新規月光「ムーンライト」デッキレシピの紹介!新規カードが加わり大幅強化された脳筋テーマを見よ!




レジェンドデュエリスト編ー4が発売して数日が経ちました!

今回は各シリーズのヒロインテーマの強化が嬉しい男性陣は多いのでは無いでしょうか?「私は嬉しい!」

その中でも今回は脳筋キャラである(?)遊戯王アークファイブの柚子の分身である融合使いのヒロインであるセレナの使う「ムーンライト」のデッキレシピを紹介したいと思います!

「家族とはデュエリストでは無いのか?」


月光(ムーンライト)の特徴を軽くおさらい

月光舞猫姫

恐らくもうご存知の方の方が多いかとは思いますが、ここで「ムーンライト」って何?という方の為に軽くおさらいをして行きたいと思います。

「ムーンライト」とは闇属性・光属性の獣戦士族テーマ連続攻撃効果を持つ「ムーンライト」融合モンスターで相手に連続攻撃を行いデュエルを進めて行くのが基本の動きとなります。

相手モンスターの攻撃力を0にしたり、自身のモンスターを強化することで1ターンキルを狙えるテーマですが、その反面防御が手薄になりがちなのがこのテーマの弱点でもあります。

その為このテーマは下手な長期戦は狙わず短期決戦を狙う(脳筋テーマ)となっております。

次はレジェンドデュエリスト編4ーで登場した「ムーンライト」新規モンスターの紹介をさせていただきます!

新規「ムーンライト」カード達!

今回新規収録したのは以下の5枚となっております!

「月光舞剣虎姫」

「月光翠鳥」

「月光黄鼬」

「月光融合」

「月光小夜曲舞踊」

次は新規収録した5枚のカードについて解説したいと思います!

「月光舞剣虎姫」

月光舞剣虎姫

融合・効果モンスター
星9/闇属性/獣戦士族/攻3000/守2600
「ムーンライト」モンスター×3
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、
お互いの墓地の獣戦士族モンスター及び除外されている獣戦士族モンスターの数×200アップする。
(2):このカードは相手の効果の対象にならない。
(3):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで3000アップする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

「ムーンライト」融合新規モンスターで、融合召喚に必要なのは「ムーンライト」モンスター3体です。

融合素材が3体とやや重いですが、素材指定が緩く、「月光融合」と併用すればそこまで素材の重さは気にはならないかと思います。

(1)の効果はお互いの墓地と除外されている獣戦士の数×200アップします。

融合に使う「ムーンライト」モンスターが3体と考えると実質的な攻撃力は3600となります。

また相手依存にはなるものの相手のデッキテーマが獣戦士族の場合さらなる攻撃力の向上が見込める点も地味に嬉しい点です。

また「対象に取られない」点も場持ちの良い嬉しい所です。

(3)の効果は墓地のこのカードを除外することで

融合モンスターの攻撃力をターン終了時まで3000上げる効果で、他の「ムーンライト」融合モンスターの連続攻撃や攻撃力を0にできる「月光紅狐」と合わせることで1ターンキルを圏内に入れることも可能です。

(3)の効果は「おろかな重葬」「月光彩雛」で墓地に送れば発動出来るものの、墓地に送られたターンは効果が発動出来ないのでその点は注意が必要です。

「月光舞獅子姫」の攻撃力を超える事はできるものの、こちらは連続攻撃効果を持っていない為、召喚しやすさならこのカード

1ターンキルを狙うのであれば「月光舞獅子姫」と使い分けると良いでしょう。

「月光翠鳥」

月光翠鳥

効果モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「ムーンライト」カード1枚を墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「月光翠鳥」以外のレベル4以下の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

(1)の効果は手札を入れ替える効果で効果により、墓地に送られることで効果を発動する「ムーンライト」モンスターの効果を発動させることが出来ます。

またこのカードが墓地に送られた時自分の墓地か、除外されている「ムーンライト」モンスターを特殊召喚することができます。

カードの消費は激しくなりますが、「月光舞豹姫」の融合に繋げると言った動きも可能です。

「月光黄鼬」

月光黄鼬

効果モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻 800/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
「月光黄鼬」以外の自分フィールドの「ムーンライト」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻し、このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ムーンライト」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

手札か墓地にこのカードが存在するときに自分フィールドの「ムーンライト」カードを手札に戻すことでこのカードを守備表示で特殊召喚することができます。

「ムーンライト」モンスターを手札に戻してしまうと場のモンスターの数が変わらなくなってしまうので基本的には「月光小夜曲舞踊」などの永続罠カードをコストに戻すと良いでしょう。

またこのカードが墓地に送られた時に「ムーンライト」魔法か罠を手札に加えることができ、後続に繋げやすいのも利点です。

「月光融合」

月光融合

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから「ムーンライト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
相手フィールドに、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合には
自分のデッキ・EXデッキの「ムーンライト」モンスターを1体まで融合素材とする事ができる。

「ムーンライト」魔法カードなので「月光黄鼬」でサーチすることができます。

現環境ではエクストラデッキが多用されるだけあり、後半の効果の発動もしやすいのではないでしょうか?

このカードのおかげで「ムーンライト」の墓地に送られた効果と融合素材が揃えやすくなりました。

「月光小夜曲舞踊」

月光小夜曲舞踊

永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに融合モンスターが融合召喚された時、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
以下の効果を適用する。
●相手フィールドに「ムーンライト・トークン」(獣戦士族・闇・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
●対象のモンスターの攻撃力は相手フィールドのモンスターの数×500アップする。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札を1枚選んで墓地へ送り、デッキから「ムーンライト」モンスター1体を特殊召喚する。

融合モンスターが融合召喚された時に融合召喚したモンスターを対象に以下の2つの効果を適用することができます。

相手の場に「ムーンライト・トークン」を生成する効果は「月光舞猫姫」「月光舞豹姫」のサウンド・バックに出来るため相性が良く

もう一つの効果も相手モンスターの数×500攻撃力がアップするので「ムーンライト・トークン」だけでも攻撃力を500上げることができます。

こちらの効果の発動は相手のモンスターが多ければ多いほど「ムーンライト」融合モンスターでの大ダメージが見込めます。

(2)の効果は墓地で発動する効果で手札を1枚墓地に送ることでデッキから「ムーンライト」モンスターを特殊召喚すると言ったもので、罠ゆえの遅さは気になるものの状況に応じて好きな「ムーンライト」モンスターをデッキから特殊召喚できる点は優秀です。

また(2)の効果は墓地に送られたターンでも発動できる点も嬉しい所です。

次は「ムーンライト」のデッキレシピを紹介したいと思います!

「ムーンライト」デッキレシピ

モンスター

・月光翠鳥×3「新規」

・月光黄鼬×3「新規」

・月光黒羊×3

・月光彩雛×3

・月光紅狐×1

・月光青猫×2

・月光虎×2

・月光狼×1

・月光白兎×1

月光黄鼬×2

魔法

・月光香×3

・月光融合×3「新規」

・炎舞−天キ×3

・闇の誘惑×2

・超融合×1

・融合×2

・おろかな重葬×1

・おろかな埋葬×1

・死者蘇生×1

・ハーピィの羽根帚×1

・月光小夜曲舞踊×1

エクストラデッキ

・月光舞猫姫×2

・月光舞剣虎姫×2「新規」

・月光舞豹姫×2

・月光舞獅子姫×2

・スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×1

・捕食植物 キメラフレシア×1

・ヴァレル・ロード・ドラゴン×1

・ヴァレル・ソード・ドラゴン×1

・デコード・トーカー×1

・見習い魔嬢×1

・アンダークロックテイカー×1

デッキ内のカード解説

月光黒羊

月光黒羊

手札を1枚捨てることでこのデッキのキーカードである「融合」をデッキからサーチ又は墓地の「ムーンライト」モンスターをサルベージすることができます。

このデッキのエンジン役であり、融合素地になった際にエクストラデッキに表側表示にあるペンデュラム「ムーンライト」モンスターか墓地の「ムーンライト」をサルベージすることができます。

このデッキでは重要なモンスターの為3枚投入。

月光彩雛

月光彩雛

エクストラデッキの「ムーンライト」モンスターを墓地に送ることで、墓地に送ったカードと同名カードになることができます。

この効果で新規収録した「月光舞獅子姫」を墓地に送り、攻撃力の底上げを狙ったり、同名カードになれるのを活かし「月光舞豹姫」の素材にしたりと速攻性が上がります。

またこのカードが効果で墓地に送られた場合に「融合」をサーチ出来たりと息切れのしにくい効果もこのカードの魅力です。

またこのカードが除外された場合、相手はバトルフェイズ時に効果を発動させなくする効果は、短期決戦であるこのデッキと相性の悪い攻撃反応型のカードの発動を防いでくれ、1キル力の確立を大幅に上げることができます。

除外効果の発動の仕方は「月光虎」のペンデュラム効果を使うと良いでしょう。

月光紅狐

月光紅狐

効果で墓地に送られた場合に相手のモンスター1体の攻撃力を0にすることができます。

これにより「ムーンライト」融合モンスターでの連続攻撃で大ダメージを与えられます。

また「ムーンライト」を効果の対象に選ばれた際にこのカードを除外し、その発動を無効にできる点も優秀です。

月光蒼猫月光蒼猫

このカードの特殊召喚に成功した場合に同名カード以外の「ムーンライト」モンスターの攻撃力をエンドフェイズまで倍にすることができます。

特殊召喚自体は「月光香」などで条件は満たしやすいのが特徴です。

こちらももちろん脳筋カードであり、倍にして「ムーンライト」モンスターでの連続は非常に強力です。

月光虎

月光虎

「ムーンライト」ペンデュラムモンスターでペンデュラム効果は墓地の「ムーンライト」モンスターを特殊召喚することができます!

相方である「月光狼」と組み合わせればレベル2〜4のモンスターをペンデュラム召喚できます。

この効果を使います融合召喚やリンク召喚に繋げることができ、「月光蒼猫」を蘇生させエンドフェイズ時に破壊されれば後続の「ムーンライト」モンスターを特殊召喚できたりと用途が広いのが特徴です。

月光狼

月光狼

「月光虎」の相方ペンデュラムモンスターでフィールド又は墓地で融合召喚を行うことができます。

墓地で融合召喚できるのは非常に利点であり、融合の安定性を高めてくれます。

レベル6モンスターなので「炎舞−天キ」ではサーチ出来ないものの、貫通効果は、「ムーンライト」融合モンスターと相性が良く、確実にダメージを与えにいくことができます。

月光白兎

月光白兎

召喚成功時に「ムーンライト」モンスターを守備表示で特殊召喚することができます。

単純に召喚しただけでリンク2に繋げたり、そのまま融合召喚に繋げることができます。

また1ターンに1度このカード以外の「ムーンライト」の数だけ、相手の魔法、罠カードをバウンスすることができます。

単純に召喚時の効果と合わせても、1枚は相手の魔法、罠カードをバウンスすることができます。

チェーンで発動する「強制脱出装置」などには弱いものの攻撃反応型の罠カードをバウンス出来る点では、攻撃の補助として役に立つ効果です。

月光舞猫姫

月光舞猫姫

「ムーンライト」2体で融合召喚出来る融合モンスターで、このカード以外の「ムーンライト」モンスターをリリースすることで、相手モンスターは戦闘で1度破壊されず、このカードは2回攻撃することが出来ます!

基本的には次の「月光舞剣虎姫」に繋げるためにこのモンスターを融合召喚することが多いでしょう。

月光舞豹姫

月光舞豹姫

コチラは上記の「月光舞猫姫」「ムーンライト」モンスターで出せる融合モンスターで

相手の効果で破壊されない耐性と(2)の効果は「月光舞猫姫」と同じ共通効果です。

連続攻撃を持っているので、他の「ムーンライト」と効果を併用することでこのカードによるワンキルもザラにあります。

月光舞獅子姫

月光舞獅子姫

コチラは「月光舞豹姫」+「ムーンライト」モンスター×2で融合召喚できるモンスターですが、素材が重いので月光彩雛」の効果を併用してこのカードを出すといいでしょう。

場に出てしまえば、効果の対象にならず、効果で破壊されない3500の攻撃力を持つモンスターは強力です。

バトルフェイズを2回行えるので直接攻撃を食らわせることができれば7000ものダメージを相手に与えることが出来ます。

ダメージステップ終了時に特殊召喚したモンスターを破壊する効果は、大抵の強力なモンスターを破壊でき、2回目は直接攻撃と言うことも多々あります。

このデッキのエースだけあって性能は脳筋そのものです(笑)

おろかな重葬

おろかな重葬

コチラについてはぶっちゃけ抜いてしまってもいい一枚ですが、このカード一枚で、選択できる幅があるので、採用しました。

「捕食植物 キメラフレシア」を墓地に送ればサーチ。

「月光舞剣虎姫」を墓地に送れば次のターンに3000もの攻撃力アップを狙えます。

「ムーンライト」デッキの回し方

月光舞獅子姫

豊富なサーチや展開方法を利用して、「ムーンライト」モンスターを融合し「ムーンライト融合モンスターのパワーと連続攻撃で短期戦を狙って行きます。

このテーマの長所は少ない消費でモンスターを展開出来たり、1ターンキルを射程圏内に入れられるので、好きがあれば積極的に融合していき、パワーでゴリ押ししていきます。

改造するなら?

改造するなら「ムーンライト」モンスターの数を増減させて見たり、1キルに特化するために自分のモンスターの攻撃力をあげるカードだったり、相手の攻撃力を下げるカードを入れて見ても良いと思います。

またコチラではデッキの組み方を紹介しておりますのでよろしければコチラの記事も一緒にどうぞ↓

11月10日発売予定のデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-に「ムーンライト」テーマも収録されることが判明しました。 テレビ...

まとめ

今回は脳筋テーマである「ムーンライト」デッキの紹介を行いました

発売から数日が経ってしまいましたが、非常にパワーのあるテーマで脳筋キャラ「?」であるセレナが使うテーマとしては相応しいのではないでしょうか?

セレナ自体私も好きなキャラだったので今回の「ムーンライト」の強化は素直に嬉しいところでございます。

皆さんも是非自分だけの「ムーンライト」デッキを組んで遊んで見てください!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする