「勇者トークン」の対策や弱点は?コンボの止めどころを紹介!【遊戯王マスターデュエル】

 

 

先日マスターデュエルにて新たに登場した「勇者トークン」テーマですが、キーカードが初めから規制された状態で実装したことからも注目を集めています。

 

 

また「勇者トークン」は出張性能があることでも注目されており、様々なテーマデッキや展開ギミックとの組み合わせが利用されています。

 

 

そこで今回は「勇者トークン」の弱点や対策について紹介していきますので、

 

「勇者トークン」のコンボにどう対処したらいいか分からない

 

という人はぜひ参考にしてみてください。

 

「勇者トークン」コンボの弱点や対策を紹介!

 

トークン対策

トークンコレクター

 

 

「勇者トークン」のコンボで最終的に出したいのは制圧力がある「流離のグリフォンライダー」なのですが、「流離のグリフォンライダー」は「勇者トークン」が存在しなければ自己特殊召喚がし辛くなる上に肝心の制圧効果を発動することが出来ません。

 

 

このことから、

 

「勇者トークン」+「流離のグリフォンライダー」

 

という盤面が作られるより前に「勇者トークン」を除去することが出来れば、「勇者トークン」の展開コンボを不完全に終わらせることが出来ます。

 

 

トークンメタカードとして最も代表的かつ強力なのが「トークンコレクター」であり、これを使えば「勇者トークン」の生成をトリガーに手札・墓地から自己特殊召喚しつつ「勇者トークン」を除去できます。

 

ついでにお互いのトークン生成を封じられるため、相手が「勇者トークン」以外のトークンを扱うデッキだった場合はより強力に刺さるでしょう。

 

 

ただし、「トークンコレクター」はメタカードとしてはかなり特化した性能をしているため、シングル戦しか出来ないマスターデュエルでメインデッキに採用すべきかどうかは、「勇者トークン」出張セットの使用率によるでしょう。

 

 

また「勇者トークン」と同じセレクションパックに収録されている「超自然警戒区域」であれば、予め発動しておくことで生成された「勇者トークン」を即座に除去することが可能です。

 

 

コンボを止められこそしませんが、「勇者トークン」のコンボは「アラメシアの儀」の制約の都合もあってコンボ以外でも特殊召喚を複数回行うことになるため、「増殖するGを早い段階で使っておけばこちらの大量ドローを警戒させることで展開の抑制が期待できます。

 

魔法カード対策

魔封じの芳香

 

 

「勇者トークン」のコンボでは、「勇者トークン」を生成する「アラメシアの儀」「流離のグリフォンライダー」等をサーチできる「運命の旅路」といった魔法カードの利用が必要不可欠です。

 

 

「アラメシアの儀」の発動を防ぐ・効果を無効にできるものとしては「王宮の勅命」「魔法族の里」があり、「魔封じの芳香」では発動を1ターン遅らせることが出来ます。

 

「神の宣告」「魔宮の賄賂」等の汎用性のあるカウンター罠カードも有効でしょう。

 

 

「アラメシアの儀」はその効果の特性上「灰流うらら」で対処できないこともあり、先攻1ターン目に使用された場合防ぐことが難しいカードでもあります。もちろん手立てが全く無いということはなく、PSYフレームギア・δ等の対処法も有るには有ります。

 

 

以上のことを踏まえると、対策法としては「アラメシアの儀」よりも「運命の旅路」を標的にした方が簡単ではあります。

 

 

「運命の旅路」12の効果はどちらもサーチ効果であるため「灰流うらら」で対処が可能ですし、永続魔法カードである故に「幽鬼うさぎ」で除去すれば効果を不発に終わらせることも狙えます。

 

 

他にも「サイクロン」「ツインツイスター」といった汎用的な魔法・罠カード除去カードでも「運命の旅路」の効果を不発に出来ます。

 

 

「勇者トークン」のコンボを別テーマデッキに出張採用している場合「流離のグリフォンライダー」はデッキに1枚しか入れないことがほとんどですので、「運命の旅路」でのサーチさえ防げれば制圧盤面を作らせずに済む可能性も十分あるでしょう。

 

特殊召喚封じ

エルシャドール・ミドラーシュ

 

「勇者トークン」の生成や「流離のグリフォンライダー」の自己特殊召喚など、「勇者トークン」のコンボはそもそも特殊召喚ができなければ始まりません。

 

「虚無空間」や「結界像」モンスター(「勇者トークン」が地属性なため地属性以外の「結界像」モンスターが望ましい)があれば、「勇者トークン」のコンボは始めることすらできません。

 

「アラメシアの儀」「虚無空間」をチェーン発動したなら、相手はコンボが失敗に終わるだけでなく通常召喚したモンスターの効果も使えなくなるため致命的な妨害となるでしょう。

 

またモンスターを展開する都合上、特殊召喚回数を制限する「エルシャドール・ミドラーシュ」でも十分止められます。

 

展開封じ

群雄割拠

 

上記でも挙げたように「勇者トークン」のコンボでは「勇者トークン」+「流離のグリフォンライダー」という盤面を作るのが主な目的となります。

 

「勇者トークン」と「流離のグリフォンライダー」は属性も種族も違うため、「群雄割拠」または「御前試合」があれば2体を並べられなく出来ます。

 

 

「勇者トークン」の止めどころはどこ?

運命の旅路

 

 

止めどころについてですが、上記で挙げたように「運命の旅路」を妨害するというのが比較的難易度が低いかと思います。

 

もちろん「勇者トークン」の除去や「アラメシアの儀」の発動を妨害できればそれに越したことはないのですが、「運命の旅路」を妨害できる「灰流うらら」「幽鬼うさぎ」は汎用性が高いことから腐り辛いというのも利点です。

 

「アラメシアの儀」をサーチできる「聖殿の水遣い」の効果を「灰流うらら」やPSYフレームギア・γ等で無効にすれば「勇者トークン」コンボを前もって防ぐことも可能ではあるのですが、「アラメシアの儀」「聖殿の水遣い」の両方が手札にある相手が妨害効果への囮として「聖殿の水遣い」の効果を使ってくるということもあり得るので、その点は判断が難しいです。

 

「勇者トークン」コンボへの対策を取る上で忘れてはならないのが、「勇者トークン」コンボを別テーマデッキに出張採用する場合、そのテーマデッキの動きに+α1妨害(「流離のグリフォンライダー」)を用意できるというのが最大の魅力であるということです。

 

つまり「勇者トークン」コンボを止められさえすればそれで終わりということはあまり無く、むしろその後に本命となる展開コンボをしてくることが予想されます。

 

かといって「勇者トークン」コンボを通そうものなら、その後の本命となる展開コンボを止めようとしても「流離のグリフォンライダー」に邪魔されることになるので、結局「勇者トークン」コンボに妨害カードを使わざるを得ないという状況も少なくないです。

 

まとめ!

 

「勇者トークン」の対策・弱点・止めどころ

 

について紹介してきましたが、「勇者トークン」の主な流れは「アラメシアの儀」「流離のグリフォンライダー」等をサーチできる「運命の旅路」がコンボに起点になるので、そこをいかに止めるかが鍵になってきます。

 

「勇者トークン」のコンボは、サーチや魔法カードに頼っている分、比較的止めやすいのが、「勇者トークン」のコンボの弱点です。

 

採用率の高い「灰流うらら」や、モンスターを多く展開するのが目的ではないデッキであれば、「群雄割拠」または「御前試合」を採用しておくことで、「勇者トークン」のコンボの流れが止めやすくなりますので、デッキのスロットに余裕があるのであれば、入れておくのがおすすめです。

 

逆にこれから「勇者トークン」の出張セットの採用を考えている人は、今回紹介した弱点を意識して、デッキに入れておくといいでしょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください