遊戯王の汎用性が高いチューナー一覧!採用すれば大抵のデッキでシンクロ召喚が狙えるようになる!!

シンクロ召喚には必須のモンスターであるチューナーですが、中には効果やステータスの汎用性が高く大抵のデッキに採用することが出来るチューナーモンスターもいます。

今回はそんな汎用性の高いチューナーを紹介していきます。

今回の汎用チューナー選抜の基準について

汎用チューナーを紹介するにあたってまずはその基準ですが、今回は汎用性という言葉通りデッキを選ばずに採用できるモンスターにします。

具体的に言うと同カテゴリのモンスターを特殊召喚する効果を持つチューナーなどは除外し、単純にそのモンスター1体の性能が優秀で汎用性が高いというチューナーを選びました。

とはいえ、現在ではチューナーの用途はシンクロ素材だけでなく「水晶機巧-ハリファイバー」のリンク素材等にも使えます。

ですのでそういった用途を含めた上でチューナーとして利用価値が高いモンスターを紹介していきます。

エフェクト・ヴェーラー

ちなみに、「エフェクトヴェーラー」等の手札誘発効果を持つチューナーも汎用性の高いチューナーと言えますが、チューナーという点よりも手札誘発効果を目的として採用することの方が多いため今回紹介するのは控えさせていただきました。

汎用性の高い汎用チューナー一覧

ゾンビキャリア

「ゾンビキャリア」

レベル2のアンデット族チューナーであり、手札のカード1枚をデッキの1番上に戻すことで墓地から自己蘇生できる効果を持ちます。

大抵のデッキにも採用できるという前提である以上種族についてはおいておいて、自己蘇生が可能なレベル2チューナーであることがこのカードの汎用性の高さになります。

また手札1枚をデッキトップに戻す効果はコストにしては重い場合もありますが、手札1枚をデッキトップに戻すということで独自に利点が発生するデッキもありますが、そうでないデッキでも単純に手札で事故になってしまったカードをデッキトップに戻してから「ゾンビキャリア」を使ってサーチ効果もしくはデッキからの特殊召喚効果を持つシンクロモンスターやリンクモンスターに繋げることでデッキをシャッフルするため事故回避になります。

ジェット・シンクロン

「ジェットシンクロン」

レベル1でシンクロ素材になったときに「ジャンク」モンスターをサーチする効果と手札を1枚墓地へ送ることで墓地から自己蘇生する効果を持っています。

1つ目の効果はカテゴリ指定のサーチ効果なので今回は敢えてスルーしますが、注目するのは「ゾンビキャリア」と同じく自己蘇生効果を持つチューナーという点です。

スポンサーリンク

こちらはコストとして手札を1枚墓地へ送るため、墓地で効果を発動するカードや後で蘇生したいモンスター等を墓地へ送ることも可能です。

その他にもレベル1ということを活かして「リンクリボー」のリンク素材に使うことも出来ますし用途は様々です。

レッド・リゾネーター

「レッドリゾネーター」

レベル2で自身の召喚時に手札のレベル4以下のモンスターを特殊召喚する効果と自身の特殊召喚時にフィールドのモンスター1体分の攻撃力だけ回復する効果を持ちます。

特殊召喚可能なレベル4以下のモンスターを全く採用していないというデッキも珍しいため、デッキを選ばず活躍できます。

また召喚時の効果も優秀ですが、特殊召喚時の効果も場合によっては大幅回復が狙えます。

不利な盤面からの逆転を狙うときにこのカードを特殊召喚することが出来れば回復をしつつシンクロ召喚などに繋げていけます。

アンノウン・シンクロン

「アンノウンシンクロン」

レベル1デュエル中に1度相手フィールドにのみモンスターが存在するときに手札から特殊召喚出来ます。

自己特殊召喚効果を持っているためチューナーとしてはもちろんそれ以外のことにも使えます。

単純に特殊召喚したこのカードをアドバンス召喚のために使うことも出来ますし、レベル1であるという点を活かせばサーチや蘇生も簡単な上、「ジェットシンクロン」同様に用途が多いです。

亡龍の戦慄-デストルドー

「亡龍の戦慄-デストルドー」

レベル7でライフを払うことで自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象にして自身を手札・墓地から特殊召喚し、このカードのレベルを対象にしたモンスターのレベル分下げるという効果を持ちます。

ライフを半分払うというコストは自分がダメージを受けていない場合には重く感じますが、逆を言えばどれだけ危機的状況でもライフ半分は払えるということにもなります。

そのターンで決められることを確信したときやピンチからの逆転を狙う際にこのカードの特殊召喚は手札でも墓地からでもできる点は優秀です。

またその効果からレベル7シンクロモンスターへ簡単に繋げられるので、シンクロ召喚をしないデッキに採用してもエクストラデッキの圧迫を最小限にとどめられます。

まとめ

チューナーモンスターも現在では数多く存在し、テーマデッキに採用するなら汎用性の高いチューナーよりも専用効果を持つ同じテーマのチューナーを採用したほうが上手く回るということも多いと思います。

しかし今回紹介したチューナーの汎用性は文句なしに高いので、チューナーを採用しようと思った時の採用候補として一度考えてみると良いかと思います。