遊戯王の特殊召喚しやすいレベル3モンスターを紹介!!

昨今の遊戯王ではモンスターを展開することの重要度は高まっています。

特殊召喚したモンスターは各種召喚方法の素材に使ったりと展開力が高いということはそれだけで戦術の幅が広がるということでもあります。

そこで今回は特殊召喚しやすいレベル3モンスターを紹介していきます。

スポンサーリンク

特殊召喚しやすいレベル3モンスターを紹介!!

A・ジェネクス・バードマン」

A・ジェネクス・バードマン

自分フィールドの表側表示モンスター1体を手札に戻すことで特殊召喚できます。

召喚成功時に発動する効果を持つモンスター等を手札に戻せば再利用が狙えますし、エンドフェイズに自壊してしまうモンスターを手札に戻して回避させることも可能です。

チューナーであるためシンクロ素材や「水晶機巧-ハリファイバー」の素材としても有用です。

「影無茶ナイト」

影無茶ナイト

レベル3モンスターの召喚に成功したときに自身を特殊召喚できます。

レベル3版の「カゲトカゲ」とも言える効果ですが、こちらは通常召喚ができるので腐りにくいです。

闇属性・戦士族・攻守0という点から恩恵を受けられるサポートカードも多いです。

スポンサーリンク

「奇術王 ムーン・スター」

奇術王 ムーン・スター

自分フィールドにチューナーが存在する場合に特殊召喚できます。

闇属性シンクロモンスターのシンクロ素材にしかできず、レベル変更効果を使うとシンクロ召喚以外の特殊召喚は出来なくなります。

エクシーズやリンク召喚の素材として使うなら制約やデメリットもないので、闇属性のシンクロモンスターに繋げるかどうかはデッキや状況次第で変えると良いでしょう。

「工作列車シグナル・レッド」

工作列車シグナル・レッド

相手モンスターの攻撃宣言時に特殊召喚でき、攻撃対象を自身に移し替えてダメージ計算を行います。このカードはその戦闘では破壊されないという効果があります。

自分の他のモンスターを戦闘から庇えるため、盾として使いやすいです。また相手モンスターが1体だったなら、次の自分のターンでこのカードを各種召喚方法の素材に使うなどして切り返しの準備にもなります。

スポンサーリンク

「サイコウィールダー」「サイコトラッカー」

サイコウィールダー

どちらも自身と同名カード以外のレベル3モンスターが存在する場合に手札から守備表示で特殊召喚できる効果を持ちます。

両方ともシンクロ素材として墓地へ送られた時に発動出来る効果を持っているので、他に理由が無いならシンクロ素材に使用するのが良いです。

「俊足のギラザウルス」

俊足のギラザウルス

条件もコストも無しで手札から特殊召喚出来る代わりに相手は墓地のモンスター1体を蘇生できます。

相手に蘇生させたくないのであれば自分の先攻1ターン目にこのカードを特殊召喚するという方法があります。

敢えて相手に蘇生させ、全体攻撃効果を持つモンスターや相手モンスターを融合素材にするカードと併せて蘇生させたモンスターを利用するという手段もあります。

「ジャンク・フォアード」

ジャンク・フォアード

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に手札から特殊召喚できます。

それ以外に効果を持たないシンプルなモンスターですが、戦士族である故に「増援」「戦士の生還」を筆頭にした様々なサポートカードの恩恵を受けることが出来ます。

スポンサーリンク

SRベイゴマックス」

SRベイゴマックス

こちらも自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚出来ます。

このカードを使うのであれば召喚・特殊召喚成功時の「スピードロイド」モンスターをサーチする効果を活かしたいので、必然的にSRタケトンボーグ」を筆頭にした他の「スピードロイド」モンスターとセット採用することになります。

20205月現在では制限カードなのでその点は要注意です。

「マジック・ストライカー」

マジック・ストライカー

墓地の魔法カード1枚を除外することで特殊召喚できます。

容易に自己特殊召喚ができるためその後の展開に使いやすいだけでなく、このカードは直接攻撃できるため相手のライフが600以下であればそれだけで勝利を狙えます。

また自身の戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になるため、自分のコンボが相手に妨害されてしまい攻撃表示のこのカードが棒立ちになってしまっても大丈夫という利点があります。

「未界域のツチノコ」

未界域のツチノコ

「未界域」共通の自己特殊召喚効果だけでなく、このカードは手札から捨てられた場合にも特殊召喚できるのでどちらに転んでもこのカードの特殊召喚は出来ます。

「未界域」共通効果はやや癖があるものの、このカードの特殊召喚自体は容易に出来るのでその後の展開にも役立ちます。

スポンサーリンク

レベル3「パラディオン」モンスター

神樹のパラディオン

現状では「神樹のパラディオン」「魔境のパラディオン」「百獣のパラディオン」3種が存在し、いずれもリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚できる効果を持ちます。

リンク先が必要ではありますが、「転生炎獣アルミラージ」等の汎用低リンクモンスターも数多くいますので用意すること自体はそう難しくないです。

属性と種族がそれぞれ違いますし「神樹のパラディオン」はチューナーですので、デッキとの相性などを考えてどれを採用すべきか選ぶと良いかと思います。

「WWアイス・ベル」

WW-アイス・ベル

サイドラ条件で手札から特殊召喚出来るモンスターで、このカードを手札から特殊召喚に成恋した時にデッキから「WW」モンスター1体をデッキから特殊召喚できます。

この効果で特殊召喚したターンは風属性しか特殊召喚できなくなるので、その後は風属性シンクロモンスターに繋いでいく形になります。

デッキを選ぶカードですが、このカード1枚でシンクロに繋なげることが出来るのはこのカードの利点です。

「TGワーウルフ」

TG ワーウルフ

レベル4以下のモンスターが特殊召喚された時にこのカードを特殊召喚することができます。

チューナーモンスターを特殊召喚すれば、そのままシンクロ召喚に繋げたり、同じレベル3モンスターであれば、ランク3エクシーズに繋げることができます。

またこのカードはレベル4以下の獣戦士族なので「炎舞ー天キ」でサーチ出来るのも長所です。

「デフラドラグーン」

デフラドラグーン

手札から他のカードを墓地に送ることで特殊召喚出来るレベル3モンスターです。

コストにするモンスターを墓地に置いておくことで効果を発動するモンスターであれば、コンボに繋げることが出来るなど便利なモンスターであります。

2の効果は条件が厳しいものの、墓地からの特殊召喚にも対応しているので、いざという時の為に覚えておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク

「星見獣ガリス」

星見獣ガリス

手札にあるこのカードを見せて自分のデッキの一番上を墓地に送り、そのカードがモンスターであればこのカードを特殊召喚できるモンスターです。

デッキの中身をフルモンスターにしておけば、特殊召喚できる可能性は100%になります。

レベル3「彼岸」モンスター

彼岸の悪鬼 スカラマリオン

自分フィールドに魔法・罠カードがない場合に特殊召喚できるレベル3・悪魔族テーマであります。

自分のフィールドに「彼岸」以外のモンスターが存在すると破壊されてしまいますが、レベル3モンスター主体のデッキで、活躍する場は多いです。

1ターンに1つしか効果を発動出来ませんが、墓地に送られた時の効果も強力なものも多く、墓地を肥しやすいテーマかつ、レベル3が主体のテーマと相性も良く、出張が検討出来る利点があります。

「電脳堺姫-娘々」

電脳堺姫-娘々

自分フィールドにレベル3モンスターが存在する時に墓地のこのカードを特殊召喚することが出来ます。

またこの効果で特殊召喚したこのカードはチューナとして扱う扱えるので、そのままシンクロ召喚に繋げることも出来ます。

またレベル3・サイキック族モンスターなので、「緊急テレポート」に対応しているのも利点です。

レベル3の特殊召喚しやすいモンスターまとめ!

レベル3モンスターは特殊召喚しやすいモンスターが多く、多くのデッキで重宝したりします。

最近ではランク3モンスターも優秀なものも多く、レベル3主体のテーマは強力なものばかりです。

是非デッキを組む際は参考にしてみてください。

関連記事はコチラ!!

エクシーズモンスターの種類もかなり多くなり、デッキに応じて採用できるランクのエクシーズモンスターは変わります。 その中...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする