「焔聖騎士」デッキの回し方、相性の良いカードを紹介!!シンクロを主軸にした新たな「聖騎士」テーマ!

2020418日発売予定の基本パック、ライズ・オブ・ザ・デュエリストで「焔聖騎士」が本格テーマ化することが判明しました。

そこで今回は「焔聖騎士」テーマについて紹介していきたいと思います。

「焔聖騎士」の特徴と回し方を紹介!!

「焔聖騎士」テーマの特徴としては、モンスターが炎属性・戦士族で統一されていることと装備カードを駆使することが挙げられます。また一部を除いた「焔聖騎士」モンスターは自分フィールドの炎属性・戦士族モンスターに自身を装備し耐性の付与や強化が出来るというのも特徴的です。

シンクロ召喚を主軸としており、サーチ効果や墓地肥やし効果でアドバンテージを稼ぎ特殊召喚効果を使ってモンスターを展開しシンクロモンスターへと繋げていきます。

メインデッキのモンスターは全てレベル4以下で攻守もそこまで高くないため、豊富に存在する戦士族サポートカードの恩恵を受けられます。

デッキの回し方ですが、まずはシンクロ召喚の準備をしていきます。

焔聖騎士-オジエ
効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「焔聖騎士-オジエ」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または「聖剣」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(3):このカードの装備モンスターは効果では破壊されない。

「焔聖騎士-オジエ」は召喚・特殊召喚成功時にデッキから自身と同名カード以外の炎属性・戦士族モンスターまたは「聖剣」カード1枚を墓地に送れるので、墓地で効果を発動できる「焔聖騎士」「聖剣」カードを墓地肥やしすることでアドバンテージを稼げます。

焔聖剣-デュランダル 
装備魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキからレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を手札に加える。
その後、このカードを破壊する。
(2):装備モンスターが墓地へ送られた事でこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル5以下の戦士族・炎属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

また新たな「聖剣」装備魔法カードである「焔聖剣-デュランダル」は装備しなくてはならないものの自身が破壊される代わりにデッキからレベル5以下の炎属性・戦士族モンスター1体をサーチできるので「焔聖騎士」モンスターであれば好きなものをサーチ可能です。

次にシンクロ素材となるモンスターの展開をしてきます。

焔聖騎士-アストルフォ
効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から戦士族・炎属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを除外したモンスターと同じにできる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、除外されているこのカードを特殊召喚する。
その後、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、戦士族・炎属性モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

「焔聖騎士-アストルフォ」は墓地に溜まった炎属性・戦士族モンスターを除外しても良いため比較的容易に使える自己特殊召喚効果を持っていますし、「焔聖騎士-オリヴィエ」は元がレベル4チューナーでありながらも自己特殊召喚効果を使うとレベルが1になるためレベル調整も可能です。

焔聖騎士-リナルド
効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 200
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに戦士族・炎属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
「焔聖騎士-リナルド」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

既存カードの「焔聖騎士-リナルド」は非常に使い勝手が良く、簡単に特殊召喚ができるレベル1チューナーとして扱えるだけでなく特殊召喚成功時のサルベージ効果もあるためアドバンテージを稼ぎやすいです。

焔聖騎士導-ローラン
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2000/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキから装備魔法カード1枚を墓地へ送る。
その後、デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。

このカードと非チューナーのレベル4「焔聖騎士」が手札にいるだけで「焔聖騎士導-ローラン」のシンクロ召喚を狙っていける点は優秀です。

オリファンの角笛
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を選んで除外する。
その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。
●自分フィールドの「ローラン」モンスター1体を選んで破壊する。
その後、レベルの合計が9になるようにデッキから戦士族・炎属性モンスターを3体まで選んで
効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、次の自分ターンの終了時まで自分は戦士族モンスターしか特殊召喚できない。

他にも「ローラン」モンスターがいれば「オリファンの角笛」を使うことでレベルの合計が9になるように「焔聖騎士」モンスター3体までリクルートできるため、罠カードである以上発動までに時間がかかることを踏まえても十分割に合うメリットを期待できます。

モンスターを展開したら「焔聖騎士導-ローラン」「焔聖騎士帝-シャルル」のシンクロ召喚を行っていきます。

「焔聖騎士導-ローラン」はレベル5で出しやすく、「焔聖騎士導-ローラン」自体がシンクロチューナーであるため非チューナーでレベル4の「焔聖騎士」モンスターと併せれば「焔聖騎士帝-シャルル」のシンクロ召喚へ繋げていけます。

焔聖騎士導-ローラン

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2000/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキから装備魔法カード1枚を墓地へ送る。
その後、デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。

「焔聖騎士帝-シャルル」1ターンに1度装備カードが装備された場合に対象を取らない破壊効果を使え、自分・相手のエンドフェイズには手札・墓地から装備魔法カード1枚とデッキから炎属性・戦士族モンスター1体を攻撃力500アップの装備カード扱いで装備できます。

「焔聖騎士導-ローラン」は自分・相手のメインフェイズに墓地の自身を戦士族モンスターに装備できるため、「焔聖騎士帝-シャルル」1の効果と併せれば相手メインフェイズにフリーチェーンでカード1枚の除去も狙えます。

また一部の「聖騎士」モンスターは墓地の自身を自分フィールドの戦士族モンスターに装備して装備モンスターに耐性を付与できるので、「焔聖騎士帝-シャルル」2の効果も含め複数体の「聖騎士」モンスターを装備することで高い火力と強固な耐性を獲得できます。

それら装備魔法や装備カードとなった「聖騎士」を使って強化された「焔聖騎士帝-シャルル」によるビートダウンが主な勝ち筋となるでしょう。

スポンサーリンク

「焔聖騎士」と相性の良いカードは?

既存の「聖騎士」や「聖剣」の関連カード

「焔聖騎士」テーマは「聖騎士」カテゴリに、「焔聖剣」「聖剣」カテゴリにも含まれるため効果の恩恵を受けられます。

「聖騎士」「聖剣」と名の付くカードはもちろんのこと、「聖騎士」モンスターをリクルートできる「伝説の預言者マーリン」「聖騎士」モンスターまたは「聖剣」カードのサーチ・サルベージが出来る「聖杯の継承」も非常に相性が良いカードとなっているので「焔聖騎士」デッキを構築する上では積極的に採用を検討したいカードと言えます。

ただし、「焔聖騎士」カード「焔聖剣」カードのサポート効果は炎属性・戦士族を指定しているため「焔聖騎士」関連カードで既存の「聖騎士」モンスター(光属性または闇属性であるため)をサポートすることは出来ない点には要注意です。

「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」

自己特殊召喚が容易であり、攻撃時に相手モンスター1体を自身に装備する効果や制圧面でも優秀な最上級モンスターです。

自己特殊召喚のために装備魔法が必要になりますが、元々装備魔法も併せて使う「焔聖騎士」では苦になりません。

何より「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」の相手モンスターを装備する効果は対象を取らず破壊を介さない除去としても使えるため、「焔聖騎士」カードでは対応しにくい高攻撃力でありながらも効果破壊耐性を持つモンスターへの対策としても有効です。

このカードについての考察はコチラ!

2019年9月28日に発売予定のストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク-のパッケージモンスターである「ゴッドフェニックス・...

「ライジング・オブ・ファイア」

墓地の炎属性モンスター1体を蘇生してこのカードを装備し、装備モンスターの攻撃力を500アップする装備魔法カードです。

自分フィールドにモンスターが存在しない場合にしか発動できませんが、「焔聖騎士」モンスターなら大抵蘇生できる上に効果も無効にならないため「焔聖騎士-オジエ」を蘇生して効果を利用したり除去されてしまった「焔聖騎士帝-シャルル」を出して切り返しを狙うなどの運用も可能です。

また「ライジング・オブ・ファイア」が相手の効果で破壊された場合にはフィールドのモンスター1体を選んで除外出来る効果もあるため、相手の魔法・罠カード除去カードの牽制もできます。

「焔聖騎士」の評価は?まとめ!

最初に出た「焔聖騎士」モンスター「焔聖騎士-ローラン」であり、Vジャンプの付録で「焔聖騎士-リナルド」が登場した時点でシャルルマーニュ伝説をモチーフにした「焔聖騎士」のテーマ化はある程度察しがついていましたが、ライズ・オブ・ザ・デュエリストでいよいよ本格テーマ化ということになりました。

属性・種族の他「聖騎士」「聖剣」関連カードとサポートカードが豊富に存在するのは大きなメリットであり、装備魔法や装備カードとなる「焔聖騎士」モンスターを自身に集めて強くなった「焔聖騎士帝-シャルル」で勝利を目指すというコンセプトも分かりやすいため、使いやすく尚且つ強力なテーマであると評価できます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする