヴルム制限となりましたが、魔術師自体が、多様に対応できる為、まだ戦えそうです!
アストログラフマジシャンヘビーメタモフォーゼ・エレクトラムが規制に入っていないので
今後の動き次第では、危うい所です。
また今回エルシャドール・ネフィリムの復帰も待っていたプレイヤーも多いのでは、ないでしょうか?
ネフィリムが制限に帰ってきたことにより、今後、構築次第では、顔を出すことも、出来るのではないでしょうか?
私自身、今回の制限改定は中々、いい所をついたのでは、と思っております。

スポンサーリンク




現在のショップ大会のデッキ使用率

遊戯王の最強デッキ・環境デッキはどんな感じ?

こちらが現在、大会使用率となっております。

新しく出たテーマ、閃刀姫が、圧倒的に上位を占めている事がわかります。

効果の都合上、メインモンスターゾーンを開けなければなりませんが、強力な魔法カードも多く、十二獣環境一強だった時代の再来となるのでは、ないでしょうか?

使用率を見る限り、出張、亜種が多様に存在する為、次の制限改定までは、○○閃刀姫を多く見かける事になるでしょう。

EM魔術師閃刀姫比べて、使用率が低いものの、まだ環境に残れそうな感じですね!

閃刀姫

閃刀姫-レイ

閃刀姫は、魔法カードが三枚以上墓地にある時に、真価を発揮します。

成金ゴブリン等のドローソースで、魔法を墓地を肥やしたり、使用率の高い、隣の芝刈りを使う戦術も多く目にします。

この特性上、出張が忙しいのもうなずけますね!

閃刀起動-エンゲージ

閃刀起動せんとうきどう-エンゲージ

通常魔法
(1):自分のメインモンスターゾーンにモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「閃刀起動-エンゲージ」以外の「閃刀」カード1枚を手札に加える。
その後、自分の墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合、
自分はデッキから1枚ドローできる。

こちらが、超優秀カードで、閃刀カードデッキで必須のカードとなっております!

理由がない限りは、3枚フル投入が前提となります。

このカードを使い、状況に応じて、カードを選んでいく訳ですね!

私自身、次の改定で、真っ先に制限に行くのでは、ないかと予想する一枚です(汗)

EM魔術師

関連画像

一時期、モンキーボート(鬼畜猿)のおかげで、大会ではem(エンタメイジ)を混ぜた、

EMemが環境を支配していました。その後モンキーボートが禁止になり、

ドクロバットジョーカーペンデュラムマジシャン制限となり竜騎士EMと形を変えたものの、と竜呼相打りゅうこあいうラスターP制限になったことによって、環境から姿を消しました。

しかし、ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・エボリューションで大幅に、魔術師が強化されたのと、リンクモンスター、ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムの登場により、EM魔術師として、再度環境に上りました!

こちらも次の改定でどうなるのか、気になるデッキですね!

ABC-ドラゴン・バスター

ABC

こちらも、一時期環境テーマで、環境を支配していました!

ストラクチャーデッキから、組むことが出来、比較的容易に構築することが、可能で、人気のテーマでした。

展開力が高く、リンクが出たことに、よって戦術の幅が増えたテーマでもあります。

最近では、閃刀姫と組まれることが多く(結局お前かぁ・・・)大会では、ABC閃刀姫を見かける事が多いです。

まとめ

今回の制限改定によって、植物リンクは、退場という形になりました。

しかし入れ替わる様に、閃刀姫が環境を支配する形になりました。

私自身、十二獣再来と捉えてもいいのでは、ないでしょうか?

今後、閃刀姫亜種が、大量に生まれる様になり、フリーペースでも、見かけない日はないのでは、ないかと思うぐらい見かける事になり、ますますメタゲームに拍車がかかるような気がします。

今回の制限改定が良かった分、今後この環境がしばらく、続くのは、多くのプレイヤーにとって、疑問となるのではと私自身感じております。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする