【転生炎獣(サラマングレイト)デッキレシピ2020】の回し方を紹介!新制限対応版!

アニメ遊戯王VRAINSにて登場するソウルバーナーが使用する「サラマングレイト」は大会環境でも活躍しているテーマです。

そこで今回は202011月のリミットレギュレーションに対応した「サラマングレイト」デッキレシピとその回し方等を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「転生炎獣(サラマングレイト)」デッキレシピ2020の紹介!

モンスターカード

「転生炎獣ガゼル」×1

「転生炎獣Jジャガー」×3

「転生炎獣スピニー」×2

「転生炎獣ファルコ」×1

「転生炎獣フォクシー」×3

「レディ・デバッガー」×3

「灰流うらら」×3

「増殖するG×3

魔法カード

「転生炎獣の聖域」×2

「転生炎獣の炎陣」×2

「転生炎獣の意志」×2

「サイバネット・マイニング」×3

「墓穴の指名者」×2

「抹殺の指名者」×1

「禁じられた一滴」×3

「死者蘇生」×1

罠カード

「サラマングレイト・ロア―」×1

「サラマングレイト・レイジ」×1

「無限泡影」×3

エクストラデッキ

「転生炎獣ミラージュスタリオ」×1

No.41 泥睡魔獣バグースカ」×1

「転生炎獣ベイルリンクス」×3

「転生炎獣サンライトウルフ」×3

「スプラッシュ・メイジ」×1

「トロイメア・フェニックス」×1

「転生炎獣ヒートライオ」×2

「デコード・トーカー・ヒートソウル」×1

「トランスコード・トーカー」×1

「アクセスコード・トーカー」×1

「転生炎獣(サラマングレイト)」デッキの回し方は?

転生炎獣フォクシー

デッキのコンセプトですが、「サラマングレイト」テーマの持つ高い回転力と展開力を駆使することで強力なリンクモンスター等に素早く繋げてビートダウンを行うというものです。

今回紹介したデッキレシピでは、大会環境での使用を目的とした構築にさせていただきました。

デッキの回し方ですが、まずは展開していく上でのキーカードを手札に引き込んでいきます。

レディ・デバッガー

「サラマングレイト」はサイバース族統一テーマであり、レベル3モンスターも扱うことから「レディ・デバッガー」は使いやすいサーチ要員として機能してくれます。

転生炎獣の炎陣

「転生炎獣の炎陣」はノーコストで好きな「サラマングレイト」モンスター1体をサーチすることができるため、準制限カードに規制されているのも納得な便利カードです。

またサーチカードとしては「サイバネット・マイニング」もあり、墓地で効果を発揮する「サラマングレイト」モンスターを手札コストにすることで無駄なくその後の展開に繋げられます。

転生炎獣ガゼル

次にモンスターの展開を行っていきます。

今回紹介したデッキレシピに採用したものでは「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターは全て自己蘇生効果を持っているため、墓地肥やしやリンク素材にした「サラマングレイト」モンスターを蘇生させることで更なる展開を狙えます。

転生炎獣の意志

「サラマングレイト」デッキの展開力向上という面で心強いのが「転生炎獣の意志」であり、ターン1で手札・墓地の「サラマングレイト」モンスター1体を特殊召喚出来ます。

この効果はノーコストで使用できる上に、その後の制約や特殊召喚したモンスターへのデメリットも何も無いことから極めて強力です。

蘇生制限を満たした「サラマングレイト」リンクモンスターの蘇生も可能なため、リンク素材等に使っていけます。

転生炎獣サンライトウルフ

リンク召喚先として「転生炎獣の聖域」をサーチできる「転生炎獣ベイルリンクス」、サルベージ効果で墓地のカードの再利用を図れる「転生炎獣サンライトウルフ」2体は展開面だけでなくアドバンテージの獲得という意味でも有用ですので積極的にリンク召喚をすると良いです。

スプラッシュ・メイジ

「サラマングレイト」はサイバース族で統一されているため、「スプラッシュ・メイジ」

「トランスコード・トーカー」→「アクセスコード・トーカー」の流れも問題なく使用できます。

アクセスコード・トーカー

炎属性である「サラマングレイト」リンクモンスターが既に墓地にいたなら、「アクセスコード・トーカー」は除去効果を3回まで使用できるので直接攻撃で相手へ大ダメージを与えることが狙えます。

転生炎獣ミラージュスタリオ

「サラマングレイト」ではリンク召喚だけでなくエクシーズ召喚もすることができ、ランク3「転生炎獣ミラージュスタリオ」はリクルート効果とリンク素材になった場合のバウンス効果により相手モンスターの除去が出来ます。

リクルート効果と除去効果を狙うだけでなく、自己蘇生後は除外されてしまう「転生炎獣スピニー」をエクシーズ素材にすることで除外を回避するという運用は「サラマングレイト」デッキにおける鉄板となっています。

転生炎獣ヴァイオレットキマイラ

相手のデッキに依存してしまうため今回は採用しませんでしたが、「フュージョン・オブ・ファイア」を使って相手のリンクモンスターを融合素材にして「転生炎獣ヴァイオレットキマイラ」の融合召喚を狙うという戦術も強力です。

アースゴーレム@イグニスター

また「フュージョン・オブ・ファイア」の他に「超融合」を採用し、相手のリンクモンスターを素材にすることで「アースゴーレム@イグニスター」の融合召喚も狙えます。

【転生炎獣(サラマングレイト)デッキレシピ2020】の回し方を紹介!新制限対応版!まとめ!

2020年対応版の「サラマングレイト」デッキレシピの紹介を行いましたが、いかがでしたでしょうか?

「サラマングレイト」デッキは環境でも活躍しているテーマであり、豊富なサーチ方法や安定した展開力が魅力のテーマです。

今回の構築は大会での使用に特化した構築ですが、環境や流行によってデッキに採用するカードを増減させたり、今後の大会環境次第では大幅にデッキ構築が変わってくる可能性も十分に高いので、今後の環境に合わせて採用するカードを変えることで柔軟に戦えるテーマであります。

関連記事はコチラ↓

ストラクチャーデッキから穂村尊こと「ソウルバーナー」が使うテーマ「サラマングレイト」のストラクチャーデッキが発売しました! 今回主役の...
遊戯王の世界大会こと遊戯王World Championship 2019が2019年8月10日と11日の2日間にわたって行われ、無事大会が終...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする