【BF(ブラックフェザー)デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!2021年環境版!

BF(ブラックフェザー)」は遊戯王5D’sと遊戯王ARC-Ⅴにて登場したクロウ・ホーガンが使用していたテーマです。

今回はそんな「BF」デッキレシピとその回し方等について紹介していきたいと思います。

【BF(ブラックフェザー)デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

BF-突風のオロシ」×1

BF-極北のブリザード」×2

BF-砂塵のハルマッタン」×2

BF-疾風のゲイル」×3

BF-上弦のピナーカ」×1

BF-そよ風のブリーズ」×1

BF-白夜のグラディウス」×1

BF-黒槍のブラスト」×3

BF-残夜のクリス」×2

BF-精鋭のゼピュロス」×1

BF-南風のアウステル」×2

BF-毒風のシムーン」×3

「灰流うらら」×3

「増殖するG×2

魔法カード

「黒い旋風」×3

「闇の誘惑」×2

「おろかな埋葬」×1

「墓穴の指名者」×2

「死者蘇生」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「ブラック・ソニック」×1

「ブラック・バード・クローズ」×2

エクストラデッキ

ABF-五月雨のソハヤ」×1

BF-星影のノートゥング」×1

ABF-驟雨のライキリ」×1

ABF-涙雨のチドリ」×1

BF-アーマード・ウィング」×1

BFT-漆黒のホーク・ジョー」×1

「サイバース・クアンタム・ドラゴン」×1

「ブラックフェザー・ドラゴン」×1

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」×1

BF-フルアーマード・ウィング」×1

ABF-神立のオニマル」×1

RR-ワイズ・ストリクス」×1

「水晶機巧-ハリファイバー」×1

「トロイメア・ユニコーン」×1

「デコード・トーカー」×1

【BF(ブラックフェザー)デッキレシピ2021】の回し方を紹介!


デッキのコンセプトとしては「BF」モンスターの高い展開力を活かし、展開した「BF」モンスターを使ってシンクロ等の召喚方法に繋げて除去やビートダウンを行い勝利を目指すというものです。

今回紹介したデッキレシピでは、「BF」テーマカードやそのサポートカードを活用しやすいように純構築に近い形にしましたが、属性や種族から「RR」や「幻影騎士団」等のテーマと相性が良いので混合構築にするのも有りです。

デッキの回し方ですが、まずは展開に役立つ「BF」モンスターを手札に引き込んでいきます。

黒い旋風

BF」モンスターは自己特殊召喚効果を持つものが多い反面サーチ効果を持つものはほとんどいないため、ここで重要になるキーカードが「黒い旋風」です。

「黒い旋風」はカード名ターン1指定無しで「BF」モンスターの召喚をトリガーにしてサーチ効果を使える永続魔法カードです。

カード名ターン1指定が無いという点が特に重要で、「黒い旋風」発動下で1ターンに複数回の召喚に成功すればその度にサーチ効果を使えますし、複数枚の「黒い旋風」発動下であれば1度の召喚に対して発動されている「黒い旋風」の数までサーチが出来ます。

BF-毒風のシムーン

「黒い旋風」フル投入はもちろんのこと、「黒い旋風」をデッキから魔法&罠ゾーンに置く効果を持つBF-毒風のシムーン」を使うことでより素早く「黒い旋風」を発動していけます。

次に「BF」モンスターを展開していきます。

BF-黒槍のブラスト

BF」モンスターは『自身と同名カード以外の「BF」モンスターが存在する場合にこのカードは手札から特殊召喚できる』という自己特殊召喚効果を持っているものが多く、中でもBF-疾風のゲイル」BF-黒槍のブラスト」は自己特殊召喚効果にターン1制限が無いため条件さえ満たせば1ターンに複数回の特殊召喚が可能なため優秀です。

容易に自己特殊召喚出来る点を利用してモンスターを展開し、シンクロ素材やリンク素材に使っていけます。

BF」シンクロモンスターは多種多様に存在し、レベルや効果によって出せる状況や用途がかなり変わってきます。

BF-星影のノートゥング

例えばBF-星影のノートゥング」は効果により「BF」モンスターを召喚することで展開できるだけでなく「黒い旋風」発動下であれば更なるサーチを狙えますし、BF-フルアーマード・ウィング」は強固な耐性と高い攻守を持っているためアタッカーとして活躍できますし、BFT-漆黒のホーク・ジョー」は蘇生制限を満たした「BF」シンクロモンスターの完全蘇生を狙えたり出来ます。

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

その他「BF」が苦手とする耐性持ちモンスターへの対抗手段になる「サイバース・クアンタム・ドラゴン」、制圧力として貢献できる「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」「ヴァレルロード・S・ドラゴン」など、様々なシンクロモンスターのシンクロ召喚が可能なため状況に応じたモンスターを出していくと良いでしょう。

【BF(ブラックフェザー)デッキレシピ2021】の展開例を紹介!

BF-毒風のシムーン

具体的な展開例を1つ紹介します。

手札にBF-毒風のシムーン」レベル4以下の「BF」モンスター1(ここでは「BF-黒槍のブラスト」と仮定します)2枚があれば出来るコンボです。

BF-黒槍のブラスト

BF-毒風のシムーン」の効果を使い手札のBF-黒槍のブラスト」を除外してデッキから「黒い旋風」を置いて自身をリリースなしで召喚→

BF-南風のアウステル

「黒い旋風」の効果でデッキからBF-南風のアウステル」をサーチ→

BF-南風のアウステル」を通常召喚してその効果によりBF-黒槍のブラスト」を帰還させ、「黒い旋風」の効果でBF-そよ風のブリーズ」をサーチ→

BF-そよ風のブリーズ

BF-そよ風のブリーズ」の効果によって自己特殊召喚→

BF-フルアーマード・ウィング

BF-毒風のシムーン」BF-南風のアウステル」を素材にBF-フルアーマード・ウィング」をシンクロ召喚→

RR-ワイズ・ストリクス

BF-フルアーマード・ウィング」と「BF-黒槍のブラスト」を素材にRR-ワイズ・ストリクス」をリンク召喚し、その効果によりBF-精鋭のゼピュロス」をリクルート→

BF T-漆黒のホーク・ジョー

BF-精鋭のゼピュロス」BF-そよ風のブリーズ」を素材にBFT-漆黒のホーク・ジョー」をシンクロ召喚→

BFT-漆黒のホーク・ジョー」の効果でBF-フルアーマード・ウィング」を蘇生→

墓地のBF-精鋭のゼピュロス」の効果で「黒い旋風」を手札に戻して自己蘇生し自分に400ダメージ→

デコード・トーカー

RR-ワイズ・ストリクス」BF-精鋭のゼピュロス」を素材に「デコード・トーカー」をリンク召喚出来ます。

結果的に「デコード・トーカー」「BFT-漆黒のホーク・ジョー」「BF-フルアーマード・ウィング」3体を並べられました。

予め「デコード・トーカー」のリンク先になるようにBFT-漆黒のホーク・ジョー」「BF-フルアーマード・ウィング」2体を出しておけば、「デコード・トーカー」攻撃力は3300となり打点としても活躍します。

トロイメア・ユニコーン

「デコード・トーカー」ではなく「トロイメア・ユニコーン」を出せばその効果により手札コストを要する代わりに除去も可能です。

後攻以降であれば墓地のBF-南風のアウステル」の効果を使って相手モンスターに楔カウンターを置くことで、BF-フルアーマード・ウィング」の効果でコントロールを奪い総攻撃を仕掛けられます。

BF-毒風のシムーン」の効果で置いた「黒い旋風」BF-精鋭のゼピュロス」でバウンスしたことにより、1000ダメージを受けるところ400ダメージに抑えられました。

BF」はその高い展開力もあって多種多様なコンボが可能なのが特長でもあるので、今回紹介した展開例以外にも強力なコンボは多数あります。

実際に使うことで初めて思いつくコンボもあると思うので、試行錯誤してみるのも面白いでしょう。

【BF(ブラックフェザー)デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!2021年環境版!まとめ!

BF」の最大の特徴は展開力であり、リンク召喚が登場してからは展開力に加え、対応力が大幅に上がったテーマということで、今回紹介させていただきました。

環境テーマではないものの、展開力の高さやシンクロモンスターを環境で変えることで対応力をあげることのできるテーマで、今後も強化される可能性の高いテーマです。

今回の構築は純構築の紹介でしたが、他テーマの混合なども強力なので、是非色々試していただければと思います!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする