【武神デッキレシピ2021】の回し方・相性の良いカードを紹介!新規カが加わり強化!

 

 

先日発売した基本パック、ライトニング・オーバードライブには新規「武神」カードも収録されていました。

 

そこで今回は、新規カードを採用した「武神」デッキレシピやその回し方などについて紹介していきたいと思います。

新規【武神デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「武神-トリフネ」×3

「武神-マヒトツ」×3

「武神-ヤマト」×3

「武神-ヒルメ」×2

「武神-アラスダ」×2

「武神-ミカヅチ」×1

「武神-ヒルコ」×1

「武神器-ヘツカ」×2

「武神器-ハバキリ」×2

「武神器-サグサ」×2

「武神器-ムラクモ」×2

「武神器-オキツ」×1

「オネスト」×2

「灰流うらら」×3

「屋敷わらし」×2

 

魔法カード

「武神籬」×2

「武神降臨」×2

「炎舞-「天キ」」×3

「墓穴の指名者」×2

 

エクストラデッキ

「武神帝-カグツチ」×2

「武神帝-スサノヲ」×3

「武神帝-ツクヨミ」×2

「武神姫-アマテラス」×1

No.39 希望皇ホープ」×1

CNo.39 希望皇ホープレイ」×1

SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「武神姫-アハシマ」×1

「トロイメア・フェニックス」×1

「トロイメア・ケルベロス」×1

「武神デッキ2021】の回し方を紹介!


デッキのコンセプトですが、「武神」モンスターを活用してエクシーズ召喚を行いビートダウンを狙うというものです。

 

今回紹介したデッキレシピは、新規カードを積極的に利用するためにも純構築に近い形にさせていただきました。

 

武神-マヒトツ

 

デッキの回し方ですが、まずはモンスターの展開をしていきます。

 

これまでの「武神」テーマは特殊召喚効果を持つカードが少なかった故に展開力の低さが難点になっていましたが、今回の新規カード「武神-トリフネ」「武神-マヒトツ」はどちらも特殊召喚効果を持っているため展開に役立ちます。

 

武神-トリフネ

 

特に「武神-トリフネ」は自身をリリースすることで2種類の「武神」モンスターをリクルートできるため、即座にエクシーズ召喚などへ繋げていけたりとかなり優秀です。

 

炎舞-「天璣」

 

新規カードを含めた獣戦士族の「武神」モンスターは「炎舞-「天キ」」でサーチできるため、素早く引き込みたい所です。

 

獣族と鳥獣族の「武神」モンスターですが、獣族の「武神」モンスター主に墓地から自身を除外することで効果を発動でき、鳥獣族の「武神」モンスター手札から自身を捨てることで効果を発動出来るという特徴があります。

 

そのため墓地肥やし効果や手札コストとして獣族の「武神」モンスターを墓地へ送れば後々役に立てられます。

 

 

モンスターを展開した後はエクシーズ召喚などを行っていきます。

 

武神帝-スサノヲ

 

エースモンスターである「武神帝-スサノヲ」は全体攻撃効果だけでなくサーチまたは墓地肥やしが出来るため、鳥獣族の「武神」モンスターをサーチしたり獣族の「武神」モンスターを墓地へ送ったりと臨機応変な対応が可能です。

 

全体攻撃効果は「オネスト」等と併せることで大ダメージを狙っていけます。

 

武神姫-アハシマ

 

リンクモンスターの「武神姫-アハシマ」も有用で、手札にいる獣族「武神」モンスターを特殊召喚してエクシーズ素材にしたり、エクシーズモンスターの効果発動をトリガーに魔法・罠カード除去が出来ます。

 

「武神」関連にはその後の特殊召喚などを制限する制約はないため、「武神」モンスターだけでは対処が難しい場合などは汎用エクシーズモンスター等を活用すると良いでしょう。

 

今回採用を見送った「武神」デッキと相性の良いカードは?

「鉄獣戦線 徒花のフェリジット」

鉄獣戦線 徒花のフェリジット

 

獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体で出せるリンク2モンスターで、起動効果で手札からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを特殊召喚出来ます。

 

「武神」モンスターは獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれかであるためリンク召喚は問題なく可能ですし、メインデッキの「トライブリゲード」の効果で墓地の「武神」モンスターを除外してエクストラデッキから特殊召喚することも狙えます。

 

獣族・獣戦士族・鳥獣族を扱うという共通点から「トライブリゲード」カードとは基本的に相性が良いため、「トライブリゲード」カードを複数枚採用した混合構築にするのも有りでしょう。

 

「カイザーコロシアム」

カイザーコロシアム

 

相手が出せるモンスターの自分のモンスターの数以下に制限する永続魔法カードです。

 

獣族と鳥獣族の「武神」モンスターがフィールドにいなくても効果を発動出来る点を活かし、自分フィールドの「武神」モンスターを1体などの最低限にすることで相手の展開を抑制していけます。

 

似た使い方として「魔鍾洞」も有効に使っていけます。

 

これらを採用する場合はコンセプトがロック寄りになるため、改めて構築を見直すのが良いかと思います。

 

「幻獣の角」

幻獣の角

 

攻撃力800アップの装備カードとして獣族・獣戦士族モンスターに装備でき、装備モンスターが相手モンスターを戦闘で破壊した時にドローすることが出来ます。

 

戦闘がメインとなる「武神」テーマデッキとは相性が良く、強化だけでなくドロー効果によってハンドアドバンテージも稼げます。

 

罠カード故に発動が遅れますが、フリーチェーンで発動出来るため相手の攻撃に合わせて発動して返り討ちにするといった運用も可能です。

 

【武神デッキレシピ2021】の回し方・相性の良いカードを紹介!新規カが加わり強化!まとめ!

 

新規カードが加わり、強化された「武神」デッキレシピの紹介を行ってきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

「武神」テーマの特徴は「武神」モンスターを展開して「武神」エクシーズモンスターでビートダウンしていくのが大まかな流れです。

 

その為、基本の動きを理解してしまえば、比較的初心者でも使いやすいテーマなのでは無いかと考えます。

 

ランク4エクシーズモンスターは汎用モンスターも多いので、対応力と火力があるのも魅力的なテーマなので、復帰組にもおすすめしたいテーマです。

 

強化を機に「武神」テーマを組もうか迷っている方は是非参考にしてみてください!!

 


アジア版 遊戯王 LIGHTNING OVERDRIVE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) 1BOX 30パック入り

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください