「代行者」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!ストラクで新規カードが増えて大幅強化!

先日発売したストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-にて「代行者」や「ヒュペリオン」に新規カードが登場しました。

「代行者」モンスターをメインにした天使族デッキは「代行天使」とも呼ばれており、「天空の聖域」が存在することでその真価を発揮するというのが大きな特徴でもあります。

そこで今回はストラクR-ロスト・サンクチュアリ-の新規カードを採用した新たな「代行者」デッキレシピとその回し方などを紹介します。

「代行者」デッキレシピ2021の紹介!

モンスターカード

「マジェスティ・ヒュペリオン」×1

「マスター・ヒュペリオン」×1

「命の代行者 ネプチューン」×3

「神秘の代行者 アース」×3

「創造の代行者 ヴィーナス」×3

「神聖なる球体」×3

「宣告者の神巫」×3

「大天使クリスティア」×1

「トリアス・ヒエラルキア」×1

「朱光の宣告者」×2

「イーバ」×1

「ブーテン」×1

「オネスト」×1

「灰流うらら」×3

魔法カード

「天空の歌声」×2

「天空の聖水」×3

「天空の聖域」×2

「パーシアスの神域」×1

「墓穴の指名者」×2

罠カード

「失われた聖域」×2

「神罰」×1

エクストラデッキ

「旧神ヌトス」×1

「冥府の執行者 プルート」×1

「マスターフレア・ヒュペリオン」×2

「フルール・ド・バロネス」×1

「神騎セイントレア」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「リンク・スパイダー」×1

「代行者の近衛 ムーン」×2

「失楽の堕天使」×1

「天空神騎士ロードパーシアス」×2

「アクセスコード・トーカー」×1

「召命の神弓-アポロウーサ」×1

「代行者」デッキレシピ2021の回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては、「代行者」や「ヒュペリオン」を筆頭にした各種天使族モンスターを使ってデッキを回したり展開を行うことでビートダウンで勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピでは出来るだけ天使族モンスターを多く採用していますが、コンボに使う天使族モンスターの採用を最低限にして空いた枠に汎用カードを積むというのも有りでしょう。

天空の聖水

デッキの回し方ですが、まずはキーカードとなる展開要員や「天空の聖域」関連のカードを引き込んでいきます。

「代行者」モンスターをサーチできる「神秘の代行者 アース」「天空の聖域」の発動か「天空の聖域」のカード名が記されたモンスターをサーチできる「天空の聖水」等は特に有用で、デッキの安定力を上げてくれます。

天空神騎士ロードパーシアス

また「宣告者の神巫」「代行者の近衛 ムーン」は墓地肥やし効果でその後の展開に繋げていけますし、リンク3「天空神騎士ロードパーシアス」はサーチ先の範囲が広いため様々な動きを狙っていけます。

次にモンスターを展開していきます。

命の代行者 ネプチューン

「創造の代行者 ヴィーナス」はライフさえ払えば最大3体まで「神聖なる球体」をリクルートできるため展開要員として優秀ですし、「命の代行者 ネプチューン」は「代行者」モンスターを手札・墓地から特殊召喚出来るため状況に応じたモンスターを出していけます。

今度は展開したモンスターを使って各種召喚方法へ繋げていきます。

マスターフレア・ヒュペリオン

「マスターフレア・ヒュペリオン」は攻撃力も高く、カード名と効果をコピーする効果や相手のカード効果の発動をトリガーにした除外効果が強力です。

「創造の代行者 ヴィーナス」の効果で展開した「神聖なる球体」はエクシーズやリンク素材にも使えるので汎用モンスターへ繋いで有利な盤面を構築できます。

エクストラデッキだけでなく、除去効果を持つ「マスター・ヒュペリオン」や特殊召喚を封じる「大天使クリスティア」等もアタッカーや制圧盤面として活躍してくれるでしょう。

「代行者」デッキレシピ2021の展開例を紹介!

宣告者の神巫

具体的な展開例を1つ紹介します。

先攻1ターン目を前提とし、手札に「宣告者の神巫」+手札コスト1がある場合に出来るコンボです。

「宣告者の神巫」を通常召喚→

トリアス・ヒエラルキア

「宣告者の神巫」の召喚成功時の効果でデッキから「トリアス・ヒエラルキア」を墓地へ送ってレベル上昇→

墓地の「トリアス・ヒエラルキア」の効果で「宣告者の神巫」をリリースして自己蘇生→

ブーテン

リリースされた「宣告者の神巫」の効果でデッキから「ブーテン」をリクルート→

「ブーテン」「トリアス・ヒエラルキア」を素材に「マスターフレア・ヒュペリオン」をシンクロ召喚→

創造の代行者 ヴィーナス

「マスターフレア・ヒュペリオン」の効果でデッキの「創造の代行者 ヴィーナス」を墓地へ送りそのカード名と効果をコピー→

コピーした「創造の代行者 ヴィーナス」の効果で計1500ライフを払って「神聖なる球体」3体をリクルート→

「神聖なる球体」1体を素材に「リンク・スパイダー」をリンク召喚→

「神聖なる球体」2体を素材に「代行者の近衛 ムーン」をリンク召喚→

代行者の近衛 ムーン

「代行者の近衛 ムーン」のリンク召喚成功時の効果でデッキから「マジェスティ・ヒュペリオン」を墓地へ送る→

「マジェスティ・ヒュペリオン」の効果で墓地の「創造の代行者 ヴィーナス」を除外して自己蘇生→

「代行者の近衛 ムーン」「マジェスティ・ヒュペリオン」を素材に「天空神騎士ロードパーシアス」をリンク召喚→

失われた聖域

「天空神騎士ロードパーシアス」の効果で手札コスト1枚を捨ててデッキから「失われた聖域」をサーチしてセット→

「天空神騎士ロードパーシアス」「リンク・スパイダー」を素材に「召命の神弓-アポロウーサ」をリンク召喚出来ます。

召命の神弓-アポロウーサ

結果的に「マスターフレア・ヒュペリオン」+「召命の神弓-アポロウーサ」を並べて「失われた聖域」をセットできました。

用意した3枚はいずれも相手の行動を妨害出来る効果を持っているため制圧力に期待できます。

もしこれが後攻ターン以降であったなら、「天空神騎士ロードパーシアス」の効果でサーチするカードを別のカードにし、「天空神騎士ロードパーシアス」「リンク・スパイダー」を素材に「アクセスコード・トーカー」を出すという手も有りです。

「アクセスコード・トーカー」の効果で相手フィールドのカードを2枚除去し、攻撃力5300「アクセスコード・トーカー」と攻撃力3200「マスターフレア・ヒュペリオン」による攻撃でワンターンキルも視野に入ります。

「代行者」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介!ストラクで新規カードが増えて大幅強化!まとめ!

「代行者」デッキレシピ2021の回し方・展開例を紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

ストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-で強化された「代行者」デッキレシピを当サイトで紹介してきましたが、今回のデッキ構築以外にも様々な構築がありますので、今回の内容はあくまでもデッキタイプの1つと思っていただければと思います。

シンクロとリンクのギミックの入った、対応力の高いデッキであり、エクストラデッキも環境に合わせて、構築を変えていくことおすすめします。

今回、話題のストラクということもあり、既に売り切れの出ているショップも多く、デッキを構築するのは難しいかも知れませんが、是非今回、購入できた方は参考にしていただけると嬉しいです。

今回の関連記事はコチラ↓

2021年8月7日発売するストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-の収録内容が全て判明しました。 そこで今回は...
本日2021年8月7日はストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-の発売日です。 そこで今回はストラクR-ロスト...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -ロスト・サンクチュアリ- CG1753

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする