「シンクロ・オーバーテイク」で出したい・サーチしたいカード6選を紹介!!

 

先日発売した基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて「シンクロ・オーバーテイク」が収録されましました。

 

今回は「シンクロ・オーバーテイク」の効果を考察し、その効果で出したり手札ん引き込みたいカードも紹介していきます。

 

「シンクロ・オーバーテイク」の効果考察!

シンクロ・オーバーテイク

 

カード名ターン1指定のある通常魔法カードで、エクストラデッキのシンクロモンスター1体を見せてそのモンスターにカード名の記されたシンクロ素材モンスター1体をデッキ・墓地から選んで手札に加えるか特殊召喚できる効果を持ちます。

 

融合派兵

 

さながらシンクロモンスター版の「融合徴兵」「融合派兵」といった効果を持っています。

 

シンクロ素材にカード名が指定されているシンクロモンスターはあまり多くないため、このカードで手札に引き込めたり特殊召喚できるモンスターもある程度限られます。

 

その分「融合徴兵」「融合派兵」よりも優れていることとしては、このカードはサーチ・サルベージ・リクルート・蘇生の4つに対応している点が挙げられます。

 

ものによってはリクルートよりもサーチの方が良いというモンスターもいますし、サルベージと蘇生にも対応していることから蘇生制限を満たしたシンクロモンスターやデッキに1枚しか入れていないモンスターの再利用も図ることが出来ます。

 

当然ですがこのカードを発動するにはエクストラデッキにシンクロ素材にカード名が指定されているシンクロモンスターが存在し、そのシンクロ素材として指定されているモンスターがデッキ・墓地にいなければいけません。

 

シンクロ召喚などをしてシンクロ素材にカード名が指定されているシンクロモンスターがエクストラデッキからいなくなった後でこのカードを引いても腐ってしまうため、枠は取りますがこのカードの効果を使う用のシンクロモンスターを採用しておくというのも一つの手かと思います。

 

このカードを発動するターン自分はシンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できなくなるという制約もあります。

 

幻獣機アウローラドン

 

『発動するターン』という指定によってこのカードを発動する前もシンクロモンスター以外をエクストラデッキから特殊召喚出来ないので、「水晶機巧-ハリファイバー」「幻獣機アウローラドン」等のリンクモンスターを採用しているデッキでは注意が必要です。

 

「ジャンク・スピーダー」は効果の関係上同じデッキに採用しやすく、制約も被っているため併用しやすいです。

 

「シンクロ・オーバーテイク」で出したりサーチしたいカードを紹介!

「ジェット・シンクロン」

ジェット・シンクロン

 

エクストラデッキに「ジェット・ウォリアー」を採用しなくてはなりませんが、展開に繋げやすいため「シンクロ・オーバーテイク」でのリクルート候補としてはかなり有力です。

 

また「シンクロ・オーバーテイク」「ジェット・シンクロン」をリクルートするのであれば、「ジャンク・スピーダー」でリクルートするレベル1枠には「サイバース・シンクロン」等を選ぶことも出来るでしょう。

 

自己蘇生後はフィールドから離れた場合に除外されてしまうため、「シンクロ・オーバーテイク」で蘇生することが出来なくなる点には要注意です。

 

「ゾンビキャリア」

ゾンビキャリア

 

このカードをシンクロ素材として指定しているのは「デスカイザー・ドラゴン」「蘇りし魔王 ハ・デス」「アンデット・スカル・デーモン」3種類がおり、いずれもシンクロ召喚先として優先度が高くないため「シンクロ・オーバーテイク」で使う用にどれか1枚を選んで採用すれば良いでしょう。

 

「シンクロ・オーバーテイク」でこのカードをリクルートし、シンクロ素材に使った後で自己蘇生させれば更に高レベルのシンクロモンスターへ繋げることが可能です。

 

シンクロ素材としてはもちろんですが、上級モンスターが多くなりやすい「ヴァンパイア」等ではアドバンス召喚のためのリリース先を確保する上でも利用していけます。

 

自己蘇生後のデメリットについては「ジェット・シンクロン」と同様です。

「ジャンク・シンクロン」

ジャンク・シンクロン

 

展開の起点として使いやすいため、「シンクロ・オーバーテイク」でサーチしたいモンスターとして有力な候補になります。

 

シンクロ素材に「ジャンク・シンクロン」を指定しているシンクロモンスターは5種と多いため、デッキとの相性などを踏まえた上で好きな物を採用できる点も相性が良いです。

 

「ジャンク・シンクロン」を起点とした展開を主軸としたデッキであれば、4枚目以降の「調律」として「シンクロ・オーバーテイク」を採用出来ます。

 

「エーリアンモナイト」

エーリアンモナイト

 

「エーリアン」デッキでは「宇宙砦ゴルガー」のシンクロ召喚をする上で必須のカードですので、「シンクロ・オーバーテイク」でサーチしてその蘇生効果に繋げていけます。

 

「宇宙砦ゴルガー」のシンクロ召喚をしやすくなる反面、「シンクロ・オーバーテイク」の制約により「エーリアン・ソルジャー M/フレーム」「宇宙鋏ゼロオル」といったリンクモンスターとは合わない点には要注意です。

 

「深海のディーヴァ」

深海のディーヴァ

 

「深海のコレペティ」のシンクロ素材に指定されているため、「シンクロ・オーバーテイク」でサーチすることが狙えます。

 

上記の「ジャンク・シンクロン」等とは違いリクルート効果であるため、下準備が必要ない点を含めてより初動に向いていると言えます。

 

シンクロ召喚先などの制約も無いため、汎用シンクロモンスター等に繋げて状況に応じた展開を狙っていけます。

 

「ネクロ・シンクロン」

フルール・シンクロン

 

フィールド・墓地では「フルール・シンクロン」として扱われるため、墓地に存在するときに限り「シンクロ・オーバーテイク」で蘇生・サルベージを行うことが出来ます。

 

自身以外のモンスターのレベルを2つ上げる効果や風属性シンクロモンスターの素材になった場合のリクルート効果は優秀なので、「シンクロ・オーバーテイク」で蘇生して活用していくことが出来ます。

 

このカードの蘇生のみを目的として「シンクロ・オーバーテイク」を採用するのは事故の危険がありますが、「シンクロ・オーバーテイク」でリクルートなどして使える「フルール・シンクロン」も合わせて採用すれば状況に応じて使い分けていけます。

 

まとめ!!

現時点では「シンクロ・オーバーテイク」の恩恵を受けられるカードやデッキはあまり多くはありませんが、上記で紹介したカードとの組み合わせやそれらと相性の良いデッキではキーカードを引き込んだりリクルートする手段として有用なカードと言えます。

 

今後シンクロ素材にカード名を指定するシンクロモンスターが増えるかは分かりませんが、デッキ次第では積極的に採用を検討できるカードなので入手しておいて損はないでしょう。

 

別途関連記事はコチラ↓

「簡素融合」で出したい融合モンスターを一覧で紹介!「簡易融合」にはない利点は?

「簡易融合」で出したい融合おすすめのモンスター一覧!

https://kata0003.net/yugouhahei-9114

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください