【カオスシンクロデッキレシピ2022の回し方・展開例】新規登場で「カオス・ゴッデス」強化!

20221015日に発売予定の基本パック フォトン・ハイパーノヴァにて「カオスシンクロ」関連に新規カードが多数登場します。

そこで今回は「カオスシンクロ」デッキレシピやその回し方などについて紹介しますので、興味があるという方は参考にしてみてください。

新規「カオスシンクロ」デッキレシピ2022の紹介!

モンスターカード

「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」×3

「混沌殻」×3

「混沌核」×3

「カオス・ミラージュ・ドラゴン」×3

「メンタル・チューナー」×3

「輝白竜 ワイバースター」×2

「暗黒竜 コラプサーペント」×2

「混源龍レヴィオニア」×1

「カオス・ソルジャー-開闢の使者-」×1

「天威龍-ヴィシュダ」×1

「灰流うらら」×3

「幽鬼うさぎ」×2

魔法カード

「混沌領域」×3

「混沌空間」×1

「緊急テレポート」×2

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×2

罠カード

「混沌変幻」×1

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

「カオス・ビースト-混沌の魔獣-」×2

「甲化鎧骨格」×1

「ドロドロゴン」×1

「イモータル・ドラゴン」×1

「カオス・デーモン-混沌の魔神-」×2

「カオス・ゴッデス-混沌の女神-」×1

PSYフレームロード・Ω×1

「天威の龍鬼神」×1

「混沌魔龍 カオス・ルーラー」×2

「琰魔竜 レッド・デーモン・アビス」×1

「サイコ・エンド・パニッシャー」×1

「琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ」×1

新規「カオスシンクロ」デッキの回し方・展開例を紹介!

デッキのコンセプトとしては、墓地や除外ゾーンの光・闇属性モンスターを利用することでモンスターを展開し、様々なシンクロモンスターに使って勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピでは「カオスシンクロ」関連の新規カードを出来るだけ多く採用した構築にしましたが、「カオス」関連カードや光・闇属性モンスターは数が多いためメインにしたい戦術などに応じて自分好みに組み換えていくのも良いでしょう。

デッキの回し方ですが、まずはモンスターの展開を行っていきます。

混沌殻
特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1600/守 0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から光属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
このターン、自分は光・闇属性のSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
除外されている自分の「混沌核」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

混沌核
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/雷族/攻 0/守1600
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から闇属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
このターン、自分は光・闇属性のSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
除外されている自分の「混沌殻」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(3):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

新規カードである「混沌殻」「混沌核」は手札・墓地から対応する属性のモンスターを除外すれば自己特殊召喚が可能であり、特殊召喚成功時に相方を帰還させられる効果も持っています。

シンプルに通常召喚したチューナーや非チューナーと並べられるのはもちろん、2体を組み合わせれば通常召喚権を使わずにモンスターを並べられます。

カオス・ウィッチ-混沌の魔女-
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、
発動するターン、自分は光・闇属性のSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):このカードをリリースして発動できる。
自分フィールドに「黒き獣トークン」(悪魔族・闇・星2・攻1000/守500)2体を特殊召喚する。
(2):このカードが手札・墓地から除外された場合に発動できる。
自分フィールドに「白き獣トークン」(天使族・チューナー・光・星2・攻500/守1000)2体を特殊召喚する。

同じく新規カードの「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」2種類のトークン生成効果を持っており、組み合わせたいカードに合わせて非チューナーのトークンとチューナーのトークンのどちらを生成すべきかを変えていけます。

カオス・ミラージュ・ドラゴン
チューナー・効果モンスター
星4/光属性/幻竜族/攻1600/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されている自分または相手の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は光・闇属性のSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
そのS召喚の素材としたこのカード以外のモンスターの数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 メンタル・チューナー
チューナー・効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻 200/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●光・闇属性モンスターをそれぞれ1体まで、自分の手札・墓地から除外して発動できる。
ターン終了時までこのカードのレベルを、除外した数だけ上げる、または下げる。
●除外されている自分の光・闇属性モンスターをそれぞれ1体まで対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻し、ターン終了時までこのカードのレベルを、戻した数だけ上げる、または下げる。

その他にも帰還効果によって素早く展開が可能な「カオス・ミラージュ・ドラゴン」、レベルを操作しつつも光・闇属性モンスターを除外ゾーンや墓地に移動できる「メンタル・チューナー」もシンクロ素材として有用です。

モンスターを展開できたらシンクロ召喚を行っていきます。

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2000/守1800
光属性チューナー+チューナー以外の闇属性モンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このターンにカードが除外されている場合、このカードの攻撃力は1000アップする。
(2):除外されている自分の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(3):このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、自分の手札・墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

新規カードである「カオス・ビースト-混沌の魔獣-」は除外されている光・闇属性モンスター1体を手札に戻せる効果で更にモンスターを展開したりアドバンテージを稼げるため、展開の中継点としても活用していけます。

カオス・デーモン-混沌の魔神-
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2500/守1800
光属性チューナー+チューナー以外の闇属性モンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このターンにカードが除外されている場合、このカードの攻撃力は2000アップする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、
このカードが戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
「カオス・デーモン-混沌の魔神-」以外の「カオス」Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

同じく新規カードの「カオス・デーモン-混沌の魔神-」は条件を満たせば攻撃力4500での全体攻撃が出来るため切り返しに使えますし、相手によってフィールドから離れた場合には「カオス・ゴッデス-混沌の女神-」の特殊召喚も狙えます。

その他にも展開したモンスター次第では様々なレベルのシンクロモンスターをシンクロ召喚できますが、新規カードの中にはそのターン中、光・闇属性のシンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できなくなる制約を持つものがある点には要注意です。

アドバンテージを稼げる効果を持つものや切り返しが得意なもの、更には制圧力があるものなど状況に応じて光・闇属性のシンクロモンスターを使い分けることでデュエルを有利に進めていけるでしょう。

新規「カオスシンクロ」デッキの展開例を紹介!

混沌領域

具体的な展開例を1つ紹介します。後攻ターン以降を前提とし、手札に「混沌領域」+「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」+「カオス・ミラージュ・ドラゴン」の計3枚がある場合に出来るコンボです。

輝白竜 ワイバースター

「混沌領域」を発動し手札の「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」をコストに「輝白竜 ワイバースター」をサーチ→

墓地の「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」を除外して「輝白竜 ワイバースター」を自己特殊召喚→

除外された「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」の効果で「白き獣トークン」2体を生成→

「輝白竜 ワイバースター」と「白き獣トークン」1体を素材に「カオス・ビースト-混沌の魔獣-」をシンクロ召喚→

墓地へ送られた「輝白竜 ワイバースター」の効果で「暗黒竜 コラプサーペント」をサーチ→

混沌魔龍 カオス・ルーラー

「カオス・ビースト-混沌の魔獣-」と「白き獣トークン」1体を素材に「混沌魔龍 カオス・ルーラー」をシンクロ召喚→

「混沌魔龍 カオス・ルーラー」のシンクロ召喚成功時の効果でデッキトップ5枚の中から光・闇属性モンスター1体を手札に加えて残りは墓地へ送る→

「カオス・ミラージュ・ドラゴン」を通常召喚→

「カオス・ミラージュ・ドラゴン」の効果で「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」を帰還→

「カオス・ミラージュ・ドラゴン」「カオス・ウィッチ-混沌の魔女-」を素材に「カオス・デーモン-混沌の魔神-」をシンクロ召喚→シンクロ素材にした「カオス・ミラージュ・ドラゴン」の効果で相手フィールドのカード1枚を対象にして除外→暗黒竜 コラプサーペント

墓地の「輝白竜 ワイバースター」を除外して「暗黒竜 コラプサーペント」を自己特殊召喚→

墓地の「混沌領域」の効果で自身を除外し「輝白竜 ワイバースター」をデッキボトムに戻して1枚ドロが出来ます。

結果的に「カオス・デーモン-混沌の魔神-」+「混沌魔龍 カオス・ルーラー」+「暗黒竜 コラプサーペント」を並べられました。

「カオス・ミラージュ・ドラゴン」で相手フィールドのカードを除去できたことに加えて「カオス・デーモン-混沌の魔神-」は自身の効果で攻撃力4500となり全体攻撃が出来るため、相手の盤面次第ではこのターン中にデュエルを決められるほどの大ダメージも狙えるでしょう。

また「混沌魔龍 カオス・ルーラー」の効果で手札に加えたもしくは墓地へ送ったカード次第では更なる展開も可能でしょう。

「混沌魔龍 カオス・ルーラー」で手札に加えた光・闇属性モンスター1体と「混沌領域」の効果でドローしたカードに加え、フィールドの「暗黒竜 コラプサーペント」が墓地へ送られればあちらの効果で「輝白竜 ワイバースター」のサーチが出来るため、事実上の手札消費はかなり少ないです。

まとめ

シンクロ召喚に特化した「カオス」関連に新規カードが増え、「カオス」関連が強化されました。

「カオス」シンクロモンスターと言えば、「カオス・ゴッデス-混沌の女神-」が人気でした。

しかし、シンクロ召喚の条件がやや厳しいことから、ファンカード寄りの印象でしたが、登場から12年の時を経て、使いやすいかつ、出しやすくなったことを喜んだファンも多いかと思います。

今回紹介した構築は新規カードの採用と、シンクロ召喚に特化した「カオス」デッキレシピの紹介でしたが、「カオス」関連のモンスターや相性の良いカードが非常に多いので、環境や自分の使いやすいカードを採用することをおすすめします。

「カオス」シンクロ関連に関しての別途関連記事はコチラ⬇︎

新規「カオス」シンクロ関連と相性の良いカード7選を紹介!「カオス・ゴッデス」関連強化キタ!


遊戯王OCG PHOTON HYPERNOVA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す