「水晶機巧-ハリファイバー」が禁止から復帰する可能性を考察!今後戻ってこれる?個人的な願望は?

 

 

 

新しい規制改定の内容が先日発表され、20227月から適用される新リミットレギュレーションでは「水晶機巧-ハリファイバー」禁止カードになります。

 

そこで今回は「水晶機巧-ハリファイバー」が禁止カードとなった経緯や今後復帰するかどうかについて考えていきたいと思います。

 

「水晶機巧-ハリファイバー」が禁止になった経緯を軽くおさらい

 

 

 

御存知の方も多いかと思いますが、「水晶機巧-ハリファイバー」は非常に高い汎用性とコンボ性能を持つことが優秀なリンクモンスターです。

 

 

リンク召喚成功時にレベル3以下のチューナーをリクルートする効果を持っており、非チューナーを別に用意すればシンクロ召喚が出来るだけでなく、リクルートしたチューナーと自身を素材にリンク3モンスターをリンク召喚することも出来ます。

 

 

特に後者の使い方がされる機会が多く、「幻獣機アウローラドン」「神聖魔皇后セレーネ」といったリンク3モンスターを出すことにより、チューナーを含むモンスター2体から大量展開やリンク4へと繋げるという汎用性の高いコンボも広く認知されていました。

 

 

また「水晶機巧-ハリファイバー」は相手ターン中に自身を除外することでシンクロチューナーをシンクロ召喚扱いで特殊召喚する効果もあり、相手ターン中にシンクロ召喚できる効果に加えて墓地肥やしやドローが出来る「シューティング・ライザー・ドラゴン」「フォーミュラ・シンクロン」を合わせることでより大きなアドバンテージを稼げました。

 

 

以上のように「水晶機巧-ハリファイバー」は素材指定が緩い汎用リンクモンスターでありながらも高過ぎると言えるほどの汎用性とコンボ性が理由で、今回禁止カードになったのだと推察できます。

 

 

事実、少しでも相性が良いと思われる新規カードが登場する度に「水晶機巧-ハリファイバー」を使ったコンボならどのように活かせるか等が考案されていたため、優秀過ぎるが故に新規カードを使うよりも「水晶機巧-ハリファイバー」を使ったコンボの方が対応力が高かったりと、戦略を考える上での選択肢を狭めてしまうこともしばしばありました。

 

 

「水晶機巧-ハリファイバー」が禁止から復帰する可能性を考察!今後戻って来れる?


 

「水晶機巧-ハリファイバー」が復帰する可能性ですが、結論から申し上げますとこのままではかなり厳しいかと思います。

 

 

登場して以降の「水晶機巧-ハリファイバー」の活躍ぶりからも分かるように、「水晶機巧-ハリファイバー」のような汎用性とコンボ性が高いカードは、合わせるカードの選択肢が広がったり性能の高いカードが新たに増えるほどにその力を増していきます。

 

 

実際「水晶機巧-ハリファイバー」が登場してすぐの頃はルール変更に伴い弱体化したアクセルシンクロを行うシンクロデッキへの救済措置としての見方が強く、「水晶機巧-ハリファイバー」の展開力などが問題視されて制限カードになったのも強力なリンクモンスター等が増えた後のことでした。

 

 

昨今は特に顕著な気もしますが、環境全体がインフレしていくことによって1枚のカードが持つカードパワーは確実に上がっており、それら新規カードを使うことで可能となる強力なコンボや出張セットも増えています。

 

 

これらのことを踏まえると、「水晶機巧-ハリファイバー」はある程度の期間が経った後に復帰させようにも、カードプールの増加によってむしろ禁止カード化した時よりも性能が上がってしまうカードだと言えます。

 

 

復帰が厳しいのはあくまでも“このままでは”の話ですので、効果テキストの変更(エラッタ)がされれば「水晶機巧-ハリファイバー」が復帰する可能性はあるように思います。

 

 

具体的にどんなエラッタなら復帰できるのかについてですが、

 

『このカードはリンク素材にできない』

 

といった効果外テキスト、あるいはリクルート効果に

 

『この効果の発動後、自分はシンクロモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない』

 

といった制約は最低限必要になるかと思います。

 

汎用性を無くしても復帰することは出来ると思うので、素材指定を

 

『「クリストロン」モンスターを含むモンスター2体』

 

にしたり、リクルート先を「クリストロン」チューナーのみにしたりといった縛りを付けるなどして、「クリストロン」デッキで使えば強いもののそれ以外のデッキでは使い辛い性能にすれば復帰もあり得る話かと思います。

 

「水晶機巧-ハリファイバー」について個人的な願望は?まとめ!

 

汎用展開コンボのパーツとして使われ過ぎた今ではイメージが薄いかと思いますが、「水晶機巧-ハリファイバー」は「クリストロン」デッキの強化カードとしてもしっかり活躍できるリンクモンスターです。

 

 

汎用性などを考えれば「水晶機巧-ハリファイバー」禁止カード化は仕方ないことだったとはいえ、「砂漠の飛蝗賊」や「TG」テーマなど「水晶機巧-ハリファイバー」の存在を前提としているであろうカードやテーマもあったのでその点は残念に思います。

 

 

個人的な願望としては、「水晶機巧-ハリファイバー」はエラッタで弱体化したり「クリストロン」テーマ専用にしたりして帰ってきて欲しい所ではあります。

 

 

それまでに「TG」テーマには「水晶機巧-ハリファイバー」に代わる専用のリンク2モンスター等を追加して欲しい所ですが、今後どうなるかは未知数です。

 

「水晶機巧-ハリファイバー」についての別途関連記事はコチラ↓

https://kata0003.net/wp-admin/post.php?post=20946&action=edit

 

 

 


遊戯王OCGデュエルモンスターズ DARKWING BLAST BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す