【DDデッキレシピ2020の回し方と展開例】相性の良いカードを紹介!

遊戯王ARC-Ⅴで赤馬零児が使用するテーマ「DD」は悪魔族で統一されており、「契約書」カードと密接に繋がっているのが特徴でもあります。

そこで今回は「DD」デッキレシピ2020を紹介し、その回し方や展開例についてと相性の良いカードを紹介していきます。

「DD」デッキレシピ2020の紹介!

モンスターカード

DDネクロ・スライム」×3

DDラミア」×3

DDスワラル・スライム」×3

DDゴースト」×2

DD魔導賢者ケプラー」×3

DD魔導賢者コペルニクス」×3

DDD壊薙王アビス・ラグナロク」×3

DDD死謳王バイス・レクイエム」×1

DDD極智王カオス・アポカリプス」×1

DDD運命王ゼロ・ラプラス」×1

GODDD神零王ゼロゴッド・レイジ」×1

魔法カード

「地獄門の契約書」×3

「魔神王の契約書」×1

「闇の誘惑」×2

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×2

「ワン・フォー・ワン」×1

「ワンチャン!?」×2

「ハーピィの羽根帚」×1

「サンダー・ボルト」×1

「死者蘇生」×1

罠カード

「戦乙女の契約書」×1

エクストラデッキ

DDD烈火王テムジン」×2

DDD神託王ダルク」×1

DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」×1

「フォーミュラ・シンクロン」×1

DDD疾風王アレクサンダー」×1

DDD呪血王サイフリート」×1

「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」×1

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」×1

DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー」×1

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー」×1

DDD双暁王カリ・ユガ」×1

DDD深淵王ビルガメス」×1

「クロシープ」×1

「水晶機巧-ハリファイバー」×1

スポンサーリンク

「DD」デッキレシピ2020の回し方と展開例を一部紹介!

まずデッキのコンセプトですが、「DD」テーマの持つアドバンテージ獲得能力と展開力を活かすことで様々な召喚方法を駆使して勝利を目指すというものです。

DD」はカードプールが多く今回紹介したデッキレシピ以外にも様々な構築が出来るので、やりたいコンボや使いたいカードに応じてデッキ構成を考えるとモチベーションも上がって楽しいかと思います。

デッキの回し方ですが、まずは初動展開の要となる「DD」モンスターを引き込んでいきます。

地獄門の契約書

DD」モンスターのサーチ効果としては「地獄門の契約書」があり、「契約書」カードのサーチ効果としてはDD魔導賢者ケプラー」がいます。

DD魔導賢者コペルニクス

その他にも「DD」デッキでは墓地利用もするためDDゴースト」DD魔導賢者コペルニクス」による墓地肥やしも墓地リソースの確保の上で有用です。

デッキレシピでも3枚積みしていますが、初動展開のキーカードとなるのは優秀な効果を持つ下級「DD」モンスターです。

DDラミア

DDラミア」「DDスワラル・スライム」「DDネクロ・スライム」はその筆頭で、主に融合・シンクロ・リンク召喚をしていくのに重宝します。

下級「DD」モンスターを使ってエクストラデッキのモンスターに繋げていくのですが、「DD」デッキの基本的な運用法として“特殊召喚効果を持つエクストラデッキのモンスターを利用することで更なる展開へと繋げる”というものがあります。

DDD烈火王テムジン

代表的なものがDDD烈火王テムジン」DDD疾風王アレクサンダー」であり、出しやすさも相まって更なる展開に繋げることも容易です。ダメージと制約を覚悟すればリンクモンスターのDDD深淵王ビルガメス」も展開に使えますし、「クロシープ」のリンク先に融合モンスターを出すというのも有効です。

エクストラデッキのモンスターを駆使して展開しながら、強力な効果を持つモンスターへと繋げていくことで有利な盤面構築を行っていきバトルで相手のライフを削っていけます。

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー

先述の展開に使えながらも強力な効果で攻勢に出られるDDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー」、制圧力という面で活躍も出来るDDD呪血王サイフリート」DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー」があります。

制約などが付いていないのであれば汎用モンスターへ繋げることも可能であり、「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」「ヴァレルロード・S・ドラゴン」が制圧と火力の両方の面で強力なのは知る人も多いです。

DD」は展開ルートが非常に多いことも有名なテーマで、同じ手札からでも全く違う最終盤面に出来たりとそのコンボは複雑かつ多種多様です。

「DD」デッキの基本的な展開例

DDスワラル・スライム

今回はあくまで基本的な動き方のみを紹介していきたいと思います。

手札にDDスワラル・スライム」+「DD」モンスター×2があれば出来る運用法です。

手札のDDスワラル・スライム」の効果を使って手札の自身と「DD」モンスター1体でDDD烈火王テムジン」を融合召喚→

墓地のDDスワラル・スライム」の効果を使って自身を除外して手札の「DD」モンスター1体を特殊召喚→

DDD烈火王テムジン

DDD烈火王テムジン」の効果で融合素材にした「DD」モンスター1体を蘇生という流れがあります。

これにより召喚権を使わずにDDD烈火王テムジン」と「DD」モンスター2体をフィールドに展開できました。

上記の運用は基本的な物の一例ではありますが、DDスワラル・スライム」以外の「DD」モンスターが何かによっては基本的な部分ですら変えていけます。

仮に内1枚がDDネクロ・スライム」であればそのターン中もう一度融合召喚を行うことが狙えますので、DDD烈火王テムジン」2回融合召喚するつもりであればDDD烈火王テムジン」の特殊召喚効果はカード名ターン1指定なのでどのタイミングで使うかも重要になってきます。

DDD疾風王アレクサンダー

他にも内1枚がDDラミア」DDゴースト」といったチューナーなら特殊召喚効果を持つDDD疾風王アレクサンダー」「水晶機巧-ハリファイバー」を使ったり等多くの展開ルートが考えられるでしょう。

【DDデッキレシピ2020】と相性の良いカードを紹介!

ここでは今回採用を見送りにした「DD」と相性の良いカードをいくつか紹介していきます。

「PSYフレームロード・Ω」

PSYフレームロード・Ω

レベル8の汎用シンクロモンスターで除外されている自分のカードを墓地に戻せる効果を持っているので、除外された「DD」モンスターを再利用するのに役立ちます。

スロットの関係で採用が見送られるシンクロモンスターではあるものの、私も実際に採用して使ってみると、効果自体の汎用性と除外から再利用の効果に助けれる事が多いです。

特にキーカードであるDDラミア」「DDスワラル・スライム」「DDネクロ・スライム」を再利用できる点は大きいと言えます。

「デコード・トーカー」

デコード・トーカー

効果モンスター2体以上でリンク召喚出来るサイバース族モンスターで、自分フィールドを対象とする相手の魔法・罠・モンスター効果が発動した際に、このカードのリンク先の自分モンスターをリリースする事で効果を無効にして破壊する事が出来ます。

「DD」デッキは展開力に優れている上に、展開後の制圧力が非常に高く、このカードの効果を使っても墓地からの再利用が簡単に出来るテーマなので、コストにも困らないですし、制圧の面でもこのカードをリンク召喚することで役に立つ盤面が多いです。

「貪欲で強欲な壺」

強欲で貪欲な壺

自分のデッキの上から10枚除外することで自分のデッキから2枚ドローできる魔法カードです。

「DD」デッキでは少ないカードからの展開やサーチ手段が豊富なので、ある程度キーパーツを早い段階で確保する事ができます。

キーパーツを確保した後であれば、10枚上から除外されたとしても実はそこまで痛手にはなりませんし、「DD」デッキはとにかくデッキの回転力が重要です。

使うタイミングこそ問われるものの、2枚ドローできる効果はシンプルに強力であります。

ただし、最近の環境では「灰流うらら」を採用しているデッキが7〜8割と言っても過言では無い為、このカードの採用やこのカードを使う際に相手の手札の枚数に気をつける必要があるので注意が必要です。

「DDデッキレシピ2020の回し方と展開例】相性の良いカードを紹介!まとめ!

「DD」デッキレシピを当サイトで紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

「DD」デッキは展開力が非常に高いテーマでプレイングの難易度的には中級者向けのデッキですが、DDラミア」「DDスワラル・スライム」「DDネクロ・スライム」からの展開力は非常に強力でエクストラデッキの「DDD」モンスターはどれも強力なモンスターばかりで、展開後の制圧力は非常に高いテーマです。

今回のデッキ構築以外にも採用しなかった「DD」モンスターの中にも展開力に優れているモンスターがいたり、強力なモンスターは多数存在しますので、今回紹介したデッキをそのまま使って見ても良いですし、違う「DD」モンスターや「DDD」モンスターを採用してみるのも良いでしょう。

人によって構築が変わるテーマではありますが、「DD」デッキを組む際は是非今回のデッキレシピを参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする