新規「古代の機械(アンティーク・ギア)」デッキレシピと回し方を紹介!!リンクモンスターででワンキル力が向上!!




20191123日に発売予定のリンクヴレインズパック3にて「アンティーク・ギア」テーマに新規でリンクモンスターが追加されることが判明しました。

そこで今回は新規リンクモンスター「古代の機械弩士」を採用した新たな「古代の機械」デッキレシピを紹介していきます。

新規リンクモンスター登場で強化された「古代の機械」デッキレシピの紹介!!

モンスターカード

「古代の機械猟犬」×3

「古代の機械飛竜」×3

「古代の機械素体」×2

「古代の歯車機械」×2

「古代の機械箱」×1

「古代の機械巨人」×2

「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」×1

「古代の機械熱核竜」×2

「ワンショット・ブースター」×2

「無限起動ロックアンカー」×2

魔法カード

「古代の機械融合」×2

「歯車街」×2

「古代の機械射出機」×3

「古代の機械要塞」×2

「古代の機械城」×1

「オーバーロード・フュージョン」×1

「パワー・ボンド」×1

「リミッター解除」×3

「ダブル・サイクロン」×1

罠カード

「古代の機械蘇生」×2

「おジャマ・トリオ」×2

「競闘-クロス・ディメンション」×1

エクストラデッキ

「古代の機械弩士」×2

「古代の機械混沌巨人」×2

「古代の機械超巨人」×2

「古代の機械究極巨人」×2

「古代の機械魔神」×3

「ギアギガントx」×1

「ヴァレルロード・ドラゴン」×1

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」×1

「ミセス・レディエント」×1

「古代の機械」デッキの回し方と戦術を紹介!!

古代の機械巨人

まず主なデッキコンセプトとしては、「古代の機械巨人」を筆頭にした強力なエースモンスターでビートダウンを行っていくことです。

貫通効果や攻撃時に相手の魔法・罠カードの発動を封じる効果を持っているものも多いため、比較的安全に攻撃を通すことが出来るのも魅力です。

古代の機械巨人-アルティメット・パウンド

デッキのキーでもある「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」は特殊召喚ができないため、アドバンス召喚以外の方法で出すには一部のサポートカードによる『召喚条件を無視して特殊召喚』狙う必要がある点には気を付けましょう。

古代の機械飛竜

デッキの回し方ですが、「古代の機械」デッキはモンスター効果による展開を得意としておらず、サーチ効果も「古代の機械飛竜」「古代の機械箱」(発動条件が限られる)くらいしかありません。

古代の機械射出機

その点を補うのが魔法・罠カードであり、「歯車街」「古代の機械射出機」を駆使することで「古代の機械」モンスターのリクルートなどを行い、そこで「古代の機械巨人」「古代の機械熱核竜」で総打点を上げたり「古代の機械飛竜」を出してアドバンテージの獲得も狙えます。

古代の機械弩士

リンク・効果モンスターリンク2/地属性/機械族/攻1500

【リンクマーカー:右/左下】

機械族・地属性モンスター2体

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「アンティーク・ギア」モンスター1体または「歯車街」1枚を手札に加える。

(2):自分フィールドの魔法・罠カード1枚と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のカードを破壊し、その相手モンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで0にする。

新規リンクモンスターの「古代の機械弩士」「アンティーク・ギア」モンスターまたは「歯車街」のサーチ、自分の魔法・罠カードを破壊して相手モンスター1体の弱体化を行えます。

ワンショット・ブースター

前述もした通り「古代の機械」モンスターだけでリンク召喚を狙うのはハードルが高いので、今回のデッキレシピでは「ワンショット・ブースター」「無限起動ロックアンカー」を採用してリンク召喚しやすくしました。

古代の機械熱核竜

効果自体は文句無しに強力であり、1の効果で「歯車街」をサーチして2の効果で発動した「歯車街」を破壊して「古代の機械熱核竜」をリクルートすれば3000ダメージを与えることが視野に入ります。

「古代の機械弩士」を使った戦術を紹介!!

無限起動ロックアンカー

新規カードの「古代の機械弩士」を使用した戦術例を紹介します。

手札に「無限起動ロックアンカー」+「古代の機械飛竜」の2枚があれば出来るコンボです。

古代の機械飛竜

「無限起動ロックアンカー」を召喚しその効果により手札の「古代の機械飛竜」を特殊召喚→

「古代の機械飛竜」の効果で「古代の機械箱」をサーチ→

「古代の機械箱」の効果で「古代の機械素体」をサーチ→

「無限起動ロックアンカー」「古代の機械飛竜」「古代の機械弩士」をリンク召喚→

歯車街

「古代の機械弩士」1の効果により「歯車街」をサーチ→「歯車街」を発動→「古代の機械弩士」2の効果で「歯車街」を破壊して相手モンスター1体の攻守を0にする→

破壊された「歯車街」の効果により「古代の機械猟犬」をリクルート→

古代の機械超巨人

「古代の機械猟犬」の効果によってフィールドの自身と手札の「古代の機械箱」「古代の機械素体」3体で「古代の機械超巨人」を融合召喚が出来ます。

「古代の機械弩士」でモンスターを弱体化させ、「古代の機械超巨人」で攻撃することで3300の戦闘ダメージを与えられます。

リミッター解除

手札に「リミッター解除」があるなら「歯車街」の効果でリクルートするのは「古代の機械熱核竜」にし、「リミッター解除」で攻撃力を倍化した「古代の機械熱核竜」「古代の機械弩士」で攻撃することで最大9000ダメージを狙えるのでワンキル圏内です。

古代の機械混沌巨人

また「古代の機械弩士」も融合素材にして「古代の機械混沌巨人」を融合召喚すれば、攻撃力1500「古代の機械弩士」を棒立ちさせずに済む上に相手のフィールド次第ではワンキルも狙えます。

古代の機械融合

仮にこれが先攻1ターン目であれば、「古代の機械飛竜」でサーチするのを「古代の機械融合」にして「古代の機械弩士」の効果でサーチするのを「古代の機械箱」に変更すると良いです。これによって「古代の機械箱」「古代の機械素体」も併せてサーチし、「古代の機械融合」を使えば「古代の機械素体」を手札に温存しつつ「古代の機械弩士」「古代の機械箱」「古代の機械魔神」の融合召喚ができます。

スポンサーリンク

強化された「古代の機械」デッキについてのまとめ!!

「古代の機械弩士」2つの優秀な効果によって「古代の機械」デッキの回転もしくは展開力を向上させつつも相手モンスターを弱体化することで相手のライフを大幅に削ることも狙えるため、デュエルを有利に進める上では重宝することになるかと思います。

攻撃力3000以上を用意に出せたり攻撃時の魔法・罠カード封じに貫通効果等々「古代の機械」デッキのエースや切り札は昨今でも依然として強力なので、今回の強化を機に「古代の機械」デッキに関心を持ってみても良いでしょう。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS PACK 3 BOX