最近の遊戯王のアニメは面白い?それともつまらない?独断と偏見で感想と評価をしていきます!




遊戯王はずいぶん昔からアニメが地上波で放送しており、新たな召喚方法が登場したりするときには世代交代のような形でタイトルの一部が変わっています。

遊戯王のアニメと一括りにすれば20年間放送している長寿アニメでもあります。

今回はそんな遊戯王のアニメについて考察や個人的な感想を書いていきたいと思います。

最近の遊戯王のアニメが昔に比べてつまらないと言われているのは何故?

最近とは言いますが、そういった否定的な意見が大きく出るようになったのは遊戯王ZEXALあたりからです。

そして遊戯王ARCVでその声はさらに大きくなり、遊戯王VRAINSには以前ほどではなくなっています。

つまらないと言われてしまっている理由を挙げると、脚本や設定、アニメ独自ルールなど様々な要素があるかと思います。

しかしそんな中でも、設定やアニメ独自ルールにおいては遊戯王5D’sも同様の問題点を抱えていましたがプラスに評価されているという点を鑑みるに、一番の違いは脚本の優劣なのでないでしょうか。

物語である以上、キャラや設定などを活かすも殺すも脚本次第だという意見もあります。

しかしながらただ脚本が悪かったという理由だけでは済まず、アニメ独自ルールを視聴者が納得できるか否か、アニメ中のデュエル内容がどういったものなのかも面白さの評価のポイントなのだと思います。

要点をまとめると、脚本の優劣が一番の理由として挙げられるが、何もそれだけが理由というわけでも無い。

ということになります。

最近の遊戯王のアニメは面白い?つまらない?冷静に評価と感想を書いてみた!

ここでは最近の遊戯王に対して私の個人的な感想と評価を書いていきたいと思います。

極力客観的な視線も交えながらにするつもりですが、不快に感じる方がいたら申し訳ありません。

今の所私は遊戯王のアニメを全話視聴しております。

その前提の上で最近のことについて触れていきます。

まず世間一般でつまらないという意見が増え始めた遊戯王ZEXALについてですが、確かに最初の頃にルール説明が長くデュエルも話も進まなかったり、シャイニングドローというドローカードを創造するというのはいかがなものかと思いもしました。

キャラ同士の掛け合いが長くキャラの掘り下げが出来ているとも言えましたが、肝心のデュエル内容は途中で回想シーンが入ったりでデュエルが終わってみれば数ターンで決着がついていたというようなことが多かったように思います。

とはいえ否定的な意見ばかりでもなく、個性的なキャラがいた点は面白いと思いました。

中でも一部では顔芸キャラとも呼ばれている真月ことベクターは見ていて飽きず、主人公の九十九遊馬ばりに活躍もしていました。

彼は真ゲスとの愛称を付けられるほどでした。

その他にもモンスターやキャラクターを含めても全体的に作画が安定していたことも良かったです。

次に一番叩かれている遊戯王ARCVですが、これに関してはなかなか厳しい作品だったとというのが正直な感想です。

主人公のキャラ性やストーリー展開、アニメ独自ルールのアクションマジックにご都合感が強い等々、挙げ出したらキリがないと言うほど欠点がありましたが具体的なことは控えさせてもらいます。

あくまで個人的な感想ということを強調しますと、単純につまらなかったです。

良かった点については、度々既存テーマが専用強化込みで出たことは良かったと思います。

とはいえ過去作品の登場キャラも出たこと等も考えると一概に喜ぶべき点ではありませんでしたが。

あくまでもメインは過去作品のキャラクターではなく、現作品のキャラクターがメインなので最終回から2話前でのジャックとのデュエルはどうなのか?と個人的には感じてしまいました。

次に現在放送中の遊戯王VRAINSについてです。

一部では前述した二つも合わせて三大駄作なんて呼ばれていますが、私個人としてはそこまで悪いものではないと思います。

確かに少々無理のあるストーリー展開も散見されますが、キャラ性やデュエル自体は面白いものだと思います。

アニメ独自ルールのスピードデュエルとスキルですが、スピードデュエル自体がリンクモンスターの特性と噛み合っていない点は失敗したところなのかとは思うものの、スキルについては一部の強引な物を除けばそれなりにバランスの取れた設定なのだとは思います。

スキルという物自体はスマホアプリのデュエルリンクスにもありますし、お互いに独自の物を持っているなら一種の公平さはあるような気もします。

まだ完結していないのでこれからの展開にも期待したいです。

以上のことを総合して評価しますと、最近の遊戯王のアニメはつまらないという評価はやや言いすぎだと思います。

確かにZEXALからARCVへ人気も面白さも落ちたように感じましたが、VRAINS多少盛り返していますしこれから先まだ面白くなる可能性も十分あります。

ですので現時点で遊戯王のアニメがつまらなくなったと断言するのは早計と言えます。

VRAINSの今後に期待してもいますが、仮に次回作があっても新たな召喚方法やそれに基づいたルール変更をする必要性があるかどうかは微妙ですし、性能のぶっ壊れやユーザーの遊戯王離れに繋がりかねないことも考えると難しい問題だと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする