リンクReg(リンクフェス)のおすすめテーマデッキ6選を紹介!【遊戯王マスターデュエル】

遊戯王マスターデュエルでは20221014日から新イベント、レギュレーションデュエル「リンクRegが開催されます。

レギュレーションデュエル「リンクReg」ではエクストラデッキにはリンクモンスター以外を採用出来ない独自のレギュレーションが適用されており、この特徴からユーザーの間ではリンクフェスと呼ばれています。

正確にはこれまでのシンクロフェスティバルなどのようなフェスティバルイベントではないため、レンタルデッキが無いことや報酬を手に入れるためにはランク戦のように勝たなくてはいけなかったりと仕様が異なります。

今回はそんな

レギュレーションデュエル「リンクReg」(略称リンクReg)に参加するにあたっておすすめのテーマデッキ

を紹介していきたいと思います。

リンクモンスターの活用を主軸としたテーマに絞って紹介させていただきますので、イベントへの参加を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

リンクReg(リンクフェス)で戦えるおすすめテーマデッキを紹介!

「サラマングレイト」デッキ

蘇生効果やサルベージ効果を活用することでモンスターを繰り返し再利用できることや、同名モンスターをリンク素材とすることで真価を発揮する通称転生リンク召喚も特徴であり、継続的にアドバンテージを稼ぎながらも機を見て一気に攻め込むことも可能です。

先日ショップに追加されたばかりのストラクチャーデッキ バーニング・スピリッツを購入すれば「サラマングレイト」カードのほとんどが集まるため、複数個購入すれば転生リンク召喚をするために必要な同名の「サラマングレイト」リンクモンスターも揃います。

リンクRegではエクシーズモンスターである「転生炎獣ミラージュスタリオ」を採用出来ないため展開コンボに修正が必要ではありますが、ストラクチャーデッキを元にして「転生炎獣パイロ・フェニックス」を筆頭に「スプラッシュ・メイジ」「トランスコード・トーカー」「アクセスコード・トーカー」などの優秀なサイバース族リンクモンスターを採用することで一線級の性能を発揮できるでしょう。

「コード・トーカー」デッキ

サーチ効果を持つ「サイバネット・コーデック」を最大限活用することでハンドアドバンテージの獲得と展開に繋げられ、少ない消費からの大量展開によxって高い爆発力と制圧力を発揮できます。

「コード・トーカー」デッキを作る上で必要なカードはシークレットパック 嵐より現れる戦士で揃えることができ、デッキの安定力を上げてくれる「レディ・デバッガー」「サイバネット・マイニング」については上記で紹介したストラクチャーデッキ バーニング・スピリッツにも収録されているため、それらの当たり方次第ではストラクチャーデッキを購入して手に入れるというのも有りです。

リンクReg限定レギュレーションではキーカードの内の1枚である「マイクロ・コーダー」が制限カードに規制されていますが、他のサーチカードを使えばある程度はカバー出来るのでイベントでも十分以上に戦っていけるでしょう。

「イビルツイン」デッキ

互いをサポートし合える「キスキル」モンスターと「リィラ」モンスターを駆使することで、状況に応じて柔軟に対応しながら戦っていく動きが特徴的です。

サーチ手段であるLive☆Twin トラブルサン」「シークレット・パスフレーズ」、互いにリクルートし合えるLive☆Twin キスキル」Live☆Twin リィラ」の存在もあってメインデッキに必要なカードがあまり多くないため、手札誘発モンスター等の汎用カードを多めに積んでも問題なく機能出来る点も優秀です。

上記のLive☆Twin トラブルサン」(SR「シークレット・パスフレーズ」(URにいずれもSR以上の「イビルツイン」リンクモンスター、更にそこに高レアリティのカードが多い汎用カードを多数投入するとなるとデッキ全体のレアリティが高くなりやすいため、既に汎用カードを多数持っているという人にならオススメできます。

「オルターガイスト」デッキ

罠カードの活用や相手モンスターの除去、更にはサーチによるアドバンテージ獲得や蘇生やリクルートでの展開など、相手の行動を妨害しつつ自分が有利な状況となるようにデュエルを運ぶ動きが特徴的です。

デッキの特性上アドバンテージ差を付けて勝利することを狙っていくことになり、トリッキーな動き方をすることもあってデッキを上手く回していくにはある程度の慣れが必要となります。

リンクRegでは強力なロックカードである「スキルドレイン」が禁止カードとなっていますが、「オルターガイスト」テーマ自体への規制はないので問題なく戦っていけます。

ちなみに「オルターガイスト」テーマがピックアップされているシークレットパック 電子の幻影では上記の「イビルツイン」カードもピックアップされているため、パックを買ってみてその当たり方次第でどちらのデッキを組むか考えるというのも有りでしょう。

「マリンセス」デッキ


蘇生・サルベージを活用することで、少ない手札消費から高リンクモンスターに繋げる動きを得意としています。

「マリンセス」罠カードの中には自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合に手札からも発動できるものがあるため、相手の不意を突いて行動妨害などを図れるのも特徴的です。

先日ショップに追加されたセレクションパック コズミック・オーシャンには「マリンセス」デッキを強化できる新規カードも収録されているため、そちらも合わせてデッキを構築するとよりデッキの性能を上げられるでしょう。

「ヴァレット」デッキ

共通でリクルート効果を持つだけでなく、リンクモンスターの効果の対象になることをトリガーに相手モンスターを除去・無力化できる「ヴァレット・ドラゴン」を主軸としたドラゴン族テーマデッキです。

「リボルブート・セクター」などを使ってモンスターを展開することで強力な効果と高い攻撃力を誇る「ヴァレル」リンクモンスターに繋げられ、更に「ヴァレット・ドラゴン」の効果も併用していくことで攻勢に出たり相手の行動妨害をしていけます。

リンクRegではリンクモンスター以外の「ヴァレル」モンスターは使用できませんが、あくまでもメインはリンクモンスターですので、そこまで大きな問題にはなりません。

現在ショップにあるセレクションパック ザ・ニューボーン・ドラゴンに収録されている「ヴァレルエンド・ドラゴン」は強固な耐性と強力な効果を持つ切り札ですので、その攻防一体の性能でデュエルを有利に進められるでしょう。

まとめ!

今回紹介したテーマはいずれもリンク召喚をメインにしたテーマデッキで、マスターデュエル環境においても、強力なリンクテーマ達です。

特に今回のイベントではストラクチャーデッキの影響で組みやすくなった「サラマングレイト」や新規カードが実装された「マリンセス」などがリンクフェス環境で活躍することが予想されます。

今回紹介したリンクテーマ以外にも、リンク召喚をメインとしたテーマデッキはまだまだありますので、是非自分の好きなリンクテーマでリンクフェスを楽しんでいただければと思います。

リンクフェスに関しての別途関連記事はコチラ⬇︎

リンクReg(リンクフェス)が既につまらない疑惑!またしてもクソゲーと言われる理由を考察!【遊戯王マスターデュエル】

別途、おすすめのリンク召喚テーマ一覧の紹介はコチラ⬇︎

リンク召喚を使いたい初心者や復帰勢におすすめ!扱いやすいリンクテーマデッキを紹介します!【遊戯王OCG】【マスターデュエル】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す