【DDデッキレシピ2021の回し方・新規カードを使った展開例】の一部を紹介!

先日発売したバトル・オブ・カオスにて「DD」テーマが強化されました。

そこで今回は新規カードを採用した「DD」デッキレシピを紹介し、その回し方や展開例について紹介していきたいと思います。

新規カード入り「DD」デッキレシピ2021の紹介!

モンスターカード

DDネクロ・スライム」×3

DDラミア」×3

DDスワラル・スライム」×3

DDゴースト」×1

DD魔導賢者ケプラー」×3

DDグリフォン」×3

DD魔導賢者コペルニクス」×3

DDオルトロス」×1

DDD極智王カオス・アポカリプス」×1

DDD壊薙王アビス・ラグナロク」×2

DDD死謳王バイス・レクイエム」×1

「灰流うらら」×3

魔法カード

「特許権の契約書類」×1

「地獄門の契約書」×3

「魔神王の契約書」×1

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×2

「ワン・フォー・ワン」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

「死者蘇生」×1

罠カード

DDDヘッドハント」×1

「戦乙女の契約書」×1

エクストラデッキ

DDD烈火王テムジン」×1

DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」×1

「フォーミュラ・シンクロン」×1

DDD疾風王アレクサンダー」×1

「シューティング・ライザー・ドラゴン」×1

DDD呪血王サイフリート」×1

「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」×1

「フルール・ド・バロネス」×1

DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー」×1

DDD怒涛王シーザー」×1

DDD双暁王カリ・ユガ」×1

DDD赦俿王デス・マキナ」×1

DDD深淵王ビルガメス」×1

「クロシープ」×1

「水晶機巧-ハリファイバー」×1

スポンサーリンク

新規カードが加わった「DD」デッキレシピの回し方・展開例を紹介!

デッキのコンセプトとしては、「DD」テーマの持つ高い展開力とアドバンテージ獲得能力を活かすことで強力な盤面を構築してデュエルを有利に進めるというものです。

今回紹介したデッキレシピでは採用を控えた「DD」カードも多くありますが、DD」テーマはカードプールが充実しているため好みや実現したいコンボによって採用するカードを選ぶと良いでしょう。

デッキの回し方ですが、まずはアドバンテージを稼ぐことで展開要員を引き込んだりしていきます。

DDグリフォン

アドバンテージの獲得手段としては色々あり、召喚・特殊召喚成功時に「契約書」カードをサーチできるDD魔導賢者ケプラー」、蘇生された場合に「DD」カードをサーチできる新規カードDDグリフォン」、召喚・特殊召喚成功時にデッキの「DD」または「契約書」カードを墓地へ送れるDD魔導賢者コペルニクス」等があります。

DDラミア

特殊召喚効果を持つ展開要員も多種多様で、手札・フィールドの「DD」または「契約書」カードをコストに自己特殊召喚効果を持つDDラミア」

DDスワラル・スライム

墓地の自身をコストに手札の「DD」モンスターを特殊召喚できるDDスワラル・スライム」

DD」モンスターが存在すれば手札から自己特殊召喚できるDDグリフォン」等々、これらの効果を使うことで各種召喚方法へと繋いでいけます。

DD」デッキではエクストラデッキのモンスターを特殊召喚した後も更にモンスターを展開していけます。

DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー

DD」モンスターの特殊召喚をトリガーにして蘇生効果を使えるDDD烈火王テムジン」「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」「DDD疾風王アレクサンダー」「DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー」DDD壊薙王アビス・ラグナロク」のペンデュラム効果を使えば、各種召喚方法をしつつも素材として墓地に送られたモンスターを再びフィールドに出して更に別のモンスターへ繋げていけます。

DDD呪血王サイフリート

最終的には制圧力に期待できるDDD呪血王サイフリート」や新規カードのDDD赦俿王デス・マキナ」を出したり、制約が付いていないのであれば「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」を並べることも狙えます。

DDD」モンスターには効果が強力なだけでなく打点も十分に高い物も多いため、有利な盤面を維持しながらも攻勢に出ていくことで相手のライフを削っていけます。

「DD」デッキ「DDグリフォン」+「DD魔導賢者コペルニクス」の2枚から出来る展開例を紹介!

DDグリフォン

新規カードを使った具体的な展開例を1つ紹介しますが、「DD」デッキではその特性からコンボが長く複雑になりやすいため、今回はあくまで新規カードDDグリフォン」の活用を念頭に置いた展開例の一部を紹介させていただきます。

手札に

DDグリフォン」+「DD魔導賢者コペルニクス」

2枚がある場合に出来るコンボです。

DD魔導賢者コペルニクス

DD魔導賢者コペルニクス」を通常召喚→

DD魔導賢者コペルニクス」の召喚成功時の効果でデッキからDDネクロ・スライム」を墓地へ送る→

DDグリフォン」を手札から自己特殊召喚→

DDD深淵王ビルガメス

DD魔導賢者コペルニクス」DDグリフォン」を素材にDDD深淵王ビルガメス」をリンク召喚→

DDオルトロス

DDD深淵王ビルガメス」の特殊召喚成功時の効果でデッキからDDオルトロス」DDD壊薙王アビス・ラグナロク」をペンデュラムゾーンにセット→

エクストラデッキからDD魔導賢者コペルニクス」DDグリフォン」をペンデュラム召喚→

DDグリフォン」のペンデュラム召喚成功時の効果により手札から「DD」カードまたは「契約書」カードを捨てて1枚ドロー→

DDD怒濤王シーザー

DD魔導賢者コペルニクス」DDグリフォン」を素材にDDD怒涛王シーザー」をエクシーズ召喚→

DDオルトロス」のペンデュラム効果で自身とDDD怒涛王シーザー」を破壊→

墓地へ送られたDDD怒涛王シーザー」の効果で「契約書」カード1枚をサーチ→

DDD烈火王テムジン

墓地のDDネクロ・スライム」の効果で自身とDD魔導賢者コペルニクス」を除外してDDD烈火王テムジン」を融合召喚→

DDD烈火王テムジン」の特殊召喚をトリガーにDDD壊薙王アビス・ラグナロク」のペンデュラム効果でDDグリフォン」を蘇生→

DDグリフォン」の蘇生成功時の効果で「DD」カード1枚をサーチが出来ます。

1ターンの間にDDグリフォン」3つの効果全てを使用しつつ展開することができました。

この時点で自分フィールドには

DDD深淵王ビルガメス」+「DDD烈火王テムジン」+「DDグリフォン」

を並べられており、途中でサーチした「契約書」カード1枚と「DD」カード1枚が手札にあります。

DDD赦俿王デス・マキナ

この後残りの手札やサーチしたカードを使えば更なる展開を図ることが出来ますし、展開の最後にはDDD深淵王ビルガメス」に重ねてDDD赦俿王デス・マキナ」を出せば制圧力も増します。

DDグリフォン」の手札交換効果で墓地へ送った「DD」モンスターやコンボの途中でサーチしたカードにDDラミア」などのチューナーを選んでおけば、スムーズにシンクロ召喚へ繋げていくことも出来ます。

水晶機巧-ハリファイバー

今回はあくまで消費を抑えつつもDDグリフォン」を活用することに注目したため早い段階でDDD深淵王ビルガメス」をリンク召喚しましたが、初期手札次第ではDDD深淵王ビルガメス」の制約がかかる前に「クロシープ」「水晶機巧-ハリファイバー」等を活用して展開するという戦術も有用です。

まとめ!

今回のデッキレシピはあくまでも新規カードを活かした構築(「DDグリフォン」からの展開)をメインにした構築にしましたが、採用するカードの種類を増やし、3枚済みのカードを調整したり、今回採用しなかったエクストラデッキの「DDD」モンスターの種類を増やすことで、違う展開ルートや、対応力をあげることが出来ます。

デッキのスロットと相談になる点が難点ではありますが、今回の構築以外にも、他の「DD」モンスターを採用してみるのも面白いでしょう。

「DD」テーマに関しての別途記事内容はコチラ↓

2021年10月16日に発売予定の基本パック バトル・オブ・カオスにて「DD」テーマが強化されることが判明しました。 ...
2021年10月16日に発売した基本パック バトル・オブ・カオスにて「DD」テーマに新規カードが加わり強化されました。 ...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1763

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする