遊戯王 汎用性の高いシンクロサポート魔法・罠カードを紹介!!

シンクロ召喚という召喚方法が登場してからずいぶん経ちますが、それに合わせてシンクロモンスターやシンクロ召喚をサポートする効果を持つ魔法・罠カードも続々登場してきました。

そこで今回はシンクロサポートが出来る汎用性の高い魔法・罠カードを紹介していきます。

おすすめの汎用シンクロサポート魔法・罠カードを紹介!

「シンクロキャンセル」

シンクロモンスター版の「融合解除」とも言える効果であり、シンクロモンスターや素材に使ったモンスター次第で使い方は様々です。

シンクロ召喚成功時の効果を持つシンクロモンスターをこのカードで分解し、再びシンクロ召喚することで効果の再利用を狙うことも出来ます。

当然同じレベルであれば違うシンクロモンスターを出せるため、同レベルのシンクロモンスターを複数体採用して置けば状況に応じたシンクロモンスターに繋げられます。

また蘇生した素材一組も効果が無効化されるわけではないので、素材に使ったモンスターの特殊召喚成功時に発動する効果や起動効果の再利用をして展開や除去などに繋げることも出来ます。

ターンをまたぐ場合は問題ありませんが、1ターンの内にシンクロ召喚→「シンクロキャンセル」で分離→再びシンクロ召喚という流れで効果を再利用したい場合、使いたいモンスターの効果にカード名ターン1制限が付いているかどうかに気を付けましょう。

スポンサーリンク

「チューナーズ・ハイ」

手札からモンスターを1体捨てる事で発動出来る魔法カードで、そのモンスターと同じ種族・属性でレベルが1つ高いチューナーを1体デッキから特殊召喚出来るカードです。

このカードを使えるテーマはかなり限られてきますが、デッキからチューナーを1体特殊召喚出来る点は強力であり、シンクロテーマの大半は墓地に送られる事がメリットになるモンスターが多いので、コストにその様なモンスターを捨てられれば、デッキの回転に大きく貢献してくれるカードであります。

「シンクロ・チェイス」

シンクロモンスター全般ではなく、「ウォリアー」「シンクロン」「スターダスト」シンクロモンスターを指定したサポート効果になっています。

とはいえ「スターダスト・ドラゴン」をはじめ「フォーミュラ・シンクロン」「アクセル・シンクロン」「スターダスト・チャージ・ウォリアー」等は汎用シンクロモンスターとしても有用であるため、「シンクロ・チェイス」で素材に使ったモンスターを蘇生して更なる展開に繋げていけます。

「王魂調和」

相手の直接攻撃を無効にしつつ墓地からシンクロ素材を除外して最大レベル8までのシンクロモンスターをエクストラデッキからシンクロ召喚扱いで特殊召喚できます。

正規のシンクロ召喚とは異なるため素材の縛りを無視できるうえ、シンクロ召喚扱いであることからシンクロ召喚成功時の効果も発動できますし蘇生制限も満たされます。

最大でレベル8までのシンクロモンスターを出せるため、シンクロデッキなら正規の方法で出すことも可能な「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」は候補として優秀です。また「王魂調和」で出すことを前提とするなら水属性デッキ以外でも「白闘気白鯨」を採用することが可能です。

強力な効果は魅力的ですが、発動タイミングが相手の直接攻撃宣言時である以上事前除去に弱い点には気を付けましょう。

「王者の調和」

自分のシンクロモンスターへの攻撃を無効にしつつそのシンクロモンスターと墓地のチューナー1体を除外することで合計レベルのシンクロモンスター1体をエクストラデッキからシンクロ召喚扱いで特殊召喚できます。

前述の「王魂調和」と比べると、自分のフィールドにシンクロモンスターがいなければ発動できないことが短所であり、レベル9以上のシンクロモンスターも出すことが出来るというのが長所になります。

「王魂調和」同様に素材指定を無視できるうえ、シンクロ召喚扱いなのでシンクロ召喚でしか特殊召喚できないアクセルシンクロモンスター等の特殊召喚も出来るため、合計レベルを12にすれば「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」の特殊召喚も可能です。

「追走の翼」

シンクロモンスター1体に破壊耐性を付与し、レベル5以上のモンスターとの戦闘時に発動する除去&強化効果があります。

戦闘・効果のどちらの破壊にも耐性が付くため場持ちが格段に良くなります。

戦闘に弱い「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」に使って制圧力を高めたり、ステータスが低めながらも強力な効果を持つ「霞鳥クラウソラス」を維持して毎ターン相手モンスターを弱体化させたり、高い火力と強力な効果を持つ代わりに耐性を持たない「天威の龍鬼神」の場持ちを良くしたりと様々な運用が出来ます。

「リジェクト・リボーン」

相手の直接攻撃時にバトルフェイズを終了し、墓地からチューナーとシンクロモンスターを1体ずつ効果を無効にして蘇生できます。

前述した「王魂調和」「王者の調和」に対し、墓地にシンクロモンスターがいなければ発動できない

・蘇生したモンスターの効果は無効化されるため蘇生した2体でシンクロ召喚したくても最速でも次の自分のターンになる

・蘇生したモンスターをシンクロ素材に使うとしても正規のシンクロ召喚であるため素材縛りは無視できない・バトルフェイズを終了するため相手の更なる攻撃を完全に防げる

・レベルに指定が無いため蘇生するモンスター次第で様々なレベルのシンクロ召喚に繋げられる

・素材に使うモンスターは除外されないため蘇生などの再利用が可能

といった差があります。

中でも素材に使ったモンスターが除外されないというのは墓地からの蘇生などを多用するデッキであればその後の更なる展開にも繋がる大きなメリットになり得ます。

「王魂調和」「王者の調和」と比べながらも自分のデッキと相性の良いカードを採用するのが良いでしょう。

シンクロサポート魔法・罠についてのまとめ

シンクロをサポートする魔法・罠カードについての紹介でしたがいかがでしたでしょうか?

シンクロ召喚が登場したのは2008年とだいぶ昔ですが、今でも根強い人気と強力なテーマの多い召喚法です。

シンクロ召喚は新マスタールールの実装でかなりの痛手を折ってしまった時期もありましたが、2020年に発表された新たなマスタールールではリンクモンスターに依存せずに展開が可能になり、シンクロ召喚にも向かい風が吹き始めております。

これを機にシンクロテーマを組んでみたい方は是非今回紹介したサポートカードを参考にしていただけると嬉しいです!

コチラも読まれております!

多種多様に存在するエクシーズモンスターですが、その効果を使うためにもエクシーズ素材は必要不可欠な物であることが多いです。 ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする