「心変わり」が遊戯王TCGで制限復帰!日本での復帰はありそう?現環境的にどう?

 

 

先日から海外版の遊戯王(TCGにて新たなリミットレギュレーションが適用されました。

 

 

その規制改定では遊戯王史上初の禁止カードの内の1枚である「心変わり」制限復帰されるとあって、日本でも大きな話題となりました。

 

 

そこで今回は「心変わり」についてもう一度おさらいし、日本版の遊戯王(OCG)でも制限復帰が可能なのかについて考えていきたいと思います。

 

「心変わり」について軽くおさらい!!

心変わり(vol.5)

 

 

まず初めに「心変わり」がどんなカードで、なぜ禁止カードとなったのかについておさらいしていきます。

 

 

「心変わり」とは、相手フィールドのモンスター1体のコントロールをエンドフェイズまで得るという効果を持つ通常魔法カードです。

 

 

 

極めてシンプルなコントロール奪取効果であり、エンドフェイズにコントロールが戻るという時間制限がついている以外にはコスト・デメリット・用途の制限も一切ありません。

 

 

『選択して発動する』という旧テキストは今でいう『対象として発動する』ですので、対象耐性を持つモンスターや魔法カードの効果を受けないといった一部の耐性効果を持つモンスターのコントロールは奪えません。

 

 

攻撃も効果の使用も可能なので、相手のエースや切り札級のモンスターを奪えれば高い打点や強力な効果をこちらが利用することで形勢をひっくり返すことも狙えます。

 

 

またエンドフェイズにはコントロールが戻るため、コントロールを奪ったモンスターは自分のターン中にリリースやコストにしたり各種召喚方法の素材として使ってしまえば、結果的に相手モンスターを処理しつつも自分はアドバンテージを稼げます。

 

 

次に「心変わり」がなぜ禁止カードになったのかですが、何のコストもデメリットも無いコントロール奪取がシンプルに強すぎたためです。

 

 

「心変わり」が登場した当時は、劣勢時に相手の切り札やエースモンスターのコントロールを奪って攻勢に出るだけで逆転勝利してしまうというようなこともありました。

 

 

特に当時は耐性効果や妨害効果を持つモンスターもほとんどいなかったこともあり、「心変わり」1枚で形勢が逆転してしまうこと自体がそう珍しいものではありませんでした。

 

 

加えて用途などに制限が一切なかったのも大きく、召喚法が多くなかった当時でさえ上級モンスターをアドバンス召喚するためのリリース素材や「神秘の中華なべ」のコストとして使うことができました。

 

 

苦労して出した切り札が「心変わり」で簡単にコントロールを奪われてしまうことに傷付くプレイヤーも多く、1枚で戦況を変えてしまえるというのはカードパワーが高過ぎるということもあり、禁止カード制度が導入されたその時に「心変わり」は禁止カード化となりました。

 

 

海外で制限復帰した「心変わり」が日本で復帰する可能性は?


 

 

OCGでの制限復帰できるか考えるにあたり、TCG「心変わり」制限復帰された理由について考えていきたいと思います。

 

 

最も大きな理由は規制された当時との環境の違いかと思います。

 

 

現在は「心変わり」でコントロールを奪えない対象耐性を持つモンスターも多く存在しますし、少ない消費から切り札級のモンスターを出すコンボなどもあったりと、当時のような「心変わり」1枚だけで一気に逆転勝利というようなことは簡単ではなくなっています。

 

 

しかし「心変わり」が規制された当時は無かったほとんどのモンスターを素材にできるリンク召喚の存在もあって、コントロール奪取によって得られるメリットも増えているというのが現状です。

 

 

またTCGでは「心変わり」と同じく強力なコントロール奪取カードである「強奪」2015年に制限復帰したものの、そのカードパワーの高さ故に制限復帰してから僅か3か月後には禁止カードに逆戻りしたという過去もあります。

 

 

同じく「心変わり」の完全下位互換である「精神操作」TCGでは現在制限カードですので、今回の「心変わり」の制限復帰に対して不安は大きいです。

 

 

このことを踏まえてOCGで「心変わり」制限復帰できるかですが、個人的には可能性はかなり低いと思います。

 

 

実はOCGにおいて「心変わり」は一度制限復帰していたことがあるのですが、「心変わり」の完全下位互換である「洗脳-ブレインコントロール」の登場に合わせて再び禁止カードになっています。

 

その「洗脳-ブレインコントロール」も登場して2年ほどで制限カード化し、その3年後には禁止カード化しています。

 

それから更に6年以上の歳月を経て、コントロール奪取できるモンスターに厳しい縛りを付けるという形でエラッタされたことでようやく今では制限解除されています。

 

 

禁止カード化した当時と比べれば今の方が「心変わり」への対策を取るのは簡単となりましたし、自分のターンでのコントロール奪取はあくまでも切り返し用となるため先攻1ターン目では腐ること、高速化した昨今では重視されることが多くなった相手ターンの展開妨害にも使えないことなど、現在の環境からすれば短所と言える要素も確かにあります。

 

 

しかし、エースや切り札となるモンスターが奪われれば大打撃となるのは現在でも変わっていませんし、大抵のモンスターを素材として処理できるリンク召喚ひいては強力な効果を持った汎用リンクモンスターの存在もあります。

 

 

加えて完全下位互換である「精神操作」と違い「心変わり」でコントロールを奪ったモンスターは打点としても使えるため、相手の高攻撃力モンスターを奪うことでそのターン中にデュエルを決めに行くことも狙える他、打点と使用した後にメインフェイズ2でリンク素材などとして処理するということも出来る点はやはり強力です。

 

 

このように現環境において「心変わり」は短所も長所も増えたカードと言うことができ、両方を総合すると「心変わり」持つ危険度は禁止カード化した当時とそこまで大きく変わっていないような気もします。

 

まとめ!

 

海外の遊戯王であるTCGで「心変わり」が制限復帰しましたが、やはり、現環境では召喚方法も増えてきていることもあり、「遊戯王OCGでの復帰はほぼない」と断言できるかと思います。

 

もちろん、エラッタで帰ってくる可能性は0ではありませんが、やはり、登場当時でも強力な魔法カードだった上に、現環境でコストも無しに相手のモンスターを奪えるのは、シンプルに強力です。

 

遊戯王TCGで復帰した「心変わり」が今後、復帰して留まるのか、再び禁止カードに戻ってしまうのかが、個人的に見どころだと思うところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください