「ドラグマ」デッキレシピと回し方を紹介!エクストラデッキに対してメタを取るテーマ!!

2020418日発売予定の基本パック、ライズ・オブ・ザ・デュエリストで登場する新テーマ「ドラグマ」の関連カードの詳細が判明しました。

そこで今回は現状判明しているカードから「ドラグマ」デッキレシピを当サイトが考案したので紹介していきます。

詳しい理由は後述しますが、今回紹介するのは極力エクストラデッキからの特殊召喚を行わない「ドラグマ」デッキですので予めご了承ください。

新規テーマである「ドラグマ」デッキレシピの紹介!!

モンスターカード

「教導の聖女エクレシア」×3

「教導の鉄槌テオ」×3

「教導の天啓アディン」×3

「教導の騎士フルルドリス」×3

「教導の大神祇官(正確には祇の部首が「示」ではなく「ネ」)」×3

「教導枢機テトラドラグマ」×1

「オネスト」×2

「増殖するG×2

「エフェクト・ヴェーラー」×2

魔法カード

「教導国家ドラグマ」×2

「天底の使徒」×3

「貪欲な壺」×2

「救魔の標」×1

「奇跡のマジック・ゲート」×1

RUM-七皇の剣」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

「サンダー・ボルト」×1

罠カード

「ドラグマ・エンカウンター」×3

「ドラグマ・パニッシュメント」×3

エクストラデッキ

「灰燼竜バスタード」×3

「旧神ヌトス」×3

「ウィンドペガサス@イグニスター」×1

「深海姫プリマドーナ」×1

PSYフレームロード・Ω×1

No.71 リバリアン・シャーク」×1

No.101 SHArk Knight×1

CNo.101 SHDark Knight×1

元々の攻撃力が高いモンスター×3(「ドラグマ・パニッシュメント」と「天底の使徒」の効果用であり、元々の攻撃力が最高値である攻撃力5000の「花札衛-五光-」や「LGD」を推奨)

スポンサーリンク

「ドラグマ」デッキの回し方を紹介!

今回紹介した「ドラグマ」デッキでは「灰燼竜バスタード」を融合召喚することは考えておらず、いくつかのサポートカードの恩恵を受けられる「アルバスの落胤」については採用すらしていません。

というのも、「ドラグマ」カードの中には効果の発動後自分のエクストラデッキからの特殊召喚を封じる制約を持つものがいくつかあります。

いずれもデッキを回すためには重要なカードであるため複数枚積みが推奨され、それ故にアドバンテージ稼ぎの観点からも毎ターンのように使用したいというのが正直な所です。

それら制約持ちのサポートカードと衝突する可能性がある「アルバスの落胤」事故要因になり得ます。

灰燼竜バスタード
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+攻撃力2500以上のモンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、
このカードの融合素材としたモンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):このカードが融合召喚に成功したターン、
このカードはEXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ドラグマ」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

とはいえ「アルバスの落胤」の性能が劣るというわけではなく、相手モンスターも融合素材に出来る効果は優秀ですし「灰燼竜バスタード」の自己強化効果と耐性効果も強力です。

ただ現状判明しているカードから考えると、「アルバスの落胤」を使わず自分はエクストラデッキからの特殊召喚を極力行わない「ドラグマ」デッキか制約付きのサポートカードを出来るだけ減らして「アルバスの落胤」を主軸とした融合デッキのどちらかの方が回しやすく事故も少ないのではないかと判断させていただきました。

教導の騎士フルルドリス
効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
自分フィールドに他の「ドラグマ」モンスターが存在する場合、
さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んでその効果をターン終了時まで無効にできる。
(2):自分の「ドラグマ」モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの全ての「ドラグマ」モンスターの攻撃力は500アップする。

シナジーこそあるものの「アルバスの落胤」「灰燼竜バスタード」「教導の騎士フルルドリス」「教導国家ドラグマ」等の「ドラグマ」専用のサポート効果の恩恵を受けられないので、併せて使いたいという場合はその点に気を付けましょう。

「ドラグマ」テーマの大きな特徴としては2つあり、1エクストラデッキから直接カードを墓地へ送るカードがあること。

もう1エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスターへのメタが出来ることです。

「ドラグマ」下級モンスターはエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合に手札から特殊主幹ができ、なおかつエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されないという共通効果を持っています。

デッキのエースである「教導の騎士フルルドリス」はエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在すれば自分・相手メインフェイズに自己特殊召喚ができ、加えて既に「ドラグマ」モンスターがいればフィールドの表側表示モンスター1体の効果を無効化できます。

展開しながらフリーチェーンでモンスター効果の無効化が出来るため妨害としても機能する他、自分のターンには全体火力アップ効果によって総合打点を飛躍的に向上させて相手のライフを多きく削れます。

教導枢機テトラドラグマ
特殊召喚・効果モンスター
星11/光属性/魔法使い族/攻3200/守3200
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分・相手の墓地の融合・S・X・リンクモンスターを合計4体対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを除外する。
(2):特殊召喚されたモンスターとこのカードが戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。
その後、この効果で破壊した融合・S・X・リンクモンスターの数×800ダメージを相手に与える

「教導の大神祇官」「教導枢機テトラドラグマ」は墓地の融合・シンクロ・エクシーズ・リンクモンスターを除外することで自己特殊召喚ができ、その効果によって更なる展開や除去などを狙えます。

「教導の大神祇官」に関しては特殊召喚モンスターではないので「教導の天啓アディン」「灰燼竜バスタード」でリクルートするという手もあります。

ドラグマ・パニッシュメント
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、
対象のモンスターを破壊する。
このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

関連魔法・罠カードも強力なものが多く、「天底の使徒」「ドラグマ・パニッシュメント」は自分のエクストラデッキから直接カードを墓地へ送れるため「灰燼竜バスタード」を筆頭にした墓地へ送られた場合に発動できる効果を持つモンスターを墓地へ送ることで大きなアドバンテージを得られるため非常に優秀です。

「ドラグマ・エンカウンター」は罠カードではあるものの、「ドラグマ」モンスターを手札から特殊召喚or蘇生orサルベージ1枚で出来るため極めて使い勝手が良いです。

デッキの回し方ですが、まずはサーチカードを使ってキーカードを揃えていきます。

教導の聖女エクレシア
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「教導の聖女エクレシア」以外の「ドラグマ」カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。

使いやすいサーチ効果を持つカードとしては「教導の聖女エクレシア」「天底の使徒」があり、「ドラグマ・パニッシュメント」「灰燼竜バスタード」を墓地へ送れば除去効果と一緒にサーチorリクルートも狙えます。

加えて「教導の天啓アディン」は破壊されることでリクルート効果を使えるため、「旧神ヌトス」を墓地へ送って能動的に破壊するということも覚えておくと良いでしょう。

「ドラグマ」下級モンスターは戦闘耐性とそれなりのステータスを持っているため単体でもある程度の場持ちを期待できます。

次に「教導の騎士フルルドリス」「教導の大神祇官」を狙い火力の向上や更なるエクストラデッキからの墓地肥やしでアドバンテージを稼いでいきます。

切り札である「教導枢機テトラドラグマ」は前述したサーチカードでサーチできますし、「教導の大神祇官」の効果を使えば特殊召喚条件を簡単に満たせるため一掃効果によるバーンや高火力による戦闘ダメージを狙っていけます。

エクストラデッキからカードを直接墓地へ送れるという点を利用してNo.71 リバリアン・シャーク」を採用しましたが、次の自分のターンにRUM-七皇の剣」を使うためにも「ドラグマ・パニッシュメント」の制約には要注意です。

あくまで「ドラグマ・パニッシュメント」が手札やフィールドにない状況で使える戦術の一つと認識しておけばいいかと思います。

スポンサーリンク

「ドラグマ」デッキについてのまとめ!

エクストラデッキから直接カードを墓地へ送りやすいというのは他のテーマにはない特徴ですので、これまで難しかった様々な運用方法が考案できるかと思います。

また66に発売予定のコレクションパック2020に収録される「中生代化石騎士 スカルナイト」もエクストラデッキから直接墓地へ送る候補として有力なので、コレクションパック2020が発売した暁には採用すると良いでしょう。

ストーリー性を感じるイラストといい、これからどのような形で強化されるかも含めて今後も注目していきたい新テーマです。

またコチラでは「ドラグマ」テーマと相性の良いカードや特徴を紹介しておりますので、コチラも参考にして見てください!

2020年4月18日発売予定の「ライズ・オブ・デュエリスト」に新規テーマである「ドラグマ」が加わることが本日発表されましたね! ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする