「ドラゴンメイド」のデッキレシピと回し方や戦術を紹介!「ドラゴンメイド」は可愛いだけじゃない!?




デッキビルドパック ミスティック・ファイターズにて新規収録された3種のテーマの内1つ、「ドラゴンメイド」はイラストアドの高さも含めて情報が公開されてから注目を集めています。

そこで今回はテーマの性能面についてということで、「ドラゴンメイド」デッキレシピや戦術等を紹介していきます。

ドラゴンがメイド!?「ドラゴンメイド」デッキレシピの紹介!

モンスターカード

「ドラゴンメイド・ナサリー」×3

「ドラゴンメイド・ラドリー」×2

「ドラゴンメイド・ティルル」×3

「ドラゴンメイド・パルラ」×3

「ドラゴンメイド・エルデ」×3

「ドラゴンメイド・フルス」×2

「ドラゴンメイド・フランメ」×3

「ドラゴンメイド・ルフト」×3

魔法カード

「ドラゴンメイドのお心づくし」×3

「ドラゴンメイドのお出迎え」×2

「ドラゴンメイドのお召し替え」×3

「竜の霊廟」×3

「復活の福音」×2

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「ドラゴンメイド・リラクゼーション」×2

「群雄割拠」×1

「戦線復帰」×1

エクストラデッキ

「ドラゴンメイド・ハスキー」×3

「F・G・D」×1

「ヴァレルロード・ドラゴン」×1

「ヴァレルソード・ドラゴン」×1

鎖龍蛇-スカルデット」×1

揚陸群艦アンブロエール」×1

トロイメア・ユニコーン」×1

混沌の戦士 カオス・ソルジャー」×1

トロイメア・フェニックス」×1

「トロイメア・ケルベロス」×1

天球聖刻印」×3

スポンサーリンク

「ドラゴンメイド」デッキの回し方と戦術を紹介!

ドラゴンメイド・ティルル

まずデッキの回し方ですが、「ドラゴンメイド」デッキは「ドラゴンメイド」モンスターの効果を使うことで展開等を行い、バトルフェイズに「ドラゴンメイド」最上級モンスターを並べて総攻撃を行うことで勝利を目指すビートダウン型デッキです。

ドラゴンメイド・エルデ

「ドラゴンメイド」下級モンスターはバトルフェイズ開始時に自身をバウンスすることで自身よりもレベルが5高い「ドラゴンメイド」モンスターを手札・墓地から特殊召喚できます。

消費枚数のことを考えれば手札よりも墓地から特殊召喚したいので、墓地肥やし効果は疑似的なリクルートとして使うことも出来ます。

竜の霊廟

「ドラゴンメイド」最上級モンスターは元々手札から自身を捨てて発動できる効果を持っているものの、どんな時でもその条件を満たせるというわけではありません。

「ドラゴンメイド」下級モンスターの効果で墓地肥やしを狙うのも良いですが、特に「ドラゴンメイド・パルラ」は墓地に送れるカードの範囲も広いので、召喚権を使わずに「ドラゴンメイド」モンスター用の墓地肥やしとして「竜の霊廟」等は重宝します。

ドラゴンメイド・ハスキー

展開と除去の両方をこなすことが出来る切り札「ドラゴンメイド・ハスキー」の融合召喚は積極的に狙っていきたい所です。その効果を活かすには「ドラゴンメイド・ハスキー」+「ドラゴンメイド」モンスター(種類が多いほど良い)という盤面が望ましいので、具体的な方法については後述します。

ドラゴンメイド・リラクゼーション

「ドラゴンメイド・ハスキー」の除去効果については気を付けなければならない点として、ターン1制限が無いため「ドラゴンメイド」がバウンスする度に相手モンスターを破壊できるのですが、効果が『時の任意効果』ですので相手の除去効果に対してフリーチェーンでバウンスが出来る「ドラゴンメイド・リラクゼーション」を使った際にはタイミングを逃すので注意が必要です。

「ドラゴンメイド・リラクゼーション」と組み合わせた相手ターン中の除去は上手く狙いたい所ですが、相手のカード効果などにチェーンを組まないように使うといった運用が必要です。

ここでは具体的な戦術例を紹介します。

先攻1ターン目と仮定して、手札に「ドラゴンメイド・ナサリー」「竜の霊廟」レベル78「ドラゴンメイド」モンスターの3枚がある際に出来るコンボです。

ドラゴンメイド・パルラ

まず「竜の霊廟」を発動し「ドラゴンメイド・パルラ」を墓地へ→「ドラゴンメイド・ナサリー」を通常召喚しその効果により「ドラゴンメイド・パルラ」を蘇生→

「ドラゴンメイド・パルラ」の効果で「ドラゴンメイドのお召し替え」を墓地へ→

ドラゴンメイドのお召し替え

「ドラゴンメイドのお召し替え」の効果でフィールドの「ドラゴンメイド」モンスターの内どちらか(手札のレベル78)「ドラゴンメイド」モンスターの(特殊召喚の先として対応してない)をバウンスしてサルベージ→

「ドラゴンメイドのお召し替え」で手札の2体を素材に「ドラゴンメイド・ハスキー」融合召喚という流れです。

これで結果的には「ドラゴンメイド・ハスキー」+「ドラゴンメイド・ナサリー」or「ドラゴンメイド・パルラ」というフィールドになりました。

先攻ではなく後攻1ターン目であればバトルフェイズ開始時に「ドラゴンメイド」下級モンスターを自己バウンスして融合素材にした「ドラゴンメイド」最上級モンスターを蘇生することで「ドラゴンメイド・ハスキー」の効果で相手モンスター1体を除去しつつ2体で攻撃できます。

手札に「ドラゴンメイド・ティルル」「ドラゴンメイドのお心づくし」レベル問わない「ドラゴンメイド」モンスターの3枚がある場合でも結果的に「ドラゴンメイド・ハスキー」+「ドラゴンメイド・ティルル」or「ドラゴンメイド・パルラ」という盤面の構築が可能です。

この場合は「ドラゴンメイドのお心づくし」で墓地へ送った「ドラゴンメイド・ルフト」をバトルフェイズ中に特殊召喚することが出来ます。

このコンボの場合「ドラゴンメイド・ティルル」「ドラゴンメイド・パルラ」のレベルが同じという都合上相手スタンバイフェイズに「ドラゴンメイド・ハスキー」での展開が狙いにくいため、3枚目のコンボパーツである「ドラゴンメイド」モンスターはレベル2もしくは7が望ましいかと思います。

デュエル中盤以降なら墓地も増えるため、「ドラゴンメイド・ハスキー」がいる状態で「ドラゴンメイド・ナサリー」「ドラゴンメイド・エルデ」を使った展開を行い、並べた「ドラゴンメイド」下級モンスターをバトルフェイズ開始時に自己バンス&特殊召喚をすることで「ドラゴンメイド・ハスキー」の効果で相手モンスターを一掃し総攻撃で一気に相手のライフを削り切れます。

まとめ

今回紹介したのはあくまで純構築の「ドラゴンメイド」デッキになります。

「灰流うらら」等の汎用的な手札誘発効果のモンスターを採用するのも良いですし、「守護竜」「ヴァレット」と併せてリンクやシンクロ等を狙えるデッキにするという手もあります。

また20191012日発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトでは「ドラゴンメイド」モンスターをバウンス&特殊召喚しつつ破壊耐性を得られる「ドラゴンメイドのお見送り」が収録されますので、イラストアドが相変わらず高い上に性能も優秀なのでデッキを作る上ではぜひとも採用したい所です。

またコチラでは「ドラゴンメイド」と相性の良いカードや別途特徴を紹介しております!

2019年8月3日に発売予定のデッキビルドパック ミスティック・ファイターズにて新たに登場するテーマの内の一つ「ドラゴンメイド」について情報...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック ミスティック・ファイターズ BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする