新規「エヴォル」のデッキレシピとデッキの回し方を紹介!新規カードで強化!!

 

2019713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに「エヴォル」テーマの新規カードが収録されることが判明しました。

 

「エヴォルド」「エヴォルダー」「エヴォルカイザー」を扱う「エヴォル」テーマですが、今回は強化された「エヴォル」デッキについて紹介します。

 

新規「エヴォル」のサンプルデッキレシピ!

モンスターカード

「エヴォルダー・ウルカノドン」×3

「エヴォルダー・ケラト」×3

「エヴォルダー・ディプロドクス」×3

「エヴォルダー・エリアス」×3

「エヴォルド・メガキレラ」×2

「エヴォルド・カシネリア」×2

「エヴォルド・ラゴスクス」×2

「エヴォルド・オドケリス」×2

「エヴォルド・ゲフィロス」×1

「エヴォルド・ウェストロ」×1

 

魔法カード

「強制進化」×3

「多様進化」×3

「進化の代償」×1

「化石調査」×2

「月鏡の盾」×1

「収縮」×2

「ハーピィの羽根帚」×1

「サンダー・ボルト」×1

 

罠カード

「進化の特異点」×2

「迷い風」×1

「火霊術-「紅」」×1

 

エクストラデッキ

「エヴォルカイザー・ラギア」×3

「エヴォルカイザー・ソルベ」×3

「エヴォルカイザー・ドルカ」×3

「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」×1

「ドリトル・キメラ」×1

「灼熱の火霊使いヒータ」×1

No39. 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ」×1

No39. 希望皇ホープ」×1

SNo39. 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」×1

 

スポンサーリンク
 

新規「エヴォル」デッキの回し方

 

 

 

まずは「エヴォル」カードの主な特徴を簡単におさらいします。

 

エヴォルド・カシネリア

 

レベル3以下で構成される「エヴォルド」モンスターは炎属性・爬虫類族で統一されており、それぞれが固有に「エヴォルダー」モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。

 

エヴォルダー・ディプロドクス

 

レベル46で構成される「エヴォルダー」モンスターは炎属性・恐竜族で統一されており、それぞれが固有に「エヴォルド」モンスターの効果によって特殊召喚された場合に発動する効果を持っています。

 

エヴォルカイザー・ラギア

 

エクシーズモンスターである「エヴォルカイザー」モンスターは現状ランク46が存在し、恐竜族モンスターを素材として要求する炎属性・ドラゴン族で統一されています。効果は自身のエクシーズ素材を取り除くことで相手の行動を妨害するものになっています。

 

 

基本的な「エヴォル」デッキの回し方としては、「エヴォルド」モンスターを使って「エヴォルダー」モンスターを特殊召喚。特殊召喚された「エヴォルダー」モンスターの効果を使って「エヴォルダー」モンスターを展開し「エヴォルカイザー」モンスターをエクシーズ召喚。以上が理想的な動きになり、この動きをより早くできるかが肝要です。

 

 

何故早さが大事なのかと言うと、「エヴォルカイザー」モンスターは相手の行動を妨害することは出来るものの、相手フィールドにすでに強力なモンスターがいる場合は対応に困るからです。そういった場合は除去カードを使うか「エヴォルカイザー」ではなく汎用的なエクシーズモンスターを出してその場を切り抜けるかすると良いでしょう。

 

 

相手フィールドに強力なモンスターが存在しない場合に「エヴォルカイザー」を出せたなら、相手ターンにはマストカウンターを狙って妨害していくことが出来るのでデュエルの流れを掴めます。

 

 

前述した回し方をより早くするための具体的な運用例もいくつか紹介します。

 

 

まず新規カードである「エヴォルド・メガキレラ」ですが、手札のレベル4「エヴォルダー」モンスターをコストにしてリリースは自身を選べば、デッキから「エヴォルダー・ウルカノドン」を特殊召喚することでコストにしたレベル4「エヴォルダー」モンスターを蘇生してランク4エクシーズ素材を並べることが出来ます。

 

多様進化

 

手札に必要な「エヴォルド・メガキレラ」とレベル4「エヴォルダー」モンスターですが、複数枚積みはもちろんのこと「多様進化」ならどちらかを「化石調査」なら後者をサーチできるので実現性は高いです。

 

エヴォルド・ラゴスクス

 

次に「エヴォルド・ラゴスクス」でデッキからレベル4「エヴォルダー」モンスターを墓地へ送り、「エヴォルド・ラゴスクス」「強制進化」を使うことで「エヴォルダー・ウルカノドン」をリクルートしその効果によって墓地のレベル4「エヴォルダー」を蘇生してランク4エクシーズ素材を確保できます。

 

 

他にも「エヴォルド・カシネリア」でリクルートしたいレベル6「エヴォルダー・エリアス」ですが、手札に来てしまっても任意の「エヴォルド」モンスターに「強制進化」を使えば「エヴォルダー・エリアス」の効果で手札の「エヴォルダー・エリアス」を特殊召喚出来るのでランク6エクシーズの準備が整います。

 

 

新規カードが加わったことで「エヴォル」は強化された?

前述した具体的な運用でも紹介しましたが、新規カードの「エヴォルド・メガキレラ」は手札消費2枚からランク4エクシーズに繋げることも出来る「エヴォル」モンスターです。

 

2つ目の効果によってエクシーズ素材の補充も出来る他、「進化の特異点」の発動を狙うためにも有用なので使い勝手は良いです。

 

エクシーズ召喚を狙いやすくなった為確実に強化されたと言えますが、「エヴォルド・メガキレラ」以外にも「エヴォル」強化の新規カードが他にも来るかもしれないので期待したい所です。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください