【化合獣デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!新規カードで強化されたデュアルテーマ!

2021417日に発売予定の基本パック、ドーン・オブ・マジェスティにて「化合獣」テーマに新規カードが加わることが判明しました。

そこで今回は、新規カードによって強化された「化合獣」デッキレシピやその回し方等を紹介していきたいと思います。

【化合獣デッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「化合獣オキシン・オックス」×3

「化合獣カーボン・クラブ」×3

「化合獣ハイドロン・ホーク」×3

「進化合獣ダイオーキシン」×2

「進化合獣ヒュードラゴン」×2

「デュアル・ソルジャー」×1

「エヴォルテクター エヴェック」×2

「真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン」×1

「ダークストーム・ドラゴン」×1

「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」×2

魔法カード

「二量合成」×3

「化合電界」×3

「闇の量産工場」×1

「テラ・フォーミング」×1

「龍の鏡」×2

「スーペルヴィス」×3

「死者蘇生」×1

罠カード

「完全燃焼」×3

「デュアル・アブレーション」×3

エクストラデッキ

「超合魔獣ラプテノス」×1

「始祖竜ワイアーム」×1

「餅カエル」×1

「神騎セイントレア」×1

「超化合獣メタン・ハイド」×1

「宵星の機神ディンギルス」×1

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」×1

「銀河眼の光波竜」×1

「ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン」×1

「銀河眼の光波刃竜」×1

「銀河眼の極光波竜」×1

「天霆號アーゼウス」×1

「転生炎獣アルミラージ」×1

IPマスカレーナ」×1

「天威の龍拳聖」×1

「化合獣」デッキの回し方を紹介!

デッキのコンセプトですが、デュアルモンスターである「化合獣」モンスターに各種サポートカードを併せることでその効果を使って勝利を目指していくというものです。

今回紹介したデッキレシピはデッキの回しやすさに重きを置いた構築にしましたが、手札誘発モンスター等を採用したいという場合は実際に使ってみて使用頻度が少ないカードと入れ替えてみると良いでしょう。

デッキの回し方ですが、まずはデッキを動かすためのキーカードを使っていきます。

デュアルモンスターはその特性から普通に召喚しただけでは通常モンスター扱いですので、効果を使うためには再度召喚を行う必要があります。

そうなると当然1ターンに1度の通常召喚権だけでは足りなくなるため、各種サポートカードを駆使することが肝要です。

化合電界
サポートカードの中でも特に優秀なのがフィールド魔法「化合電界」です。レベル5以上のモンスターをリリースなしで召喚できるようになるだけでなく通常召喚に加えて1度デュアルモンスターを1体を召喚できるという、正にデュアルモンスターにとっては至れり尽くせりな効果を持っています。

スーペルヴィス

他のデュアルモンスターサポートカードとしては、装備することでデュアルモンスターを再度召喚した状態にする装備魔法「スーペルヴィス」や、自分・相手のメインフェイズに手札コスト1枚を払うことでデッキからデュアルモンスター1体を再度召喚した状態で特殊召喚できる永続罠「デュアル・アブレーション」は重宝します。

上記のサポートカードを使うことでデュアルモンスターを再度召喚した状態にし、効果を使うことでアドバンテージ獲得や展開を行っていきます。

化合獣オキシン・オックス

「化合獣オキシン・オックス」は手札からデュアルモンスターを特殊召喚してレベルを統一する効果を持つため、レベル8のデュアルモンスターを特殊召喚すればランク8エクシーズに繋げていけます。

化合獣カーボン・クラブ

「化合獣カーボン・クラブ」は墓地肥やしとサーチの両方が出来ますし、「化合獣ハイドロン・ホーク」の蘇生効果は手札コストにしたモンスターを蘇生して実質的に手札から特殊召喚する運用も出来ます。

完全燃焼

展開手段としては専用サポートカードの「完全燃焼」もあります。自分フィールドの「化合獣」モンスター1体を除外することでデッキからカード名の異なる「化合獣」モンスター2体を特殊召喚出来るため、レベル8の「化合獣」モンスター2体をリクルートすればランク8エクシーズへ繋げられるでしょう。

二量合成
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「化合電界」1枚を手札に加える。
●デッキから「完全燃焼」1枚と「化合獣」モンスター1体を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、もう1度召喚された状態のデュアルモンスターを含む
自分フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、対象のモンスター1体の攻撃力を0にし、
その元々の攻撃力分もう1体の攻撃力をアップする。

新規カード「二量合成」「化合電界」のサーチ・「完全燃焼」「化合獣」モンスターのサーチのどちらかを出来ます。

キーカードである「化合電界」を引き込む手段として使えるのはもちろん、「完全燃焼」と「化合獣」モンスターをサーチすれば12交換により優秀なハンドアドバンテージ稼ぎになるのも魅力的です。

真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン

また「二量合成」の墓地で発動する効果は「真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモン」等と相性が良いため、状況次第では一気に有利な状況に持ち込めるでしょう。

龍の鏡

展開したモンスターを使ってランク2やランク8のエクシーズモンスターを出したり、「龍の鏡」を使って融合モンスターを出したり、あるいはリンクモンスターを出していくことでバトルで相手のライフを削っていけます。

「化合獣」デッキの展開例を紹介!

化合電界

具体的な展開例を1つ紹介します。

後攻ターン以降であることを前提とし、手札に

「二量合成」+「スーペルヴィス」+「化合電界」(「テラ・フォーミング」でも可)

3枚がある場合に出来るコンボです。

化合獣カーボン・クラブ

「二量合成」を発動してデッキから「完全燃焼」「化合獣カーボン・クラブ」をサーチ→

「化合獣カーボン・クラブ」を通常召喚→

「化合獣カーボン・クラブ」「スーペルヴィス」を装備→

化合獣オキシン・オックス

「化合獣カーボン・クラブ」の効果によりデッキから「化合獣オキシン・オックス」を墓地へ送りレベル8のデュアルモンスター1体をサーチ→

転生炎獣アルミラージ

「化合獣カーボン・クラブ」を素材に「転生炎獣アルミラージ」をリンク召喚→

スーペルヴィス

墓地へ送られた「スーペルヴィス」の効果で墓地から「化合獣オキシン・オックス」を蘇生→「化合電界」を発動→

「化合電界」2の効果を使用して「化合獣オキシン・オックス」を再度召喚→

「化合獣オキシン・オックス」の効果で手札からレベル8のデュアルモンスターを特殊召喚して自身のレベルを8に変更→

レベル8のデュアルモンスターと「化合獣オキシン・オックス」を素材にランク8エクシーズモンスターをエクシーズ召喚→

「完全燃焼」をセットが出来ます。

状況に応じたランク8エクシーズモンスターを出すことで切り返しを図れますし、「転生炎獣アルミラージ」も並べられたことからランク8エクシーズモンスターに効果破壊耐性を付与することで次の相手ターン中の場持ちも向上できます。

進化合獣ヒュードラゴン

次の自分のターンに手札に「化合獣」モンスターがいたなら、通常召喚した「化合獣」モンスターをコストに「完全燃焼」を発動して「進化合獣ダイオーキシン」「進化合獣ヒュードラゴン」を展開してランク8エクシーズモンスターへ繋げられるでしょう。

【化合獣デッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!新規カードで強化されたデュアルテーマ!まとめ!

2021417日に発売予定の基本パック、ドーン・オブ・マジェスティで新規カードが加わり、強化された「化合獣」デッキの紹介と新規カードを使った展開例を今回は紹介させていただきました。

「二量合成」は「化合獣」テーマを大幅に強化してくれるカードであり、デュアル強化カードでもあります。

「化合獣」自体が汎用カードを多く入れなければ、比較的に安いかつ、今回の強化で強力なデッキを組むことができますので、安くて強いテーマを組みたい人には非常におすすめのテーマデッキです。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ DAWN OF MAJESTY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1725