「ドライトロン宣告者」デッキの弱点・対策・動きの止めどころを紹介!

現実の大会環境遊戯王マスターデュエルの高ランク帯などで活躍しているテーマデッキの内の1つとして「ドライトロン宣告者」デッキがあります。

回転力と制圧力が高いことから強力なデッキですので、対戦したことがあるもしくは使ったことがあるという人もいるかと思います。

そこで今回は「ドライトロン宣告者」デッキに勝てない、どう対応したらいいのか分からない、という人に向けて「ドライトロン宣告者」デッキの弱点や対策法などについて紹介していきます。

「ドライトロン宣告者」デッキの弱点・対策をいくつか紹介!

特殊召喚封じ

「ドライトロン」モンスターが全て特殊召喚モンスターであることからも分かるように、「ドライトロン宣告者」デッキが動くためには特殊召喚をする必要があります。

そのため特殊召喚を封じられた場合に出来ることはかなり限られるため、特殊召喚をロックする「虚無空間」「大天使クリスティア」は非常に良く刺さるメタカードになります。

また強力な制圧盤面を構築するためには1ターンに何度も特殊召喚をしなければいけないため、「サモンリミッター」「エルシャドール・ミドラーシュ」のような特殊召喚回数を制限する効果も有効です。

スポンサーリンク

墓地利用封じ

「ドライトロン」モンスターは墓地からでも特殊召喚でき、儀式魔法カードである「流星輝巧群」は墓地からでも儀式モンスターを儀式召喚することが可能であり自己サルベージも出来ます。

「ドライトロン宣告者」デッキにとって墓地の活用は非常に重要な要素であり、これが出来ないとデッキの動き全体が支障をきたします。

墓地利用を封じられるカードには色々あり、墓地に送られるカードを除外する「マクロコスモス」MHERO ダーク・ロウ」であったり、他にも「王家の谷-ネクロバレー」「エンド・オブ・アヌビス」なんかも挙げられます。

墓地利用封じのカードとしては、除外を封じる「アーティファクト-ロンギヌス」なども含まれがちですが、「ドライトロン宣告者」デッキにおいて除外することで効果を使えるのは「イーバ」くらいなので効果は薄いでしょう。

魔法カード封じ

儀式魔法カードである「流星輝巧群」はもちろん、キーカードである「竜輝巧-バンαを引き込むのに使える「極超の竜輝巧」「エマージェンシー・サイバー」等は魔法カードです。

最低でも「流星輝巧群」は使えないと儀式召喚が出来ないため、魔法カードが使えなければ儀式モンスター抜きの盤面を作らなければいけなくなるため難しくなります。

魔法カード封じとしては「王宮の勅命」「魔法族の里」があり、発動を遅れさせる「魔封じの芳香」も効果的です。

スポンサーリンク

サーチ封じ

「ドライトロン宣告者」デッキでは、「エマージェンシー・サイバー」「竜輝巧-バンα」「竜輝巧-アルζ」「サイバー・エンジェル-弁天-」「イーバ」「虹光の宣告者」といったサーチ効果を持つカードが豊富に存在することがデッキの安定力の高さに繋がっています。

また「崇光なる宣告者」軸であっても「神光の宣告者」軸であっても「宣告者」儀式モンスターはデッキに1枚しか採用しないことが多く、サーチ効果で引き込むことが基本となるため、サーチを封じられた場合には出来ることがかなり限られます。

サーチ封じとしては「手違い」「超雷龍-サンダー・ドラゴン」があり、最初の1回目は防げない代わりにそのターン中効果が続く「ドロール&ロックバード」も非常に有効です。

チェーンを組ませずに除去あるいは無効化する


「ドライトロン宣告者」デッキにおいて何より強力なのが、極めて高い制圧力を誇るの「宣告者」儀式モンスターの存在です。

この「宣告者」儀式モンスターが持つターン1制限の無い妨害効果によって相手の行動をことごとく防ぎ、そのまま攻めることでデュエルに勝利する。

というのが「ドライトロン宣告者」デッキの主な勝利パターンです。

この制圧盤面を切り返すのに一番手っ取り早いのが「宣告者」儀式モンスターをどうにかすることであり、チェーンブロックを作らないあるいはチェーンを組ませない効果によって除去や効果の無効化をすれば「宣告者」儀式モンスターであっても問答無用で処理できます。

チェーンブロックを作らない除去としては相手モンスターをリリースして相手フィールドに特殊召喚できる「壊獣」モンスターや「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」があり、チェーンを組ませないものとしては「冥王結界波」やモンスターカードをコストにして発動した「禁じられた一滴」が挙げらます。

あらかじめセットしておく必要はありますが、「宣告者」儀式モンスターが出てくる前に「スキルドレイン」を発動するというのも有効でしょう。

「ドライトロン宣告者」デッキの動きの止めどころはどこ?


上記で紹介した対策カード例の多くは永続効果のものでしたが、「灰流うらら」等のピンポイントでその効果だけを無効にするカードは使うタイミング、つまりは止めどころが重要になってきます。

当然ですが相手の手札が分からない以上、下記で紹介したものがこちらに妨害効果を使わせるための囮である可能性も0ではない点には注意が必要です。

「竜輝巧-バンαは比較的メジャーな止めどころであり、「竜輝巧-バンαのサーチ効果に「灰流うらら」を使うことで「サイバー・エンジェル-弁天-」や「宣告者」儀式モンスターを引き込むのを阻止できます。

また「竜輝巧-バンαは展開やコンボの起点となるキーカードですので、「竜輝巧-バンα自身だけでなく「竜輝巧-バンαを引き込む「エマージェンシー・サイバー」「極超の竜輝巧」に対して「増殖するGを発動すればその後の展開を抑制することも出来るでしょう。

上記でも挙げた「ドロール&ロックバード」に関してはその後も効果が続くため、条件を満たした時点ですぐに使ってしまっても良いでしょう。

その他にも「ドライトロン宣告者」デッキでは「流星輝巧群」の効果で「宣告者」儀式モンスターを墓地から儀式召喚することも珍しくないため、その時に「屋敷わらし」D.D.クロウ」を使えば「宣告者」儀式モンスターを出させないことも可能です。

「墓穴の指名者」「竜輝巧-バンαの自己蘇生を防げるだけでなく、墓地で効果を発動できる「サイバー・エンジェル-弁天-」にも有効です。

スポンサーリンク

まとめ!

「ドライトロン宣告者」の弱点・対策・動きの止めどころ

について紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

「ドライトロン宣告者」は2022年3月現在、遊戯王マスターデュエルで環境に入っているテーマです。

非常に制圧力が高いテーマであり、なすすべなく、サレンダーしたことのある人も多いと思います。

「ドライトロン宣告者」テーマへの対策をいくつか紹介してきましたが、同時に動きの止めどころもデュエルでは大事になってきますので、こればかりは「ドライトロン宣告者」の特徴を把握する必要があります。

「ドライトロン宣告者」テーマに中々勝てない方は是非、今回の内容を参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする