「ZW(ゼアル・ウェポン)」+「希望皇ホープ」デッキと相性の良いカード5選!

2021116に発売予定の基本パック、ライトニング・オーバードライブにて「ZW」関連に新規カードが加わり強化されることが判明しました。

そこで今回はZWを活用することを主軸にした「希望皇ホープ」デッキと相性の良いカードを紹介していきます。

興味がある人は速めに集めておくというのも一つの手かと思います。

スポンサーリンク

「ZW(ゼアル・ウェポン)」+「希望皇ホープ」デッキと相性の良いカードを5選紹介!

EMプラスタートル」

EMプラスタートル

起動効果でフィールドの表側表示モンスター2体までのレベルを1つ上げられます。

このカードがレベル4であるため、「召喚僧サモンプリースト」「ゴブリンドバーグ」等を使ってもう1体のレベル4モンスターを並べればランク5の「ZW」エクシーズモンスターのエクシーズ召喚を狙うことが出来ます。

ランク4エクシーズモンスターに新規カードであるRUM-ゼアル・フォース」を使うことでも「ZW」エクシーズモンスターを出すことは出来ますが、フィールドからでなければ「希望皇ホープ」モンスターに装備できない「ZW」エクシーズを出す手段は用意しておくに越したことはありません。

レベル5モンスターを2体並べる、あるいは「RUM」を使うなどの方法で「ZW」エクシーズモンスターを出しておけば、後に「戦線復帰」等で蘇生したりしても活用できるでしょう。

「アステル・ドローン」

アステル・ドローン

エクシーズ召喚に使用する場合レベル5としても扱うことが出来る効果、このカードを素材としたエクシーズモンスターのエクシーズ召喚成功時に1枚ドローできる効果を持ちます。

EMプラスタートル」と同じくランク5である「ZW」エクシーズモンスターのエクシーズ召喚を狙う上で相性が良いです。

もちろんランク4エクシーズの素材にも使用でき、その際にもドロー効果は発動するのでハンドアドバンテージの獲得を行えます。

「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」

エクシーズ・チェンジ・タクティクス

自分フィールドに「希望皇ホープ」モンスターがエクシーズ召喚された時に500ライフを払うことで1枚ドローできる永続魔法カードです。

ライフコストこそあるものの効果の使用にターン1指定は無いため、「希望皇ホープ」モンスターをエクシーズ召喚する度にドローすることでハンドアドバンテージの獲得を図れます。

No.39 希望皇ホープ」→「SNo.39 希望皇ホープONEあるいはCNo.39 希望皇ホープレイ」→「SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」にするだけで計3枚のドローが行えるため、このカード自身とNo.39 希望皇ホープ」を出すためのエクシーズ素材という消費を踏まえても十分すぎるほどのハンドアドバンテージを得られます。

上記のようにドローを多用すれば当然自分のライフは減りますが、自らライフを減らすことでZW-荒鷲激神爪」や新規カードであるZW-天馬双翼剣」の自己特殊召喚条件を能動的に満たすことも狙えます。

「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できないため複数枚採用した場合2枚目以降は手札事故になり得ますが、「召喚僧サモンプリースト」のコスト等にしてしまえば無駄がありません。

「ジェネレーション・フォース」

ジェネレーション・フォース

自分フィールドにエクシーズモンスターが存在する場合に発動でき、「エクシーズ」カード1枚をサーチできる通常魔法カードです。

前述した「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」を引き込む手段として有用です。

このカードの発動条件の都合上「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」でドローできる枚数は減るものの、それでも十分なハンドアドバンテージ稼ぎを狙えます。

「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」の他にも、攻撃力を上げやすい「希望皇ホープ」デッキにとっては相手モンスターをエクシーズ素材にする「エクシーズ・インポート」もサーチ候補として有力です。

「シャイニング・ドロー」

シャイニング・ドロー

通常のドローでこのカードを引いたメインフェイズ1に「希望皇ホープ」エクシーズモンスターを対象に発動でき、2つの効果から1つを選んで適用する通常魔法カードです。

ZW」を主軸にした「希望皇ホープ」であれば1つ目の効果を狙え、複数体の「ZW」モンスターを装備することで攻勢に出られます。

このカードを使う上で忘れてはいけないこととして、“このカードで装備した「ZW」モンスターは自身の効果で装備したわけではないので装備モンスターの攻守アップは適用されない”点には要注意です。

ステータス強化は出来ずとも装備カードとしての効果は使えるため、耐性を付与して場持ちを上げたり新規カードのZW-弩級兵装竜王戟」の効果で装備した「ZW」を展開して追撃したりできます。

このカードを使うには通常のドローで引く必要があるため、「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」等で引いてしまった際は新規カードの「ゼアル・コンストラクション」でデッキに戻すのも有りです。

また新規カード「ゼアル・アライアンス」を使えばデッキの「シャイニング・ドロー」をデッキトップに置けるため、次のターンで一気に切り返すことも狙えます。

まとめ!!

「ZW」と相性の良いカードを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

通常パックである、ライトニング・オーバードライブにて「ZW」に新規カードが登場するということで「オノマトペ」とは違った「希望皇ホープ」モンスターを中心としたデッキが強化されました!

「希望皇ホープ」モンスターは強力なモンスターが多いので、「ZW」の強化で更に強化された点はアニメファンにとっては嬉しいものなのではないかと思います。

「ZW」が強化されるということで「希望皇ホープ」モンスターの価格が高騰する恐れも十分に考えられるので、デッキを組もうか迷っている方は是非、早めに集めて置くことがおすすめです。

関連記事はコチラ↓

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-ではアニメ遊戯王ZEXALの主人公である九十九遊星が使用していた「オノマトペ」カードに新規カ...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ LIGHTNING OVERDRIVE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする