「戦華」デッキレシピと回し方・戦術を紹介!!三國志がモチーフの獣戦士テーマ!!

20191012日に発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトに新規テーマとして「戦華」が登場します。今回はカード名などから三國志をモチーフにしていることが分かる「戦華」のデッキレシピやその回し方などを紹介していきます。

「戦華」テーマに興味がある人やデッキを作りたいと思っている人は参考にしてみてください。

あくまで純構築の物を紹介しますのでご承知おきください。

2020年2月13日火属性「戦華」など追記!!一部内容変更!!

「戦華」デッキレシピの紹介!!

(新規)と書かれているカードは「エタニティーコード」のの新規カードとなります

モンスターカード

「戦華の仲-孫謀」×3

「戦華の美-周公」×3

「戦華の妙-魯敬」×1

「戦華の智-諸葛孔」×2(新規)

「戦華の徳-劉玄」×3

「戦華の義-関雲」×1

「戦華の雄-張徳」×1

「戦華の孟-曹徳」×2(新規)

「戦華の詭-賈文」×2(新規)

戦華来-張遠」×2(新規)

魔法カード

「戦華史略-三顧礼迎」×3

「戦華史略-孫劉同盟」×1

「戦華史略-十万之矢」×2

「炎舞-「天キ」」×3

「炎舞-「天枢」」×3

「錬装融合」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「戦華史略-長坂之雄」×2

「おジャマデュオ」×1

「リビングデッドの呼び声」×2

「群雄割拠」×1

エクストラデッキ

「魁炎星王-ソウコ」×2

「小法師ヒダルマー」×2

お好きなリンクモンスター又は汎用ランク4汎用ランク7モンスターをどうぞ!!

スポンサーリンク

今回の「戦華」デッキレシピの回し方と戦術例は?

「戦華」テーマの特徴を軽くおさらいすると、「戦華」モンスターの効果発動をトリガーにして効果を発動できる「戦華」モンスター相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドよりも多い場合に効果を発動できる「戦華」モンスター2種類が3体ずついます。

また「エタニティーコード」で新たに火属性「戦華」モンスターが加わり、火属性の「戦華」モンスターは(相手フィールドのカードが戦闘・効果)で破壊された時にトリガーとする効果を持っております。

更に分けると、他に「戦華」モンスターがいれば自身が攻撃対象にならない効果を持っているモンスター、永続魔法・永続罠カードを墓地へ送ることで発動できる効果を持つモンスター手札から自己特殊召喚できるモンスター3種類が2体ずついます。

以上の共通効果をしっかり把握した上で運用することで戦術や盤面の構築がスムーズになるのでよく覚えておくと良いでしょう。

デッキの回し方ですが、「戦華」モンスターを展開することで相手フィールドのカードを除去したりしてビートダウンを行っていくのが主な流れになります。

炎舞-「天璣」

まず序盤では「戦華」モンスターの展開やデッキの回転を積極的に行っていきます。「戦華史略-三顧礼迎」「炎舞-「天キ」」「炎舞-「天枢」」等を使って必要なカードを揃えていきます。

風属性の「戦華」モンスターは条件を満たすことで特殊召喚効果を使えるので、水属性の「戦華」モンスターを通常召喚したり「戦華の徳-劉玄」でリクルートしたりして「戦華」モンスターを複数体フィールドに並べていきます。

火属性の「戦華」は戦闘に特化しており、展開後に火属性「戦華」モンスターの効果を上手く活用し、相手の盤面を戦さのごとく、崩すことができます。

モンスターを展開したら「戦華」モンスターの効果を発動していきます。

水属性の「戦華」モンスターは「戦華」モンスターの効果発動をトリガーにして除去効果が発動できますので、相手フィールドのモンスターや魔法・罠カードを除去していきます。

水属性の「戦華」モンスターはそれとは別に起動効果も持っているため水属性の「戦華」モンスターを複数体並べることで、Aの起動効果それをトリガーにBの効果それをトリガーにAの効果、と連鎖的に効果の発動ができ複数枚の除去も可能です。

除去を行ったら後は総攻撃をしかけていきます。元々火力が高いのは「戦華の雄-張徳」であり打点アップとしては「戦華史略-孫劉同盟」の効果も活かしやすいです。

展開したモンスターでリンクモンスターを出したり、同じレベルのモンスターが並んでいるのであれば汎用エクシーズモンスターを出すことも選択肢の一つに入るかと思います。

相手ターン中の行動ですが、「戦華の徳-劉玄」が持つ自身以外の「戦華」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる効果は相手ターン中でも使えますので水属性の「戦華」モンスターと並べることで相手の攻撃を利用してドローしながら除去を行うことが出来ます。

リビングデッドの呼び声

当然そのことを相手も警戒してくるので、「リビングデッドの呼び声」で相手のバトルフェイズ中に「戦華の徳-劉玄」もしくは水属性の「戦華」モンスターを蘇生したりすると良いでしょう。

「戦華」デッキレシピの戦術例を紹介!

炎舞-「天枢」

「戦華」の具体的な戦術例を紹介します。

手札に「戦華の仲-孫謀」「炎舞-「天枢」」2枚がある場合に使用可能なコンボです。

「炎舞-「天枢」」を発動しその効果により増えた召喚権で「戦華の仲-孫謀」を召喚→「戦華の仲-孫謀」の効果で「炎舞-「天枢」」を墓地へ送って「戦華の徳-劉玄」をサーチ→「戦華の徳-劉玄」を通常召喚します。

これによって「戦華の仲-孫謀」での攻撃宣言時、「戦華の徳-劉玄」のドロー効果が発動しそれをトリガーに「戦華の仲-孫謀」の除去効果も発動します。

バトルをすることが前提ではありますが、結果的に相手モンスター1体のバウンス1枚ドローが出来ているのでアドバンテージは稼げています。

また「戦華の仲-孫謀」「戦華の徳-劉玄」2体ともが他の「戦華」モンスターがいる場合に相手は自身を攻撃対象に出来なくなる効果を持っているため相手は攻撃が出来なくなります。

その後のことを考えれば「炎舞-「天枢」」はフィールドに維持して次のターン以降にも召喚権を増やしていきたい所なので、「戦華の仲-孫謀」の効果で墓地へ送るカードは出来れば別のカードを使いたい所です。

錬装融合

デッキレシピで手札コスト用に採用した「錬装融合」や墓地で効果を発動できる「戦華史略-長坂之雄」等を使うと良いでしょう。

「戦華」デッキレシピの改造案は?まとめ!!

今回紹介したデッキレシピには入れませんでしたが、「戦華」モンスターのレベルの都合から汎用ランク4汎用ランク7エクシーズモンスターを採用することも視野に入ります。

その際には他のサポートカードを受けられなくなる点には気を付けましょう。

「戦華」はモチーフにしている三國志で言うところの「魏」陣営のカードがまだ登場していないところからも強化の余地を十分に残しているため、今後にも期待できるテーマだと思います。

2020年1月12日追記

「エタニティーコード」で新たに火属性の「戦火」モンスターと風属性の「戦華」モンスターである「戦華の智-諸葛孔」と永続魔法「戦華史略-長坂之雄」が加わったことによって、突破力と安定性を両立させることが出来るようになりました。

「魏」陣営も出るのでは無いかと噂されていましたが、今回の「エタニティーコード」「魏」陣営が登場し、個人的には嬉しい限りです。

皆さんもこの強化を機に「戦華」を組んで見てはいかがでしょうか?

またこちらでも「戦華」テーマについての紹介も行っておりますので興味があればこちらもどうぞ!

2019年10月12日に発売予定の基本パック、イグニッション・アサルトに収録されるカードの新情報が届きました。 そこで今回は新規テーマ...

汎用ランク4モンスターと汎用ランク7についてはこちらで紹介しておりますので、選ぶ際は是非参考にしていだだけたらと思います!

かなり種類も増えたエクシーズモンスターですが、その中でも最も種類が多く言わば激戦区なのはランク4です。 大抵のデッキならエクシ...
遊戯王でのレベル7モンスターと言えば最上級モンスターでもありますが、そのレベル7モンスターを複数体並べることでエクシーズ召喚できるの...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする