トークン生成カードを一覧で紹介!シンクロ召喚やリンク召喚に便利なカードまとめ【遊戯王】

 

遊戯王にはモンスタートークンという物があり、カードの効果によって生み出されるモンスターのことを指します。

 

裏側守備表示に出来なかったりフィールドを離れた場合に消滅する等メインデッキに入るモンスターとは異なる特徴を持っています。

 

ルール上トークンをエクシーズ素材にすることは出来ませんが、アドバンス召喚・シンクロ召喚・リンク召喚の素材として利用されることは多いです。

 

今回はトークンを生成する効果を持つカードの中から汎用的に使える物を紹介していきます。

 

遊戯王のトークンを生成する汎用カード一覧!!

「極星獣タングリスニ」

極星獣タングリスニ

 

戦闘で破壊された場合にトークン2体を生成する効果を持ちます。

 

生成されるトークンはレベル3であることに加え、何の制約も持たないためアドバンス召喚・シンクロ召喚・リンク召喚の素材やカード効果のリリースコスト等好きなように使えます。

このカード自体のステータスから「レスキューキャット」等でリクルートしやすいのも利点です。

スポンサーリンク

「クラスター・ペンデュラム」

クラスター・ペンデュラム

 

召喚成功時に相手フィールドのモンスターの数までトークンを生成できます。

 

生成できるトークンの数は相手フィールドに依存していますが、それ故に複数体の生成も狙えるのが利点です。

 

トークンや自身を各種召喚素材に使うのはもちろんのこと、効果使用後は必然的にお互いのフィールドのモンスターの数が同じになることを利用して「スウィッチ・ヒーロー」と併せるといった使い方も出来ます。

 

「ドッペル・ウォリアー」

ドッペル・ウォリアー

 

自分墓地に存在するモンスターが特殊召喚に成功したときにこのカードを手札から特殊召喚出来るモンスターで、シンクロ素材にこのカードが使われるとトークンを2体生成することが出来ます。

 

シンクロテーマと非常に相性が良く、このカードを使ってシンクロ召喚を行えば、レベル1トークンが生成されるので、チューナーを使えば再びシンクロ召喚に繋げていくことが可能です。

 

トークンのレベルは1と低いのでレベル調整だったり、レベルの低いシンクロモンスターのシンクロ素材として役に立ちます。

 

またトークンを生成する効果はターン1制限のない点もこのカードの評価点です。

スポンサーリンク

「タツノオトシオヤ」

タツノオトシオヤ

 

このカードは幻竜族モンスターの効果でしか特殊召喚出来ない点は厳しいですが、は「破面竜」「邪竜星-ガイザー」「天威の龍仙女」を使うデッキであればこのカードを現実的に特殊召喚することが出来ます。

 

このカード自身がチューナーモンスターなのでトークンを使ってシンクロ召喚することも出来ますし、トークンをリンク素材に使うなど用途は広いです。

 

コンボ向けのモンスターではありますが、上手くコンボを回せばアドバンテージを手に入れることが出来るモンスターでございます。

 

「冥府の使者ゴーズ」

冥府の使者ゴーズ

 

自分フィールドにカードが存在しない時に相手がコントロールするカードによってダメージを受けた時にこのカードを特殊召喚することができます。

 

戦闘ダメージの場合、自分のフィールドに「カイエントークン」を特殊召喚することが可能です。

 

「カイエントークン」の攻撃力・守備力は受けた戦闘ダメージによって決定するので、ダメージが多いほど「カイエントークン」の攻撃力が上がります。

 

受けた戦闘ダメージが少なくても、トークンをリンク素材にすることも出来るので、受けたダメージが少なくても出せる時に出したいモンスターです。

スポンサーリンク

「トーチ・ゴーレム」

トーチ・ゴーレム

 

このカードを相手のフィールドに特殊召喚することで自分のフィールドにトークンを2体特殊召喚することが出来ます。

 

有名なコンボとしては「セキュリティー・ドラゴン」「アカシック・マジシャン」をリンク召喚することで効果でこのモンスターを手札に戻すことが出来るので、再び特殊召喚し、トークンを生成し、リンク召喚に繋げていくコンボが可能です。

 

リンク召喚を行う際、このカードと数枚で連続でリンク召喚が可能な為、2020年6月現在制限カードではありますが、「ダーク・オカルティズム」などのサーチに対応しています。

 

「クロック・ワイバーン」

クロック・ワイバーン

 

召喚・特殊召喚成功時に自身の攻撃力を半減させることでトークン1体を生成できます。

 

効果を使わなければ準アタッカー級の攻撃力を持っていますし、トークンを生成することで即座にリンク2モンスター等に繋げることが出来ます。

スポンサーリンク

「幻獣機オライオン」

幻獣機オライオン

 

墓地へ送られた場合にトークン1体を生成できます。

 

どこから墓地へ送られても効果を発動出来るため、シンクロやリンク素材としてはもちろん墓地肥やし効果でデッキから墓地へ送ってもトークンを生成できます。

 

トークンはレベルが3であるため高レベルシンクロモンスターへと繋げやすいのも利点です。

 

「幻獣機テザーウルフ」

幻獣機テザーウルフ

 

召喚成功時にトークン1体を生成できます。

 

前述した「クロック・ワイバーン」と比べると、こちらは特殊召喚に対応していないことや攻撃力が下がらないことで差があります。

 

生成するトークンのレベルがこちらは3であることも大きな違いなので、デッキやエクストラデッキに応じてどちらの方が使いやすいか検討すると良いでしょう。

スポンサーリンク

「幻銃士」

幻銃士

 

召喚・反転召喚に成功したときに自分フィールドのモンスターの数までトークンを特殊召喚することが出来ます。

 

2つ目の効果は「銃士」モンスターの数×300ダメージを与えることが出来ますが、2つ目の効果はあくまでもおまけで、トークンはレベル共に優秀なので、シンクロ素材やリンク素材に使われることがほとんどです。

 

自分フィールドにモンスターがいなくても、このカードがいますので最低でもトークン1体は特殊召喚出来ます。

 

「サイバース・ガジェット」

サイバース・ガジェット

 

フィールドから墓地へ送られた場合にトークンを生成できる効果を持ちます。

召喚成功時に墓地のレベル2以下のモンスター1体を蘇生する効果もあるため、リンク素材にするのであればこのカード1体で3体分としても使えるため優秀です。

 

生成されたトークンがレベル2であることやサイバース族であることから使い道の幅もあります

スポンサーリンク

「スケープ・ゴースト」

スケープ・ゴースト

 

リバース効果でトークンを任意の数だけ生成できる効果を持っています。

 

この効果で生成したトークンには制約やデメリットが無いため好きなように使えますし、このカード自体がチューナーであるため自分のターンにリバース効果を使えた場合はシンクロ召喚をすることも容易です。

 

リンク素材としては自身を含めれば5体分の素材となれるため、低リンクモンスターを駆使すればリンク5に繋げることも可能です。

「No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク」

No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク

 

ランク7エクシーズモンスターでエクシーズ素材を2つ取り除くことでトークンを可能な限り特殊召喚することが出来ます。

 

このカードをエクストラモンスターゾーンに特殊召喚すれば、トークンを5体特殊召喚することが可能です。

 

特殊召喚したモンスターはリンク素材やアドバンス召喚のリリース要因に使うと良いでしょう。

 

 

「幻獣機ドラゴサック」

幻獣機ドラゴサック

 

ランク7エクシーズモンスターでエクシーズ素材を1つ取り除くことで「幻獣機トークン」を1体特殊召喚することが出来ます。

 

またこのカードはトークンが存在する限り戦闘・効果では破壊されないので、トークンを生成する自身の効果を始め、様々なトークン生成カードと相性が良いです。

 

またトークンをリリースすることでフィールドのカードを1枚対象にそのカードを破壊出来るの点も優秀なモンスターでございます。

 

場持ちも良く、トークンを有効活用できるテーマであれば是非入れておきたいモンスターです。

スポンサーリンク

「リンクロス」

リンクロス

 

リンク2以上のモンスターを素材にリンク召喚でき、リンク素材にしたリンクモンスターのリンクマーカーの数までトークンを生成できます。

 

このカードで生成したトークンはターン終了時までリンク素材に出来ませんが、リリースやシンクロ素材には問題なく使用できます。

 

レベル3以下のチューナー1体をリクルートできる「水晶機巧-ハリファイバー」との相性の良さは有名で、シンクロ召喚とリンク召喚を駆使した展開が狙えます。

 

「スケープ・ゴート」

スケープ・ゴート

 

言わずと知れたトークン生成カードです。

 

発動ターン自分は他にモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できなくなる制約があるため、基本的には相手エンドフェイズに発動することになります。

 

1枚で4体もトークンを生成できる優秀なカードではありますが、制約だけでなく自分のモンスターゾーンに4つ空きがないと発動できないという注意点があります。

 

生成した4体のトークンはアドバンス召喚のためのリリースには出来ませんが、シンクロやリンク召喚の素材としては大きく貢献できます。

 

「ワンタイム・パスコード」

ワンタイム・パスコード

 

自分フィールドにトークン1体を生成する通常魔法カードです。

 

召喚権を使わずに速効性のあるトークン生成カードであり、このカードの発動やトークンに制約やデメリットが無い点は使いやすいです。

 

トークンのレベルは4であるため高レベルシンクロへ繋げるための素材としても有用です。

 

汎用性のあるトークン生成カードまとめ!!

トークンを生成することのできるカードは今回紹介したカード以外にもまだありますが、リンク召喚やシンクロ召喚を使うテーマであれば、手軽に出せるトークン生成カードはデッキの展開を助けてくれます。

 

最近ではトークンから高リンクモンスターに繋げていく展開も珍しくないので、覚えておいて損はないでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください