新規「オルターガイスト」デッキレシピと回し方を紹介します!安いが強力なテーマデッキです!!




LINK VRAINS DUELIST SETにて「オルターガイスト」テーマに新規カードが追加されました。

そこで今回は「オルターガイスト」デッキについてサンプルレシピや回し方、戦術等を紹介していきます。

今回紹介するのはあくまで純構築に近い「オルターガイスト」デッキなので、大会環境で戦う場合とはデッキ構成が異なる点はご承知おきください。

新規カードが追加された「オルターガイスト」デッキレシピ

モンスターカード

「オルターガイスト・メリュシーク」×3

「オルターガイスト・マリオネッター」×3

「オルターガイスト・シルキタス」×3

「オルターガイスト・クンティエリ」×2

「オルターガイスト・ピクシール」×1

「オルターガイスト・フィフネラグ」×1

「オルターガイスト・マルチフェイカー」×1

「クリッター」×2

「エフェクト・ヴェーラー」×2

魔法カード

「ルドラの魔導書」×1

「ヒュグロの魔導書」×1

「おろかな副葬」×1

「死者蘇生」×1

「サンダー・ボルト」×1

「ハーピィの羽根帚」×1

罠カード

「オルターガイスト・フェイルオーバー」×1

「オルターガイスト・マテリアリゼーション」×3

「オルターガイスト・プロトコル」×2

「オルターガイスト・エミュレルフ」×2

「オルターガイスト・カモフラージュ」×1

「オルターガイスト・ホーンデッドロック」×1

「パーソナル・スプーフィング」×2

「無限泡影」×1

「大捕り物」×1

「迷い風」×1

「波紋のバリア -ウェーブ・フォース-」×1

エクストラデッキ

「オルターガイスト・ヘクスティア」×3

「オルターガイスト・キードゥルガー」×2

「オルターガイスト・プライムバンシー」×2

「オルターガイスト・ドラッグウィリオン」×1

「サクリファイス・アニマ」×2

「リンクリボー」×2

「転生炎獣アルミラージ」×1

「水晶機巧-ハリファイバー」×1

「トロイメア・ユニコーン」×1

スポンサーリンク

「オルターガイスト」デッキの回し方と戦術

オルターガイスト・マルチフェイカー

「オルターガイスト」はモンスターが魔法使い族で統一されたてーまであり、サーチ・リクルート・サルベージ・蘇生だけでなく除去や妨害など様々な戦法を駆使することでその場に応じてアドバンテージを稼いでいけるのが特徴です。

オルターガイスト・マリオネッター

各種「オルターガイスト」カードを使うことでデッキを回していくのですが、相手の行動に対応しながらも安定して自分がアドバンテージを稼ぐためには「オルターガイスト・メリュシーク」「オルターガイスト・マリオネッター」「オルターガイスト・マルチフェイカー」の使用を積極的に狙っていくと良いです。

オルターガイスト・ヘクスティア

モンスターの展開から「オルターガイスト・ヘクスティア」に繋げたり、除去やサーチを行うことで更なるアドバンテージの獲得が出来ます。

転生炎獣アルミラージ

デッキを回すためのキーカードである「オルターガイスト・マルチフェイカー」は制限カードになっているため複数枚積みは出来ませんが、他の「オルターガイスト」カードや「クリッター」「転生炎獣アルミラージ」のリンク素材にして効果を使ったりして手札に引き込んだり、サルベージや蘇生で再利用すると良いでしょう。

オルターガイスト・フェイルオーバー

新カードの「オルターガイスト・フェイルオーバー」1の効果は相手が除去効果を使ってくれないと発動できないため受動的ですが、2のサルベージ効果は便利なので「オルターガイスト・マリオネッター」で墓地に送ったり「おろかな副葬」で直接墓地に送って利用していくと良いでしょう。

魔封じの芳香

今回はしませんでしたが、魔法カードの採用枚数を極力抑えることで「王宮の勅命」「魔封じの芳香」といったロックカードの採用も出来るので選択肢に入れておいた方が良いです。

スポンサーリンク

「オルターガイスト」デッキのコンボ例

「オルターガイスト」デッキでは珍しくないですが簡単なアドバンテージ獲得コンボ例を1つ挙げておきます。

パーソナル・スプーフィング

「パーソナル・スプーフィング」「パーソナル・スプーフィング」の効果でデッキに戻すカード(手札またはフィールドの表側表示カードの「オルターガイスト」カードなら何でも可)があれば可能です。

オルターガイスト・メリュシーク

相手ターン中にセットしておいた「パーソナル・スプーフィング」を発動し、その効果により「オルターガイスト」カード1枚をデッキに戻して「オルターガイスト・マルチフェイカー」をサーチ→「オルターガイスト・マルチフェイカー」の効果により手札から特殊召喚し更なる効果でデッキから「オルターガイスト・メリュシーク」をリクルート→

オルターガイスト・ヘクスティア

自分のターンに2体で「オルターガイスト・ヘクスティア」をリンク召喚して「オルターガイスト・メリュシーク」の効果で「オルターガイスト・マリオネッター」をサーチ→

「オルターガイスト・マリオネッター」を通常召喚してその効果で「オルターガイスト」罠カード1枚をデッキからセット→「オルターガイスト・マリオネッター」の効果で「オルターガイスト・ヘクスティア」を墓地へ送り「オルターガイスト・マルチフェイカー」を蘇生→

「オルターガイスト・ヘクスティア」の効果で「オルターガイスト」カード1枚をサーチしつつ「オルターガイスト・マルチフェイカー」の効果で「オルターガイスト」モンスター1体をリクルート出来ます。

結果的に「オルターガイスト」モンスター3体がフィールドに並び、「オルターガイスト」カード1枚のサーチ+「オルターガイスト」罠カード1枚をセットという盤面が構築できます。

メインフェイズ2になってしまいますが、「オルターガイスト・メリュシーク」で相手のカードを除去してから展開を行うというのも有りです。

「オルターガイスト」の現時点での強さは?まとめ

相手の行動を妨害しつつ自分はしっかりアドバンテージを稼いでいくというトリッキーなプレイングが必要ですので、中級者以上向けと言えるテーマデッキでもあります。

201999日現在では「オルターガイスト・マルチフェイカー」の規制がありながらも環境で活躍できるほどの性能を誇っています。

今後規制されるかどうかや新たに環境で活躍しそうなテーマデッキにどのように対策を取れるかも見所になるかと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS DUELIST SET

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする