新たにリンクモンスターが登場する「エーリアン」デッキの回し方や組み方、相性の良いカードを調査しました!

1123日発売予定のリンクヴレインズパック2に「エーリアン」リンクモンスターが収録されることが判明しました。今回は「エーリアン」テーマに詳しくない方やどんなデッキなのか知らないという方に向けて「エーリアン」について紹介させていただきます。

「エーリアン」デッキの組み方と回し方って?

まず「エーリアン」関連のカードをいくつか見た時点で分かる特徴として、Aカウンターというものがあります。「エーリアン」テーマはこのAカウンターをいかに使うかが重要になってくるデッキです。

とはいえ「エーリアン」なら作られるデッキは大体一緒かと言われればそうではなく、何を目的にするかでデッキ構築は大きく変わります。ここでは数種類の「エーリアン」デッキの組み方や回し方を紹介します。

エーリアン・ヒュプノ

「エーリアン・ヒュプノ」中心デッキ

「エーリアン・ヒュプノ」とはレベル4「エーリアン」モンスターにして、デュアルモンスターでもあり再度召喚時の効果でAカウンターが乗った相手モンスターのコントロールを奪うことが出来ます。

このデッキでは相手モンスターにAカウンターに乗せつつ「エーリアン・ヒュプノ」を再度召喚することが肝要で、デュアルモンスター用のサポートカードなどを採用しています。更に「エーリアン」関連カードには、Aカウンターが乗ったモンスターのコントロールを奪う「洗脳光線」という罠カードもあるためそちらも採用します。

コントロールを奪った後も制約が存在するため、奪った後は処理してしまうかそのモンスターでデュエルを決めに行きます。

宇宙砦ゴルガー

「宇宙砦ゴルガー」中心デッキ

「エーリアン」関連であり、レベル5のシンクロモンスターで攻撃力も高い「宇宙砦ゴルガー」を活用することを主軸にしたデッキです。表側表示の魔法・罠を任意の枚数手札に戻すという強力な効果を使ってデュエルを有利に進めます。

「宇宙砦ゴルガー」のシンクロ素材はチューナーが「エーリアンモナイト」+チューナー以外の「エーリアン」モンスターと限定されているため、当然シンクロ素材を並べやすいデッキ構築が必要です。

墓地の「エーリアン」モンスターを特殊召喚できる「エーリアンモナイト」の効果を使うため、あらかじめ墓地にレベル4の「エーリアン」モンスターを送っておいたり、エクシーズモンスターの「キングレムリン」を使って「エーリアンモナイト」をサーチします。

「宇宙砦ゴルガー」はその効果を使えばAカウンター2つ取り除いて使う除去だけでなく、「悪夢の鉄檻」「虚無空間」「王宮のお触れ」などお互いへ発生するロック効果を自分のターンには手札に戻して相手だけにしたり、「禁止令」「デモンズ・チェーン」など強力なロック効果のカードを発動しなおして対象を変えたりと様々なことが出来ます。

スポンサーリンク

相手の行動を妨害しつつ邪魔なカードは除去して「宇宙砦ゴルガー」で攻撃する形で勝利を目指していきます。

「エーリアン」デッキと相性の良いカード

前述したとおり「エーリアン」デッキと言ってもいくつか種類がありますが、それらのデッキと共通して相性の良いカードや前述したデッキと相性の良いカードを紹介します。

キングレムリン

「キングレムリン」:爬虫類族で構成されているデッキなのでこのカード1枚で「エーリアン」がなんでもサーチ出来るのは嬉しいですね。

 

カゲトカゲ

「カゲトカゲ」:どのタイプの「エーリアン」デッキでも相性が良く「エーリアン・ソルジャー M/フレーム」の素材としても優秀です。

 

毒蛇の供物

「毒蛇の供物」:爬虫類族版の「ゴッドバードアタック」とも言える罠カードです。

違う点は自分フィールドの爬虫類族をリリースではなく破壊しているという点で、新たに登場する「エーリアン・ソルジャー M/フレーム」の発動条件を満たすことが出来ることは覚えておきたいですね。

 

怒炎壊獣ドゴラン

「壊獣」:相手モンスターをリリースして相手フィールドに特殊召喚できるため除去としても役に立ちます。相手フィールドに出した後はAカウンターを乗せてコントロールを奪えば火力も上げることが出来ます。

 

孤毒の剣

「孤毒の剣」:自分フィールドのモンスターが1体のみのとき限定で装備できる装備魔法です。戦闘を行うダメージ計算時元々の攻守を倍にする効果で、「宇宙砦ゴルガー」の火力を底上げできるのが魅力です。

自分が他にモンスターを出すと破壊されてしまう点については、手札に戻してやり過ごせる上にAカウンターを稼げるので相性は良いでしょう。

 

「エーリアン」リンクモンスターの登場で「エーリアン」はどのようになる?

リンクモンスターの「エーリアン・ソルジャー M/フレーム」は相手ターンにもAカウンターを乗せられる効果がありますので、多くの「エーリアン」モンスターが持つAカウンターの数だけ相手モンスターを弱体化する効果を活かしたり、罠カードであるためにタイミングが遅い「洗脳光線」等と相性が良いです。

相手ターンにAカウンターを置く効果は即効魔法の「「A」細胞組み換え装置」がすでにありますので、そちらと合わせて相手ターンでの動きを主軸に置くことも出来そうです。

またリンクモンスターということで何種類ものサポートカードがあるため、組み合わせ方によっては強力なコンボが生まれる可能性もありますので、今回の強化を機に色々考えていきたいです。