新規入りU.A(ウルトラアスリート)デッキレシピ2020の回し方を紹介!安くて強力なテーマデッキ!

202088日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジにて「U.A.」に新規カードが加わることが判明しました。

そこで今回は新規カードを採用した新しい「U.A.」デッキレシピやその回し方について当サイトから紹介させていただきます。

紹介するのはファンデッキ構築の純「U.A.」デッキですのであらかじめご承知おきください。

新規カードが加わり強化された「U.A.」デッキレシピ2020の紹介!

モンスターカード

U.A.リベロスパイカー」×3

U.A.ファンタジスタ」×3

U.A.カストディアン」×1

U.A.コリバルリバウンダー」×1

U.A.パーフェクトエース」×1

U.A.マイティスラッガー」×1

U.A.フィールドゼネラル」×1

U.A.ストロングブロッカー」×1

U.A.ドレットノートダンカー」×1

U.A.プレイングマネージャー」×2

魔法カード

U.A.フラッグシップ・ディール」×3

U.A.ターンオーバー・タクティクス」×1

U.A.スタジアム」×3

U.A.ハイパースタジアム」×3

U.A.パワードギプス」×1

「テラ・フォーミング」×1

「盆回し」×1

「一点着地」×3

「増援」×1

「最強の盾」×1

「おろかな副葬」×1

罠カード

U.A.ペナルティ」×3

U.A.マン・オブ・ザ・マッチ」×2

「アームズ・コール」×1

エクストラデッキ

汎用リンクモンスター適宜

汎用ランク4エクシーズモンスター適宜

スポンサーリンク

新規カードが加わった「U.A.」デッキレシピの回し方を紹介!


このデッキのコンセプトは「U.A.」テーマの特徴でもある、手札の「U.A.」モンスターとフィールドの「U.A.」モンスターを交代させていくことで攻防を切り替えつつビートダウンを狙っていくことです。

U.A.プレイングマネージャー
効果モンスター
星8/地属性/戦士族/攻2000/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が「U.A.」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●「U.A.」モンスター以外のフィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

U.A.プレイングマネージャー」以外の「U.A.」モンスターは共通で自身と同名以外の「U.A.」モンスターを手札に戻すことで手札から自身を特殊召喚できルール効果を持っています。

自分のターンでは攻撃に特化した効果やステータスを持つ「U.A.」モンスターを出して攻め、メインフェイズ2では防御に特化した効果やステータスを持つ「U.A.」モンスターを出して相手ターンを凌ぐというのが主な動き方になります。

デッキの回し方ですが、「U.A.」モンスターの特徴を利用していくためにもまずは「U.A.」モンスターを自分フィールドに出す必要があります。

U.A.リベロスパイカー
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守1800
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは「U.A.リベロスパイカー」以外の自分フィールドの「U.A.」モンスター1体を手札に戻し、
手札から特殊召喚できる。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
手札のレベル5以上の「U.A.」モンスター1体をデッキに戻し、
そのモンスターとはカード名が異なる「U.A.」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
その後、フィールドのこのカードを持ち主の手札に戻す。

そのために重宝するのが下級「U.A.」モンスターであり、これまではU.A.ファンタジスタ」のみだったところに新規カードとしてU.A.リベロスパイカー」が加わりました。

下級「U.A.」モンスターをフル投入して素引きしやすくするのももちろんですが、サーチカードも駆使することでよりデッキの安定力に繋がります。

U.A.ハイパースタジアム
フィールド魔法
このカード名はルール上「F.A.」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「U.A.」モンスターまたは「F.A.」モンスター1体を手札に加えるか、
自分の墓地から「U.A.スタジアム」1枚を選んで手札に加える事ができる。
(2):手札のフィールド魔法カード1枚を相手に見せ、1000LPを払って発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
「U.A.」モンスターまたは「F.A.」モンスター1体を召喚できる。

「増援」は下級「U.A.」モンスターのサーチ手段として使えますし、新規カードのフィールド魔法U.A.ハイパースタジアム」は発動時の効果処理として「U.A.」モンスターをサーチできるため手札に合わせた「U.A.」モンスターを引き込めます。

U.A.スタジアム

またU.A.スタジアム」は「U.A.」モンスターの召喚成功時に「U.A.」モンスターをサーチできるため、下級「U.A.」モンスターの召喚をトリガーにしてハンドアドバンテージの獲得を図れます。ライフに余裕が必要ではありますがU.A.フラッグシップ・ディール」でリクルートするのも展開手段として使えます。

新規カードのU.A.プレイングマネージャー」は比較的容易に自己特殊召喚ができ、特殊召喚成功時に除去あるいは効果の無効化が出来るため自分のターンでも相手のターンでも活かすことが出来る点は優秀です。

一点着地

U.A.」では手札からモンスター1体を特殊召喚することが多いため、「一点着地」は継続的なドローソースとして活用することが出来ます。

手札が増えればそれだけ状況に合わせた「U.A.」モンスターに交代させられるようになるためデュエルを有利に進められます

U.A.パワードギプス

戦闘面においてもレベルの高い「U.A.」モンスターは元々攻守が高いですし、攻守アップ&モンスターとの戦闘ダメージ倍化が出来るU.A.パワードギプス」を併せればワンターンキル級の大ダメージを狙うことも出来ます。

最強の盾

攻守が高い戦士族であるという点を活かして攻撃表示と守備表示のどちらでも恩恵を受けられる「最強の盾」は相性が良く、妨害効果を持つU.A.パーフェクトエース」に装備すれば交代させずとも強力です。

U.A.」テーマはモンスターを交代させていく特性上、1ターン中に複数体のモンスターを並べることは苦手としていました。しかし今回の新規カードによってサーチや特殊召喚といったデッキを回しやすくするための手段が大幅に増え、安定力と展開力が確実に向上しました。

大会環境で使いたいという人であれば、採用する「U.A.」モンスターを出来るだけ厳選することでその枠に手札誘発カードを入れると良いでしょう。

「U.A」デッキを改造するなら?

名推理

「U.A」デッキを改造するなら先ほど紹介した手札誘発や汎用カードをいれる形もありですが、新規カードが増えたとはいえ、やはり「U.A」は上級モンスターが多いです。

サイドラ条件で特殊召喚出来る「H.C 強襲のハルベルト」をいれることでアドバンス召喚の素材を確保したり、レベルがばらけているのを利用して「名推理」を何枚か入れておくことでデッキの安定性をあげることが出来ます。

また今回は対応力をあげるためになるべく多くの「U.A」モンスターを入れましたが、環境に合わせて採用する「U.A」モンスターの枚数を増やしても良いので、自身の好みに合わせると良いでしょう。

スポンサーリンク

「U.A」デッキレシピと回し方についてのまとめ!

「U.A」に新規カードが加わり、安定感が増し強化されました。

攻撃選手と守備選手を入れ替えて戦うスポーツマンらしいデッキテーマであり、カード1枚1枚も安いカードが多いので、今からでも比較的作りやすいかかつ、強力なテーマなので、私個人としてもすごく気に入っているテーマデッキです。

今回の強化を機に気になった方は是非今回のデッキレシピを参考にしてみてください!


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ PHANTOM RAGE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする