【ドレミコードデッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!気になる強さは?

202136日に発売を控えたデッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズでは新たなペンデュラムテーマ「ドレミコード」が登場します。

ペンデュラムスケールを参照し、奇数や偶数によって使える効果が変化するという特徴の天使族テーマです。

今回はそんな「ドレミコード」デッキレシピやその回し方等を紹介していきたいと思います。

【ドレミコードデッキレシピ2021】の紹介!

モンスターカード

「ドドレミコード・キューティア」×3

「レドレミコード・ドリーミア」×3

「ミドレミコード・エリーティア」×2

「ファドレミコード・ファンシア」×2

「ソドレミコード・グレーシア」×3

「ラドレミコード・エンジュリア」×3

「シドレミコード・ビューティア」×2

「ドドレミコード・クーリア」×3

「アストログラフ・マジシャン」×1

EMオッドアイズ・ディゾルヴァー」×2

「宣告者の神巫」×2

「灰流うらら」×3

魔法カード

「ドレミコード・エレガンス」×3

「ドレミコード・スケール」×1

「ドレミコード・ハルモニア」×3

「テラ・フォーミング」×1

「ワン・フォー・ワン」×1

罠カード

「ドレミコード・ムジカ」×1

「ドレミコード・フォーマル」×1

エクストラデッキ

「旧神ヌトス」×1

「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」×2

「ヴァレルロード・S・ドラゴン」×1

「電脳堺狐-仙々」×1

「リンクリボー」×1

IPマスカレーナ」×2

「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」×1

「トロイメア・ユニコーン」×1

「召命の神弓-アポロウーサ」×1

「双穹の騎士アストラム」×1

「アクセスコード・トーカー」×1

「ヴァレルソード・ドラゴン」×1

「閉ザサレシ世界ノ冥界」×1

【ドレミコードデッキレシピ2021】の回し方と展開例を紹介!

デッキのコンセプトとしては、「ドレミコード」の動きを活かしてアドバンテージを稼ぎつつもペンデュラム召喚でモンスターを展開することで、高レベル「ドレミコード」モンスターやエクストラデッキのモンスターでビートダウンを行っていくというものです。

今回紹介したデッキレシピでは融合・シンクロ・リンクを採用していますが、どれかに特化したりエクシーズを採用するのも有りでしょう。

デッキの回し方ですが、まずは展開などに必要な「ドレミコード」カードを手札に引き込んでいきます。

ドドレミコード・キューティア
ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 100/守 400
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚は無効化されない。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドドレミコード・キューティア」以外の「ドレミコード」Pモンスター1体を手札に加える。
(2):自分のPゾーンに偶数のPスケールが存在する限り、
自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスターの攻撃力は自身のPスケール×100アップする。

ソドレミコード・グレーシア
ペンデュラム・効果モンスター
星5/水属性/天使族/攻2100/守1400
【Pスケール:青4/赤4】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚成功時に
相手はモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドレミコード」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):自分のPゾーンに偶数のPスケールが存在し、
自分の「ドレミコード」Pモンスターが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時までモンスターの効果を発動できない。

サーチ効果を持つモンスターとしては「ドレミコード」モンスターをサーチできる「ドドレミコード・キューティア」、「ドレミコード」魔法・罠カードをサーチできる「ソドレミコード・グレーシア」が特に有用です。

次は手札の「ドレミコード」モンスターや「ドレミコード」魔法・罠カードを使ってペンデュラムスケールをセットしていきます。

ドレミコード・エレガンス
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
●手札から「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、EXデッキに表側表示で加える。
その後、デッキからPスケールが奇数と偶数の「ドレミコード」Pモンスターを1体ずつ選び、
自分のPゾーンに置く。
●自分のPゾーンからPスケールが奇数と偶数のカードを1枚ずつ持ち主のEXデッキに表側表示で加え、
自分はデッキから2枚ドローする。

ペンデュラムスケールを確保する上では「ドレミコード・エレガンス」が非常に優秀です。手札にこのカードの「ドレミコード」モンスターがあれば好きなペンデュラムスケールを揃えられるだけでなく、このカード単体でも任意の「ドレミコード」モンスターをペンデュラムゾーンに置けるためペンデュラムスケールの調整が出来ます。

ドレミコード・ハルモニア
フィールド魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
「ドレミコード・ハルモニア」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない。
●自分のEXデッキから表側表示の「ドレミコード」Pモンスター1体を手札に加える。
●自分のPゾーンの「ドレミコード」カード1枚を選ぶ。
このターン、そのPスケールをそのカードのレベル分だけ上げる。
●自分フィールドの「ドレミコード」PモンスターカードのPスケールが奇数3種類以上または偶数3種類以上の場合、
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

フィールド魔法「ドレミコード・ハルモニア」1ターンに1度エクストラデッキの「ドレミコード」モンスターを手札に戻せるため、単純に消耗を抑えられたり「ドレミコード」だけではペンデュラム召喚が難しい「ドドレミコード・キューティア」の再利用を図れます。

ドドレミコード・クーリア
ペンデュラム・効果モンスター
星8/風属性/天使族/攻2700/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚成功時に
相手はモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。
【モンスター効果】
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドのPモンスター2体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を相手ターン終了時まで無効にする。
自分のPゾーンに奇数のPスケールが存在する場合、この効果の対象を2枚にできる。
(3):自分のPゾーンの一番高いPスケール×300以下の攻撃力を持つフィールドのモンスターの効果が発動した時に発動できる。
そのモンスターを破壊する。

また「ドレミコード・ハルモニア」にはペンデュラムゾーンの「ドレミコード」モンスターのペンデュラムスケールを実質的に9に変えられる効果もあるため、「ドドレミコード・クーリア」等の高レベルモンスターのペンデュラム召喚をする上で重宝します。

ペンデュラム召喚を活用してモンスターを展開していくことで、様々な有利盤面を構築していきます。

EMオッドアイズ・ディゾルヴァー

今回紹介したデッキレシピでは、EMオッドアイズ・ディゾルヴァー」が手札に来れば「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」の融合召喚が狙えますし、「宣告者の神巫」が手札に来ればシンクロ召喚が視野に入ります。

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム

また「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」等のリンクモンスターを使うことで、アドバンテージを稼いだり相手フィールドの除去をしつつもリンク先を確保することでエクストラデッキからペンデュラム召喚できるモンスターの数を増やしていけるでしょう。

【ドレミコードデッキレシピ2021】の展開例を紹介!

具体的な展開例を1つ紹介します。

手札に「ドドレミコード・キューティア」+「ドレミコード・エレガンス」+レベルが4以上で7以下の「ドレミコード」モンスター3枚がある場合に出来るコンボです。

ドレミコード・エレガンス
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
●手札から「ドレミコード」Pモンスター1体を選び、EXデッキに表側表示で加える。
その後、デッキからPスケールが奇数と偶数の「ドレミコード」Pモンスターを1体ずつ選び、
自分のPゾーンに置く。
●自分のPゾーンからPスケールが奇数と偶数のカードを1枚ずつ持ち主のEXデッキに表側表示で加え、
自分はデッキから2枚ドローする。

ドドレミコード・キューティア
ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 100/守 400
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚は無効化されない。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ドドレミコード・キューティア」以外の「ドレミコード」Pモンスター1体を手札に加える。
(2):自分のPゾーンに偶数のPスケールが存在する限り、
自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスターの攻撃力は自身のPスケール×100アップする。

ラドレミコード・エンジュリア
ペンデュラム・効果モンスター
星6/炎属性/天使族/攻2300/守1400
【Pスケール:青3/赤3】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚成功時に
相手はモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスター1体をリリースし、
そのモンスターよりPスケールが2つ高いまたは2つ低い、
「ラドレミコード・エンジェリア」以外の「ドレミコード」Pモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):自分のPゾーンに奇数のPスケールが存在し、自分の「ドレミコード」Pモンスターが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードの効果を発動できない。

「ドレミコード・エレガンス」を発動しその2つ目の効果によって手札の「ドレミコード」モンスターをエクストラデッキに加えてデッキから「ドドレミコード・キューティア」「ラドレミコード・エンジュリア」をペンデュラムゾーンに置く→

レドレミコード・ドリーミア
ペンデュラム・効果モンスター
星2/風属性/天使族/攻 600/守 400
【Pスケール:青7/赤7】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚は無効化されない。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPゾーンに「ドレミコード」カードが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分のPゾーンに奇数のPスケールが存在し、
自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスターカードが相手の効果で破壊される場合、
その破壊されるカード1枚の代わりにこのカードを破壊できる。

「ドドレミコード・キューティア」を召喚してその効果により「レドレミコード・ドリーミア」をサーチ→

「レドレミコード・ドリーミア」を自己特殊召喚→

アストログラフ・マジシャン

「ドドレミコード・キューティア」「レドレミコード・ドリーミア」を素材に「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」をリンク召喚してその効果によりデッキから「アストログラフ・マジシャン」をエクストラデッキに加える→

「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」2の効果でペンデュラムゾーンの「ラドレミコード・エンジュリア」を破壊してエクストラデッキの「アストログラフ・マジシャン」を手札に加え、「アストログラフ・マジシャン」の効果により自己特殊召喚してデッキから「ラドレミコード・エンジュリア」をサーチ(この時「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」の3の効果で1枚ドロー)

手札の「ラドレミコード・エンジュリア」をペンデュラムゾーンにセット→

エクストラデッキから最初にエクストラデッキに加えたレベルが4以上で7以下の「ドレミコード」モンスターと「ラドレミコード・エンジュリア」をペンデュラム召喚→

「ラドレミコード・エンジュリア」の効果を発動して自身をリリースすることでデッキから「ドドレミコード・クーリア」をリクルート出来ます。

結果的にフィールドには「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」+「アストログラフ・マジシャン」+「ドドレミコード・クーリア」+レベルが4以上で7以下の「ドレミコード」モンスターが並びます。

コンボの途中に「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」の効果で1枚ドローしていますし、レベルが4以上で7以下の「ドレミコード」モンスターというのが「ソドレミコード・グレーシア」だったならペンデュラム召喚時に「ドレミコード」魔法・罠カード1枚をサーチできています。

後攻ならこのまま攻撃したり強力な効果を持つ高リンクモンスターを出して攻めていけます。

I:Pマスカレーナ

もし先行であったなら「アストログラフ・マジシャン」と「ドレミコード」モンスターを素材にIPマスカレーナ」をリンク召喚しておくことで、次の相手ターンには「ドドレミコード・クーリア」の除去効果を使ったりIPマスカレーナ」の効果で制圧力のある「召命の神弓-アポロウーサ」や強固な耐性を持つ高リンクモンスターを出していけます。

閉ザサレシ世界ノ冥神

また自分フィールドにIPマスカレーナ」を含む効果モンスター3体がいるため、相手モンスター1体をリンク素材に巻き込んで「閉ザサレシ世界ノ冥界」をリンク召喚することも可能です。

【ドレミコードデッキレシピ2021】の回し方・展開例を紹介!気になる強さは?まとめ!

デッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズのイラストアド枠であるペンデュラムテーマの「ドレミコード」デッキレシピを当サイトで紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

「ドレミコード」はイラストアドが高いながらも、ペンデュラムテーマと言うことで一部賛否両論が分かれていましたが、デッキ構築によってはペンデュラム召喚だけでなく、各召喚方法が使える点と展開力と制圧力が高いことから、十分強力なデッキと言えます。

今回のデッキ構築はあくまでも一例ですが、様々なカードと相性が良い点から今後、大会環境に登ってきても十分おかしくない性能を持っている上に、やはりイラストアドが高いので、「ドレミコード」を組もうか迷っている方は、早めに組んでおくことを個人的にはおすすめします!!

「ドレミコード」の相性の良いカードの紹介についてはコチラ!

2021年3月6日に発売予定のデッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズにて登場する新規テーマの内の1つ「ドレミコード」の情報...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズ BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする