新規「EMオッドアイズ魔術師」デッキレシピと回し方を紹介!!お楽しみはこれからだ!!




デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-でアニメ遊戯王ARC-Ⅴの主人公である榊遊矢の使用していたテーマに新規カードが加わりました。

そこで今回は強化されたEM」「オッドアイズ」「魔術師」の混合デッキレシピを紹介していきます。

新規カードで強化された「EMオッドアイズ魔術師」デッキレシピの紹介!!

モンスターカード

EM天空の魔術師」×1

「オッドアイズ・ウィザード・ドラゴン」×2

「オッドアイズ・ドラゴン」×1

「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」×1

「オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン」×1

「オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン」×3

「オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン」×1

「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」×2

「超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン」×1

「紫毒の魔術師」×2

「黒牙の魔術師」×2

「慧眼の魔術師」×1

「調弦の魔術師」×1

「貴竜の魔術師」×1

EMドクロバット・ジョーカー」×1

EMオッドアイズ・ディゾルヴァー」×2

EMトランプ・ガール」×1

魔法カード

「スマイル・アクション」×1

EMポップアップ」×1

「天空の虹彩」×2

「デュエリスト・アドベント」×3

「螺旋のストライクバースト」×3

「ペンデュラム・コール」×1

「オッドアイズ・フュージョン」×2

「サンダー・ボルト」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「ペンデュラム・ディメンション」×1

エクストラデッキ

「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」×2

「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」×1

EMガトリングール」×1

「覇王眷竜スターヴ・ヴェノム」×1

「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」×1

「覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン」×1

「覇王眷竜クリアウィング」×1

「オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン」×1

「星刻の魔術師」×1

「覇王眷竜ダーク・リベリオン」×1

「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」×2

「覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン」×1

「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」×1

スポンサーリンク

「EMオッドアイズ魔術師」デッキの回し方を紹介!!

EM天空の魔術師

デッキの回し方ですが、まずはEM」「オッドアイズ」「魔術師」3テーマのカードを駆使しながらデッキの回転とモンスターの展開を行っていきます。

EMドクロバット・ジョーカー

EMドクロバット・ジョーカー」はサーチ範囲が広く非常に有用なサーチカードになりますし、他にも「デュエリスト・アドベント」「螺旋のストライクバースト」はノーコストで使えるサーチカードとして有用であり、「天空の虹彩」「オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン」の組み合わせによるサーチ&リクルートコンボも優秀です。

欲しいカードが手札に揃った後は、ペンデュラムスケールに使ったりペンデュラム召喚を行っていきます。

今回紹介したデッキレシピではメインデッキのモンスターだけでも十分戦うことが出来ますが、各種召喚方法に繋げてくことで戦術の幅がかなり広がります。

EMガトリングール

EMオッドアイズ・ディゾルヴァー」「オッドアイズ・フュージョン」によって融合召喚は比較的容易にできるので、除去&制圧を期待できる「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」や状況次第ではフィニッシャーとして活躍できるEMガトリングール」を使いやすいのは利点です。

調弦の魔術師

「調弦の魔術師」を手札に引き込めた際には強力な効果を持った各種召喚方法の「覇王眷竜」モンスターに繋げることも出来るので、状況の打開や逆転といったことも狙えます。

オッドアイズ・ウィザード・ドラゴン

新規カードの「オッドアイズ・ウィザード・ドラゴン」EMドクロバット・ジョーカー」1枚から出せる攻撃力2500のアタッカーとしても機能する他、相手に破壊されても後続を出せる効果を持っているため序盤の運用で使いやすいです。

オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン

後続には「オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン」「オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン」を選ぶと切り返しなどにも役立つでしょう。

「EMオッドアイズ魔術師」の改造をするなら?今回のまとめ!!

覇王龍ズァーク(20thシークレット仕様)

今回紹介したデッキレシピでは「覇王眷竜」は採用していますが「覇王龍ズァーク」を出すことは視野に入れていません。

ですので改造案の一つとしては、「クロノグラフ・マジシャン」「アストログラフ・マジシャン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」等を採用して「覇王龍ズァーク」も出せるようなデッキ構築にするというのも有りだと思います。

レジェンドデュエリスト編6に収録された新規カードはいずれも強すぎると言えるほどの性能ではありませんが、これまでにない変わった運用をするきっかけになると思うのですでにEM「オッドアイズ」「魔術師」デッキを作っている人は採用を検討してみてもいいかもしれません。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6- BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする