遊戯王の汎用手札誘発モンスターを一覧で紹介!大会環境でも使える必須カード!!

 

 

 

遊戯王には様々なデッキに入るカードがあります。

 

大会で使われるカードから、どんなデッキにも入るカードまで多種多様に存在します。

 

相手の攻撃を止めるカードから相手の効果を無効に出来るカードまで存在する、手札誘発、汎用カードからデッキや環境によって採用の左右されるカード達を今回紹介させていただきます。

 

とりあえず、迷ったらこれを入れろ(思考停止)といえるカードから、デッキや環境によっては大きな力を発揮する手札誘発モンスターを紹介していきますので、デッキを組む際の参考になれば幸いです。

 

 

 

遊戯王のおすすめ汎用手札誘発モンスターを一覧で紹介!!

「灰流うらら」


遊戯王 第11期 SD44-JP014 灰流うらら

 チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

 

現役デュエリストなら、まず初めに思い浮かんだ手札誘発モンスターカードなのではないでしょうか?

 

デッキを触る効果を無効に出来るカードであり、現在の遊戯王では、ほとんどのデッキがサーチ手段などで、デッキを触る為、ほとんどのデッキに刺さる手札誘発モンスターです。

 

その汎用性故に採用率も、高めの手札誘発モンスターとなっております。

 

また、チューナー持ちのアンデット族である点も非常に使い勝手が良く、チューナとして使うことも可能です。

 

大会環境でも、トップレベルの汎用手札誘発モンスターということで、再録も多いカードではありますが、未だに高めの値段で取引されているカードです。

 

「幽鬼うさぎ」


【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 RC03-JP007 Ghost Ogre & Snow Rabbit 幽鬼うさぎ (ウルトラレア)

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、
またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのそのカードを破壊する。

 

「エフェクトヴェーラー」とは違い、効果自体を無効にはできませんが、永続魔法、フィールド魔法、永続罠カードに対して強く、サイキック族のレベル3なので「緊急テレポート」での特殊召喚に対応しています。

 

効果を無効に出来ない点は少々難点ではあるものの、レベル3・サイキック族である点は優秀であり、手札で腐りにくい点は優秀です。

 

 

「浮幽さくら」


遊戯王カード SHVI-JP040 浮幽さくら スーパーレア 遊戯王アーク・ファイブ [シャイニング・ビクトリーズ]

 

 チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
このカードを手札から捨てて発動できる。
自分のEXデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。
その後、相手のEXデッキを確認し、
選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合にこのカードを捨てることで効果を発動できる手札誘発モンスターです。

 

発動条件と自分と相手が同じエクストラデッキにモンスターを採用している必要がありますが、エクストラデッキによく使われるモンスターを採用しておけば、いざというときに相手の動きを大きく妨害することが出来ます。

 

デッキによってはこのカード1枚でコンボを停止させることも十分に可能です。

 

エクストラデッキを使わないテーマのエクストラデッキに汎用モンスターを採用しておいたり、サイドデッキに入れておくと思わぬところで活躍が見込める手札誘発モンスターです。

 

「屋敷わらし」


遊戯王 PAC1-JP017 屋敷わらし (日本語版 スーパーレア) PRISMATIC ART COLLECTION

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
●墓地からカードを手札・デッキ・EXデッキに加える効果
●墓地からモンスターを特殊召喚する効果
●墓地からカードを除外する効果

 

墓地に干渉するカードの効果が発動した時にこのカードを手札から捨てることで、その発動を無効にすることが出来ます。

 

相手の墓地を封じるモンスターとしては「Ⅾ・Ⅾクロウ」などが存在しますが、このカードは「墓穴の指名者」などの流行りの墓地妨害にも対応している利点があります。

 

また、このモンスターも「灰流うらら」と同様にアンデット族のチューナーモンスターであることから、アンデット族テーマとの相性が良い点もこのカードの長所です。

 

「儚無みずき」


【イラスト違い】遊戯王 PAC1-JP018 儚無みずき (日本語版 シークレットレア) PRISMATIC ART COLLECTION

チューナー・効果モンスター
星3/水属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がメインフェイズ及びバトルフェイズに効果モンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。
この効果で自分のLPが回復しなかった場合、エンドフェイズに自分のLPは半分になる。

 

相手がモンスターを特殊召喚する度に回復しますので、相手のデッキの展開力次第では削り切るのがかなり難しくなるほどの膨大な回復も見込めます。

 

こちらの大量回復を嫌って相手が展開を抑えるのであれば、それはそれで展開への抑制として成功していると言えます。

 

この効果で自分が回復できなかった場合エンドフェイズに自分のライフは半分になるというデメリットがあるので、確実に回復するためには相手の特殊召喚効果にこのカードの効果をチェーン発動するというのが無難です。

 

ただ、敢えて相手が特殊召喚や特殊召喚効果を使う前にこのカードを発動しておき、相手にこのデメリットを知らせることで、エンドフェイズにライフを半分にする代わりに相手の特殊召喚を抑えるという運用も可能ではあります。

 

防御手段としては「バトルフェーダー」、相手の特殊召喚の抑制としては「増殖するGの方が優れているとも言えますが、上記の運用法をしたり数少ないライフ回復が出来る手札誘発モンスターとしての利用も検討出来ます。

 

 

「朔夜しぐれ」


【3枚セット】遊戯王 PAC1-JP035 朔夜しぐれ (日本語版 ウルトラレア) PRISMATIC ART COLLECTION

チューナー・効果モンスター
星3/風属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターを表側表示で特殊召喚した場合、
このカードを手札から捨て、その表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果はターン終了時まで無効化され、
このターン中に対象の表側表示モンスターがフィールドから離れた場合、
そのコントローラーは対象のモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。

 

 

相手モンスターの効果を無効化することが相手の行動妨害に繋がるのはもちろん、このカードは効果を無効にしたモンスターがフィールドを離れた場合にダメージを与えられるため、更なる召喚方法の素材にすることを前提とした低リンクモンスターなどの展開の中継点に対してこのカードを使えれば、その後の展開を抑制できます。

 

 

ただし

 

あくまでもモンスターの特殊召喚成功時にしか使えないため、既にフィールドにいるモンスターや通常召喚したモンスターに使えない点は要注意です。

 

 

相手ターン中の妨害力として使えるだけでなく、このカードは条件さえ満たせれば自分のターン中でも使えることや、フリーチェーンで使える除去効果と併せることで大量のバーンを狙う等といった使い方も視野に入ります。

 

「増殖するG」


遊戯王OCG 増殖するG ノーマル SR03-JP020 遊☆戯☆王ARC-V [STRUCTURE DECK R -機械竜叛乱-]

 効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

 

手札からこのカードを捨てることで、相手が特殊召喚する度に1ドローすることができます。

 

このカードも「灰流うらら」同様に、高い採用率を誇るカードで、相手の特殊召喚する効果をもつカードを発動した時に、このカードを手札から捨てることで、確実に1ドローすることが可能です。

 

相手がこのカードを発動した後に、展開を止めてしまうことで、ドローが出来なくなる可能性もありますが、その場合は1ターン相手の動きを抑制出来たと考えてもいいでしょう。

 

特殊召喚を主体にしているテーマに対しては、非常に有効な1枚でありますが、その反面、特殊召喚をしないテーマデッキに対しては腐ってしまう可能性も高い一面もあります。

 

また、ドロー効果は強制効果である為、デッキが少ない時にこのカードを使用したり、相手場に「ギガンティック・ファイター」、自分フィールドに「ギガンティック・ファイター」よりも攻撃力の高いカードが存在する場合に無限ループが発生してしまう危険性もあります。

 

相手の「ギガンティック・ファイター」で自身の攻撃力よりも高いモンスターに攻撃→

 

戦闘破壊された「ギガンティック・ファイター」を効果で蘇生。「増殖するG」の効果で1ドロー→

 

「ギガンティック・ファイター」で自身の攻撃力よりも高いモンスターに攻撃→

 

以下、無限ループ発生

 

と自身のデッキが無くなるまでドローさせられてしまうコンボも存在しますので、豆知識にはなりますが、相手が「ギガンティック・ファイター」をデッキに採用している場合は注意が必要です。

 

「応戦するG」


遊戯王/プロモーション/18SP-JP203 応戦するG

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
(1):モンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを相手が発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の
昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

 

相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に手札から特殊召喚することができるモンスターです。

 

召喚条件は相手依存ではあるものの、モンスターを特殊召喚する魔法カードを使用するテーマは多く、特殊召喚の条件が満たしやすい点と、特殊召喚に成功すれば「マクロコスモス」状態となり、墓地に送られるカードを除外することが出来ます。

 

墓地に送られるカードを除外するだけであれば、「マクロコスモス」などのカードの方が使いやすい面がありますが、手札誘発であり、奇襲性の高い点やフィールドから墓地に送られた時に1500以下の昆虫族・地属性をデッキからサーチできるので、「増殖するG」をサーチし、そのまま手札に加えることで、更に相手の動きを牽制することができるのが、このカードの利点です。

 

「対峙するG」


遊戯王カード 対峙するG(ノーマル) インフィニティ・チェイサーズ(DBIC) | 効果モンスター 地属性 昆虫族

効果モンスター
星5/地属性/昆虫族/攻1100/守2500
(1):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
このカードを対象とするモンスターの効果を受けない。

 

相手がエクストラデッキから特殊召喚した際に特殊召喚出来るモンスターで、エクストラデッキに依存するデッキがほとんどの現環境では腐ることが少ないモンスターである一方で、エクストラデッキを使わないテーマに対しては、腐ってしまう可能性があるモンスターです。

 

攻撃を防ぐだけなら、「バトルフェーダー」「冥府の使者・ゴーズ」の方が、防ぐ手段として防御力が高いのです。

 

このカードの利点は、昆虫族という点やレベル5主体のデッキへの採用が見込める点・守備力が意外と高くこのカードを対象とする、相手のモンスター効果を受けない点などが、他の防御モンスターにはない利点となっております。

 

「エフェクト・ヴェーラー」


遊戯王カード エフェクト・ヴェーラー(ノーマル) アルバ・ストライク SD43-JP018

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

 

このカードを手札から捨てることで、相手フィールドの表側表示で存在する効果モンスター1体を対象にし、効果をエンドフェイズ時まで、無効にする効果を持っています。

 

このカード1枚で相手のキーカードとなるモンスターの効果を止めることが出来るので、相手の動きを妨害するのに役に立つ1枚です。

 

先攻1ターン目に使うことを考えた際に、同じく手札から発動できる「無限泡影」が競合となりますが、このカードの利点は

 

・レベル1チューナー

・魔法使い族

・光属性

・攻撃力0

 

と恵まれたステータスを持っており、効果無効以外にもレベル1チューナとして使用したり、レベル1サポートカードの恩恵を受けることができ、差別化が図れます。

 

「Ⅾ・Ⅾクロウ」


遊戯王 第11期 SR11-JP022 D.D.クロウ

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):このカードを手札から墓地へ捨て、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

手札から墓地に送ることで、相手の墓地のカードを除外できるモンスターで、相手が墓地のカードを対象に効果を発動した際にピンポイントで相手カードを除外し、妨害しに行けます。

 

競合としては、採用率が高く、「灰流うらら」などの手札誘発を無効にできる「墓穴の指名者」が存在しますが、

 

・レベル1

・鳥獣族・闇属性

・「墓穴の指名者」では除外できない、魔法・罠カードに対応している

 

という利点から「墓穴の指名者」とは差別化を図ることができます。

 

カード1枚の除外なので、相手の墓地に送る速度の早いテーマデッキに対しては、アドバンテージを取りにくい部分はありますが、「死者蘇生」などピンポイントで墓地のモンスターを対象にした際に、このカードを手札から捨てることで、相手の不意をつくには十分な性能を持っているモンスターです。

 

闇属性モンスターなので、カオスモンスターのコストにしたり、「ハーピィ・レディ」デッキに採用しておくことで、使い終わったこのモンスターを「ダーク・シムルグ」の特殊召喚コストにするといった運用もできます。

 

「スカルマイスター」


遊戯王カード 【スカル・マイスター】 EXP4-JP022-R 《 エクストラパックVol.4 》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。

 

相手の墓地で発動する魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時にこのカードを手札から墓地に送ることでその効果を無効にすることができます。

 

最近のテーマデッキには墓地で発動する魔法・罠・モンスターカードが増えてきており、このカードが腐りにくくなってきています。

 

仮に手札で腐ってしまったとしても、攻撃力1700の準アタッカーとして運用することも出来る点やレベル4エクシーズ素材にするなどに使える点も優秀です。

 

このカードを使用する際は、効果の最終チェーンブロックしか無効に出来ない為、発動の見極めが重要になります。

 

「ドロール&ロックバード」


遊戯王 PAC1-JP026 ドロール&ロックバード (日本語版 スーパーレア) PRISMATIC ART COLLECTION

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

効果発動が相手がデッキからカードを手札に加えた場合に手札からの発動になるので、1回目のサーチは防ぐことができない点は難点ですが、相手のデッキを事前に把握しておくことで、その後のデッキの回転を止めることができます。

 

最近の環境では、1ターンに数回サーチすることも珍しくはない為、デッキによってはこのカード1枚でその後の展開をストップさせることも十分可能です。

 

また、レベル1モンスターなので「ワンチャン」などでサーチできる点もこのカードの利点です。

 

「アーティファクトーロンギヌス」


【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 SR12-JP013 Artifact Lancea アーティファクト-ロンギヌス (ノーマル・パラレル)

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1700/守2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが
相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):相手ターンに、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
このターン、お互いにカードを除外できない。

 

手札または自分フィールドのこのカードをリリースすることで、このターンお互いにカードを除外出来なくするモンスターです。

 

最近のテーマデッキには「墓地のこのカードを除外して発動する」効果を持つカードも増えてきており、このカードの効果を事前に発動しておくことで相手の動きを妨害することが可能です。

 

また、相手の「墓穴の指名者」などを防ぐ役割がある点もあり、相手ターンのみの運用にはなるものの、「墓穴の指名者」メタとしての運用もできます。

 

「ジュラケド」


遊戯王 DP24-JP009 ジュラゲド (日本語版 ノーマル) デュエリストパック -冥闇のデュエリスト編-

 効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のバトルステップに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分は1000LP回復する。
(2):このカードをリリースし、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を次のターンの終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

自分・相手のバトルステップ時に手札からこのカードを特殊召喚し、自分は1000ライフポイント回復出来る効果。

 

このカードをリリースすることで自分フィールドの表側表示のモンスターの攻撃力を次のターン終了時まで1000ポイントアップすることができます。

 

バトルフェイズ時に奇襲をかけることのできるモンスターで、攻撃力が1000アップと上昇率も高いですが、1つ目の効果で特殊召喚し、リンク素材にしたりと特殊召喚しやすいレベル4モンスターとしても役に立ちます。

 

闇属性・レベル4というステータスにも恵まれているのも、このカードの利点です。

 

 

「バトルフェーダー」


遊戯王カード 20AP-JP073 バトルフェーダー(ノーマルパラレル)遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

 

相手の直接攻撃宣言時に手札からこのカードを特殊召喚することで、相手のバトルフェイズを強制終了させることが出来ます。

 

相手が大量展開してきた時や、相手のモンスターの攻撃力が大幅に上昇した時の直接攻撃にこのカードを特殊召喚することで、相手の1キルを防ぐことができます。

 

特殊召喚メタに弱い点や、このカード自体に盤面を覆す効果がない点は欠点だったり、「サイバー・ドラゴン」「ダイナレスラー・パンクトラトプス」など、フィールドにモンスターがいない方が有利なモンスターとの相性は悪い点は欠点になります。

 

しかし、レベル1である点や相手の不意を付き、次のターンにこのカードをリンク素材やリリース素材にするなどの運用が出来る点は長所です。

 

「速攻のかかし」


遊戯王カード DS14-JPM13 速攻のかかし ウルトラ / 遊戯王ゼアル [デュエリストセット Ver.マシンギア・トルーパーズ]

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 0/守 0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。

 

「バトルフェーダー」と効果が似ており、「攻撃を無効にし、バトルフェイズを終了させる」効果を持っていますが、こちらはフィールドへの特殊召喚ではなく、手札から捨てることでバトルフェイズを終了させます。

 

「バトルフェーダー」にない利点としては、フィールドに特殊召喚しない点であり、フィールドにモンスターを出したくないテーマデッキや特殊召喚を封じられた際でも効果が使える点で差別化が図れます。

 

また、墓地に捨てたこのカードをサルベージし、再利用したり、「ジャンク・シンクロン」などで蘇生することで、シンクロ召喚やリンク召喚に繋げることができます。

 

「バトルフェーダー」とは、自分のデッキとの相性や環境によって使い分けるといいでしょう。

 

「冥府の使者ゴーズ」


遊戯王カード 冥府の使者ゴーズ / ジャンプコミックス(YR03)

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2700/守2500
自分フィールド上にカードが存在しない場合、
相手がコントロールするカードによってダメージを受けた時、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、受けたダメージの種類により以下の効果を発動する。
●戦闘ダメージの場合、自分フィールド上に「冥府の使者カイエントークン」
(天使族・光・星7・攻/守?)を1体特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この時受けた戦闘ダメージと同じ数値になる。
●カードの効果によるダメージの場合、
受けたダメージと同じダメージを相手ライフに与える。

 

 

自分フィールドにカードが存在しない場合のみ、手札から特殊召喚効果を発動できる限定効果を持つモンスターです。

 

性質上、盤面が揃った後半では腐りやすいですが、自身がダメージを受けた際に特殊召喚でき、

 

・戦闘ダメージの場合、そのダメージ分の攻撃力・守備力を持つカイエントークン1体を特殊召喚

・効果ダメージの場合、受けたダメージ分を相手に与える

 

ことが出来ます。

 

効果発動には一旦ダメージを受ける必要がありますが、場合によっては攻撃力の高いトークンを出したり、相手に大ダメージを与えることが出来ます。

 

レベル7・闇属性なので、手札で腐ってしまった場合は「闇の誘惑」や「七星の宝刀」のコストにすると良いでしょう。

 

「トラゴエディア」


遊戯王 SD38-JP012 トラゴエディア (日本語版 ノーマル) STRUCTURE DECK - 混沌の三幻魔 -

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
(1):自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の数×600アップする。
(3):1ターンに1度、手札からモンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターと同じレベルの相手フィールドの
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールを得る。
(4):1ターンに1度、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
このカードのレベルはターン終了時までそのモンスターと同じになる。

 

「冥府の使者ゴーズ」と異なり、戦闘ダメージを受けた時限定ですが、場にカードが存在しても特殊召喚出来ます。

 

攻撃力・守備力が手札の枚数×600ポイントアップする効果は汎用手札誘発である「増殖するG」と相性が良いです。

 

このカードをアタッカーとして運用するのであれば、最低でも手札4枚は欲しいところです。

 

3つ目の効果であるコントロール奪取効果は手札1枚を捨てることで、捨てたカードと同じレベルのモンスターのコントロールを永続的に得ることが出来ますが、エクシーズモンスター・リンクモンスターを対象に取れない部分が難点ではあります。

 

しかし、永続的にコントロールを奪える点は嬉しいところです。

 

4つ目の効果で、墓地の自分のモンスターを対象に、ターン終了時まで、そのモンスターと同じレベルになることが出来るので、エクシーズ召喚を狙う際や、シンクロ召喚を狙う際のレベル調整としても使えます。

 

「原始生命態ニビル」


遊戯王 第11期 SR12-JP021 原始生命態ニビル【ノーマルパラレル】

効果モンスター
星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が5体以上のモンスターを召喚・特殊召喚したターンのメインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドの表側表示モンスターを可能な限りリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。
その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

昨今では1ターン中に5体以上のモンスターを召喚・特殊召喚できるデッキも増えてきており、このカードはそういった大量展開への対策カードとして利用できます。

 

 

相手が展開したモンスターを全てリリースすることで構築した盤面をリセットできるため、展開コンボに待ったをかけられるカードとも言えます。

 

 

このカードの効果の発動はチェーンブロックを作るため、相手の制圧盤面構築を未然に防ぐために使うのであれば、相手がモンスター効果の発動を無効にできるようなモンスターを出す前にこのカードを使いたい所です。

 

 

このカードの効果で相手フィールドに生成したトークンは場合によってはかなり高い攻守となり、そのステータスや各種召喚方法の素材として相手に利用される危険性があるため、手早く除去効果などで処理すると良いでしょう。

 

 

「ディメンション・アトラクター」


遊戯王カード ディメンション・アトラクター(ノーマル) 宝玉の伝説(SD44) | ストラクチャーデッキ 効果モンスター 闇属性 魔法使い族 ノーマル

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

発動してから次のターン終了時まで「マクロコスモス」効果を適用できるため、墓地肥やしなどの墓地利用だけでなく墓地へ送って発動できる効果も防ぐことが狙えます。

 

 

自分の墓地にカードが存在しない場合という発動条件の都合上、使えるのはデュエル開始最序盤と利用できるタイミングがかなり限られますが、相手のデッキ次第では何も出来なくなるということも十分あり得るほどの影響力を発揮します。

 

 

影響は自分にもあるため、自分は出来るだけ墓地を利用しないデッキや墓地を利用せずに展開する方法があるデッキ等を使った方が良いでしょう。

 

 

「ノーマテリア」


遊戯王 EP19-JP061 ノーマテリア (日本語版 レア) EXTRA PACK 2019

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 0/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。

 

相手の特殊召喚をトリガーとして、このターン相手モンスター1体をリリースや融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚の素材に出来なくする効果があります。

 

 

自分フィールドにカードが存在しないという発動条件や効果内容の都合上相手の先攻1ターン目に使うのが基本であり、各種召喚方法の素材として出す展開要員などを対象にすれば相手のコンボを止めることが狙えます。

 

 

特殊召喚をトリガーとするものの特殊召喚されたモンスター以外を対象にすることもでき、このカードを使うタイミング次第では相手の展開を止めるだけでなく低ステータスモンスターを棒立ちさせることも狙えます。

 

 

決まれば強い一方で相手の先攻1ターン目以外では腐ってしまうという点がどうしてもネックとなるため、採用を検討する上でも悩ましいカードではあります。

 

 

「古聖戴サウラヴィス」


遊戯王 LVP3-JP025 古聖戴サウラヴィス (レア 日本語版) リンク・ヴレインズ・パック3

儀式・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2800
「精霊の祝福」により降臨。
(1):自分フィールドのモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
(2):相手がモンスターを特殊召喚する際に、
フィールドのこのカードを持ち主の手札に戻して発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを除外する。

 

自分フィールドのモンスターを対象とするカード効果の発動を無効に出来るため、このカードが手札にあるだけで自分フィールドのモンスターの場持ちが上がります。

 

 

相手の行動妨害ではなく防御手段となれる手札誘発効果であり、儀式モンスターである故にサポートカード等でサーチが可能です。

 

 

元々破壊耐性を持つモンスターと合わせれば盤面はより強固となるでしょう。

 

 

このカードの効果は発動を無効にするだけで破壊はしないため、その後の相手の動き次第では別の対象を取る効果を使ってくる可能性もある点には要注意です。

 

 

PSYフレームギア」モンスター


遊戯王OCG PSYフレームギア・γ ノーマル SPHR-JP031 遊戯王アーク・ファイブ [ハイスピード・ライダーズ]

PSYフレームギア・γ
特殊召喚・チューナー・効果モンスター(制限カード)
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守 0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

 

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に相手の行動をトリガーとして効果を使える手札誘発モンスター群です。

 

 

いずれも効果を使うためには手札・デッキ・墓地にPSYフレーム・ドライバー」が必要となるものの、自身と合わせてモンスターを2体フィールドに並べられるというのも大きな特徴です。

 

 

汎用性で言えばPSYフレームギア・γが最も優秀であり、相手の「灰流うらら」などの妨害効果モンスターの効果をトリガーに出来たなら、それらを無効にしつつも展開したPSYフレームギア・γPSYフレーム・ドライバー」を各種召喚方法の素材として有効活用していけるため強力です。

 

 

まとめ

 

手札誘発モンスターを一覧で紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

手札誘発モンスターは発動条件が緩いものから、厳しいものまで存在しますが、発動条件が厳しいモンスターの中には、決まった時の決定力が高く、それだけで、勝ちが確定するほどの手札誘発モンスターもいます。

 

また、手札誘発モンスターは魔法・罠カードと違い、手札にあるので、対策出来る方法が限られている上に、奇襲性が高いのが長所です。

 

高速化した環境で、今では手札誘発を採用するデッキが増えてきましたが、手札誘発を採用するということは、その分デッキのスロットを使うことになるので、採用する際は自分のデッキのスロットと相談し、採用していくといいでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す