儀式召喚をサポートするカード一覧!昔からある儀式も今ではサポートが豊富に!【遊戯王OCG】【マスターデュエル】

遊戯王において儀式召喚はかなり昔から存在していました。

初期の「カオス・ソルジャー」を代表にして登場し、今でも定期的に儀式テーマが登場しています。

サポートカードも少ないからデッキ構築が難しいというのは昔の話。

今回は豊富になった儀式召喚をサポートするカードを一覧で紹介していきたいと思います。

【遊戯王OCG】【マスターデュエル】儀式召喚をサポートするカード一覧

「マンジュ・ゴッド」「センジュ・ゴッド」「ソニックバード」

マンジュ・ゴッド

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1400/守1000
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

召喚・反転召喚成功時に儀式モンスターか儀式魔法をサーチできるモンスターです。

「センジュ・ゴッド」は儀式モンスターのみ、「ソニックバード」は儀式魔法のみ、「マンジュ・ゴッド」はどちらかを選んでサーチできるので採用する優先度は「マンジュ・ゴッド」が一番高いです。

「儀式魔人」シリーズ

儀式魔人プレコグスター

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 400/守 300
儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、
自分の墓地のこのカードをゲームから除外できる。
また、このカードを儀式召喚に使用した儀式モンスターが
相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手は手札を1枚選んで捨てる。

儀式素材に使われることによって儀式モンスターに効果を付与でき、更に墓地からも儀式素材になれるという共通効果を持つシリーズです。

このシリーズを使えば元々儀式モンスターが持つ効果に加えて強力な効果が付与されるのでかなり強化されます。中でも相手の特殊召喚をロックする「リリーサー」は2022年4月1日に強力なロック機能故に禁止カードになりましたが、戦闘破壊時にドローできる「プレサイダー」、効果の対象にならなくなる「プレコグスター」は強力です。

「お代狸様の代算様」

お代狸様の代算様

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守1600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードはリリースできない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分がモンスターを儀式召喚する場合、
自分のEXデッキのモンスター1体もリリースの代わりに墓地へ送る事ができる。

儀式召喚を行う場合にエクストラデッキのモンスター1体をリリースの代わりに墓地へ送れる効果を持っている下級モンスターです。

エクストラデッキに対応するレベルのモンスターを採用しておけば儀式召喚の消費を抑えることができ、墓地で発動出来る効果を持つモンスターを儀式素材として墓地へ送れれば更なるアドバンテージ獲得に繋がります。

このカード自体はリリースできないため儀式素材として利用は出来ませんが、攻撃力0のこのカードを棒立ちさせておくのは危険なため、「リンクリボー」などのリンク素材に使ってしまうと良いでしょう。

「オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン」

オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン

儀式・ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2700/守2500
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
その後、このカードを持ち主の手札に戻す。
【モンスター効果】
「オッドアイズ・アドベント」により降臨。
このカードは儀式召喚及び手札からのP召喚でのみ特殊召喚できる。
(1):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する度に、相手に300ダメージを与える。
(2):1ターンに1度、相手が魔法カードの効果を発動した時に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置き、その相手の効果を無効にする。
儀式召喚したこのカードをPゾーンに置いた場合、さらにEXデッキから「オッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる。

お互いのエンドフェイズに儀式魔法カードをサーチ・サルベージし、自身を手札に戻すペンデュラム効果を持っています。

エンドフェイズとタイミングは遅めですが、自身を手札に戻せるため繰り返し使えば毎ターン儀式魔法カードを手札に引き込むことができます。

サルベージにも対応していることから同じ儀式魔法カードを再利用することも可能ですので、儀式魔法カードの採用枚数が少ないという場合でも利用していけるでしょう。

「開闢の騎士」「宵闇の騎士」

開闢の騎士

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 500/守2000
「開闢の騎士」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを使用して儀式召喚した「カオス・ソルジャー」モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
●このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
(2):墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。

墓地の自身が除外された場合に前者は儀式魔法カードを、後者は儀式モンスターをサーチできる効果を持っています。

これらが光属性と闇属性であることを活かして「カオス」モンスターを特殊召喚するための墓地コスト等として使うことで儀式魔法や儀式モンスターをサーチしつつも展開が狙えます。

属性や種族からも恩恵を受けられるサポートカードは多いため、墓地に送っておくことも難しくないでしょう。

「リチュア・チェイン」

リチュア・チェイン

効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1800/守1000
このカードが召喚に成功した時、デッキの上からカードを3枚確認する。
確認したカードの中に儀式モンスターまたは儀式魔法カードがあった場合、
その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。
その後、確認したカードを好きな順番でデッキの上に戻す。

儀式テーマである「リチュア」には水属性の儀式モンスターをサポートする効果が豊富にありますが、このカードは他の儀式デッキにも出張できる汎用儀式サポートになります。

攻撃力が1800と高く、デッキの上からカードを3枚確認して好きな順番で戻せることも含めると「マンジュ・ゴッド」等とは運用が異なります。

「魔神儀」シリーズ

魔神儀-タリスマンドラ

効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1800/守1000
このカードが召喚に成功した時、デッキの上からカードを3枚確認する。
確認したカードの中に儀式モンスターまたは儀式魔法カードがあった場合、
その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。
その後、確認したカードを好きな順番でデッキの上に戻す。

「儀式魔人」と同じく儀式召喚をサポートするためのシリーズです。

手札に儀式モンスターか儀式魔法があることが条件ですが、召喚権を使わずに儀式召喚に必要な物全てを揃えられる点が魅力的です。

レベルも幅広く存在するため高レベルの儀式モンスターの素材としても十分使えます。「魔神儀」の儀式モンスターと儀式魔法を採用することで更に「魔神儀」を扱いやすくなるのでおすすめです。

「占術姫アローシルフ」「占術姫クリスタルウンディーネ」

占術姫アローシルフ

リバース・効果モンスター
星4/風属性/天使族/攻1000/守1400
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。

リバース効果で前者は儀式魔法カードを、後者は儀式モンスターをサーチ・サルベージできる効果を持っています。

下級モンスターである「占術姫アローシルフ」はともかく、「占術姫クリスタルウンディーネ」は上級モンスターであるため、リバースモンスターをサポートする効果と併用することが望ましいです。

どちらもサーチとサルベージの両方に対応しているため、「聖占術姫タロットレイ」などで繰り返しリバースすれば儀式魔法や儀式モンスターを積極的に手札に引き込むことも可能です。

「チョウジュ・ゴッド」

チョウジュ・ゴッド

効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1400/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体と儀式魔法カード1枚を手札に加える。

「マンジュ・ゴッド」と比べると、上級モンスターになった代わりに特殊召喚成功時でも発動できル上にタイミングを逃さないようになっており、更にサーチ効果も儀式魔法と儀式モンスターの両方を引き込めるものになっています。

2枚のサーチが出来るとはいえ通常召喚では消費がかさむため、属性や種族に注目して「神の居城-ヴァルハラ」などで特殊召喚することが望ましいです。

レベル6以下の儀式モンスターであれば儀式素材にこのカードを使えば即座に儀式召喚が可能ですが、サーチ効果は儀式魔法カードと儀式モンスターの両方がデッキにある状態でなければ発動できない点には注意が必要です。

「伝説の剣闘士 カオス・ソルジャー」

伝説の剣闘士 カオス・ソルジャー

儀式・効果モンスター
星8/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「カオス・フォーム」「超戦士の儀式」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):自分ドローフェイズのドローの前に、手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
このターン通常のドローを行う代わりに、デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分バトルフェイズ中に相手は効果を発動できない。
(3):通常モンスターを使用して儀式召喚したこのカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
相手フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。

ドローフェイズに手札の自身を公開することで通常のドローの代わりに儀式魔法カード1枚をサーチできる儀式モンスターです。

通常のドローの代わりではあるものの、コストやデメリットも無く好きな儀式魔法カードをサーチできるため状況に応じたものを引き込むことが狙えます。

デッキに通常モンスターがいるなら「高等儀式術」をサーチしてこのカードの儀式召喚に繋げられますし、単に繰り返し儀式魔法カードをサーチする手段として手札に握り続けるというのも有りです。

「虹光の宣告者」

虹光の宣告者

シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 600/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

シンクロモンスターでありながら墓地へ送られた時に儀式モンスターか儀式魔法をサーチできる効果を持つモンスターです。

儀式デッキにシンクロ召喚を組み込む必要があると思うかもしれませんが、EXデッキから直接墓地へ送ってもサーチ効果は発動します。EXデッキからも儀式素材を選べる「影霊衣の万華鏡」と相性がすこぶる良く注目されました。

またターン1制限がないこともあり、3枚積みして「轟雷帝ザボルグ」で自身を破壊すれば計3枚の儀式モンスター・儀式魔法をサーチすることもできます。

「儀式の準備」

儀式の準備

通常魔法
(1):デッキからレベル7以下の儀式モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の墓地の儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える事ができる。

レベル7以下の儀式モンスターのサーチと墓地の儀式魔法をサルベージできる魔法カードです。

比較的簡単にこのカード一枚で儀式モンスターと儀式魔法を手札に加えられるため便利です。ただサーチできる儀式モンスターはレベル7以下限定ですので気を付けましょう。

「儀式の下準備」

儀式の下準備

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから儀式魔法カード1枚を選び、
さらにその儀式魔法カードにカード名が記された
儀式モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選ぶ。
そのカード2枚を手札に加える。

儀式魔法に儀式モンスターのカード名が記されている場合このカード1枚で2枚のサーチが可能です。

一昔前の儀式魔法なら大抵儀式モンスターのカード名が記されており、最近では「ヴェンデット」「ネフティス」の儀式魔法もこのカードでのサーチを視野に入れたテキストになっていますし、このカードを採用できるかは重要な点になります。

「高等儀式術」

高等儀式術

儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
デッキから通常モンスターを墓地へ送り、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

手札の儀式モンスターと同じレベルになるようにデッキから通常モンスターを素材に使える儀式魔法です。

デッキから素材を使えるので儀式召喚にとって最大のネックである手札消費を少なくできる点が注目を集めました。

デッキの「青眼の白龍」を使えば手札の「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」「青眼の混沌龍」が儀式召喚できるのは大きな利点です。

このカードを採用する場合は通常モンスターを一定数デッキに入れる必要があり、前述した「儀式魔人」「魔神儀」のサポートが受けにくくなることには気を付けましょう。

「祝福の教会ーリチューアル・チャーチ」

祝福の教会-リチューアル・チャーチ

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、
デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

光属性儀式モンスターまたは天使族・光属性を採用している場合に効力を発揮する儀式サポートですが、効果は使いやすく、儀式の弱点である手札事故を大幅に現状させてくれるかつ「2」の効果は使い終わった儀式魔法などをデッキに戻し再利用しつつも天使族・光属性モンスターを墓地から特殊召喚できるといった効果を持っております。

「限定解除」

限定解除

通常魔法
1000ライフポイントを払って発動できる。
手札から儀式モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
エンドフェイズ時に破壊される。
「限定解除」は1ターンに1枚しか発動できない。

ライフコストがある代わりに手札から儀式モンスターをデメリット付きで特殊召喚できます。

攻撃不可とエンドフェイズの自壊というデメリットに加え、この効果で特殊召喚した儀式モンスターは蘇生制限を満たさず、儀式召喚に成功している状態で使える効果も利用できません。

しかしそれ以外の効果であれば使用可能であり、素材に儀式モンスター指定するリンクモンスターや儀式モンスターが存在することで使えるサポートカードを使う上では問題なく利用できます。

「高尚儀式術」

高尚儀式術

儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
手札の通常モンスターをリリースし、デッキから儀式モンスター1体を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手エンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。

手札の通常モンスターをリリースすることでデッキから儀式召喚できる儀式魔法カードです。

「高等儀式術」とは儀式素材と儀式召喚先の指定場所が逆となっており、こちらを利用する場合は「召喚師のスキル」などを使って通常モンスターを手札に引き込むことが重要になります。

デッキから儀式召喚するため儀式モンスターの採用枚数は少なくて良いこと・通常モンスターの採用枚数が多い方が安定して使えることなど、このカードを儀式召喚の主な手段とする場合は他の儀式デッキとは構築がだいぶ変わってきます。

またこのカードの効果で儀式召喚したモンスターは相手エンドフェイズにデッキに戻るデメリットがあるため、短期決戦を狙えたり元々場持ちが良くない儀式モンスターの方が相性が良いでしょう。

「リターン・オブ・ザ・ワールド」

リターン・オブ・ザ・ワールド

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから儀式モンスター1体を除外する。
(2):このカードを墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリース、
またはリリースの代わりに自分の墓地の儀式モンスター1体をデッキに戻し、
このカードの(1)の効果で除外したモンスターを儀式召喚する。
●このカードの効果で除外したモンスターを手札に加える。

デッキから儀式モンスターを除外し、このカードを墓地へ送ることで除外した儀式モンスターを手札に加えるか儀式召喚できる永続罠です。

罠ですので初動が遅れますが、このカードのみで儀式モンスターサーチと儀式魔法の代わりの両方を務められますのでかなり強力なサポートです。

儀式モンスターを除外する効果とこのカードを墓地へ送って発動する効果は1ターンにいずれか一つなので発動するタイミングには特に気を付けましょう。

まとめ

今回は汎用儀式サポートカードを紹介させていただきました。

儀式テーマもすでに多種類存在するので、専用のサポートカードを使うことで更に儀式召喚へ繋げやすくなるかと思います。

儀式は手札消費が激しく展開が遅いと言われていたのは過去の話です。最近では手札消費2枚で1ターン目から儀式召喚することも難しくなく、儀式召喚の進化を感じます。

▼紹介した儀式サポートカードを探すなら▼



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す