新規「武神」デッキレシピ2019と回し方を紹介!「武神」にリンクモンスターが加わり強化か?




20191123日に発売予定のリンクヴレインズパック3「武神」テーマに新規リンクモンスターが加わるという情報が公開されました。

そこで今回は新規リンクモンスター「武神姫-アハシマ」を採用した新たな「武神」デッキレシピを紹介していきます。

リンクで強化!新規「武神」デッキレシピの紹介!!

モンスターカード

「武神-ヤマト」×3

「武神-ヒルメ」×2

「武神-ミカヅチ」×1

「武神-アラスダ」×1

「武神-ヒルコ」×1

「武神器-ハバキリ」×3

「武神器-ヤタ」×1

「武神器-ヤサカニ」×1

「武神器-ムラクモ」×2

「武神器-ハチ」×1

「武神器-ツムガリ」×2

「武神器-サグサ」×2

「オネスト」×3

「エフェクト・ヴェーラー」×2

魔法カード

「武神降臨」×2

「炎舞-「天キ」」×3

「炎舞-「天枢」」×1

「フォトン・サンクチュアリ」×2

「死者蘇生」×1

「おろかな埋葬」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

「サンダー・ボルト」×1

罠カード

「剣現する武神」×1

「武神隠」×1

「無限泡影」×1

エクストラデッキ

「武神姫-アハシマ」×2

「武神帝-スサノヲ」×3

「武神帝-カグツチ」×2

「武神帝-ツクヨミ」×2

「武神姫-アマテラス」×2

「魁炎星王-ソウコ」×1

「鳥獣士カステル」×1

「恐牙狼 ダイヤウルフ」×1

「小法師ヒダルマー」×1

スポンサーリンク

新規「武神」デッキの回し方を紹介!!

武神-ヤマト

「武神」テーマの特徴を簡単におさらいすると、メインデッキのモンスターは獣戦士族の「武神」とその獣戦士族の「武神」モンスターをサポートする効果を持つ「武神器」2種類に大別できます。

武神器-サグサ

また「武神器」モンスター鳥獣族獣族2種類が存在し、効果も自身を手札から墓地へ送って発動できるものや自身を墓地から除外して発動するもの、自身がフィールドに存在する限り適用されているものなど様々です。

以上のことから「武神」デッキでは獣戦士族の「武神」モンスターを優先的にフィールドに出し、それを「武神器」モンスターでサポートしていくことによって有利な状況を作っていくという運用が基本になります。

武神-ヤマト

デッキの回し方ですが、自分エンドフェイズに手札交換効果を使える「武神-ヤマト」はデッキを回す上でも重要なカードになっています。

基本的には手札で効果を発動できる「武神器」モンスターをサーチし、墓地で効果を発動できる「武神器」モンスターを墓地に落とすといった運用をすることになります。

炎舞-「天璣」

「炎舞-「天キ」」は非常に使いやすいサーチカードとして獣戦士族の「武神」モンスターをサーチできます。

「武神-ヤマト」をサーチしてエンドフェイズには「武神器」を手札と墓地に揃えたり、「武神-ヒルメ」をサーチしてその効果により自己特殊召喚をしてエクシーズ召喚などに繋げていくことも出来ます。

武神器-ムラクモ

自己特殊召喚効果を持っているモンスターが少なめなので展開力という点では昨今のテーマデッキよりも劣りますが、「武神器-ハバキリ」「武神器-ムラクモ」といったサポートカードを駆使することで戦闘での勝利や除去を行い有利な盤面の構築を狙っていけます。

新規カードの「武神姫-アハシマ」ですが、獣戦士族の「武神」モンスターとして各種サポートカードの恩恵を受けられるのはもちろんのこと、その効果によってエクシーズ召喚も狙えます。その際手札から特殊召喚してエクシーズ素材にするのは墓地で効果を発動する「武神器」モンスターにすればその後も役に立ちます。

フォトン・サンクチュアリ

リンク召喚するには「フォトン・サンクチュアリ」が相性が良く、今回の「武神」デッキでは光属性モンスターしか採用していないため制約も気にせず発動できます。

光属性を主軸としたビートダウンデッキなため「オネスト」の活躍も期待できますし、手札誘発効果の「武神器」モンスターも扱うため手札を確保しているだけでも相手にプレッシャーを与えることが出来ます。

「武神」デッキ大量展開やワンターンキルを狙えるほど動きが速くはありませんが、その代わりに継戦能力に長けているため相手に押し切られないように戦うことによって着実に勝利を目指すことが出来るでしょう。

「武神」リンクモンスターの登場で「武神」デッキは強化された?

「武神姫-アハシマ」の登場により、墓地にレベル4モンスターが存在し手札に「フォトン・サンクチュアリ」+レベル4モンスターがあるだけでエクシーズ召喚を狙いに行けるため手札交換効果によって使い勝手のいいエースである「武神帝-スサノヲ」を出しやすくなったため強化されたと言えるでしょう。

とはいえ「フォトン・サンクチュアリ」等のサポートカードを使わずシンプルに「武神」モンスター2体を並べた際には「武神姫-アハシマ」を優先的に出す意義は薄いと言わざるを得ないため、どんな状況でもまずは「武神姫-アハシマ」のリンク召喚をすればいいと言うわけでもないです。

「武神姫-アハシマ」を採用したとはいえ、昨今の高速化した環境に「武神」デッキがどこまで通用するかは実際に採用して使ってみたり、その結果を踏まえた強化方法を試行錯誤していかないと判断するのは難しいです。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK 3 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする