トポロジック・ゼロヴォロスの考察と考案、相性の良いカードを紹介!新たな「トポロジック」リンク4モンスター!




2019622日に発売予定のストラクチャーデッキ-リボルバー-に収録されるカード数枚の情報が公式より発表されました。

今回はその内の1枚である「トポロジック・ゼロヴォロス」について考察していきたいと思います。

新たな「トポロジック」リンクモンスター!「トポロジック・ゼロヴォロス」の考察と考案!

リンク・効果モンスター リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000 【リンクマーカー:左上/右上/左下/右下】 効果モンスター2体以上

自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。

(1):このカードの攻撃力は除外されているカードの数×200アップする。

(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。 フィールドのカードを全て除外する。

(3):このカードが自身の効果で除外された場合、 次のターンのスタンバイフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。

リンク4の闇属性・サイバース族で攻撃力は3000です。

召喚条件は効果モンスター2体以上、リンク先は左上・右上・左下・右下になります。

自分はこのカードのリンク先となるエクストラモンスターゾーンにモンスターを出せないという効果外テキストを持ちます。

効果は3つあり、1つ目自身の攻撃力を除外されているカードの数×200アップするもの。

2つ目自身がフィールドに存在する状態でリンクモンスターのリンク先にモンスターが特殊召喚に成功した場合に発動し、フィールドのカード全てを除外する効果。

3つ目このカードが自身の効果で除外された場合、次のスタンバイフェイズ時に除外されているこのカードを特殊召喚します。

リンク4「トポロジック」リンクモンスターとしては3体目であり、召喚条件は効果モンスター2体以上と同じになっています。

スポンサーリンク
スケープ・ゴート

そのため他の「トポロジック」リンクモンスター同様に低リンクモンスターを経由することで「スケープ・ゴート」1枚から繋げることが可能です。

リンク先の内2つは左上と右上に向いていますが、効果外テキストにより自分はこのカードのリンク先となるエクストラモンスターゾーンにモンスターを出せません。

マズルフラッシュ・ドラゴン

「マズルフラッシュ・ドラゴン」と同じく自分のリンクモンスター3体でのエクストラリンクが出来ないようになっています。

あくまでリンク先となるエクストラモンスターゾーンにモンスターを出せないため、このカードをエクストラモンスターゾーンに出した場合のリンク先となるメインモンスターゾーンには問題なくモンスターを出せます。

強欲で貪欲な壺

1の効果は自己強化効果であり、倍率はそこまで高くありませんが元々の攻撃力が高いですし、参照するのは除外されているカードなので裏側表示で除外されているカードもカウントします。

トポロジック・ボマー・ドラゴン

2の効果は「トポロジック・ボマー・ドラゴン」と同じ発動条件の全体除去効果です。メインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する「トポロジック・ボマー・ドラゴン」

トポロジック・トゥリスバエナ

お互いの魔法&罠ゾーンのカードを全て除外する「トポロジック・トゥリスバエナ」のどちらと比べても、全体除去能力が非常に高いです。

フィールドのカード全てが除外されるため自身も除外されてしまいますが3の効果があるので自分の方がメリットになりやすいです。

この効果の発動条件からも分かる通り相手もこの効果を利用しようと思えば出来るため、フィールドをがら空きにされた後攻撃される可能性がある点には気を付けましょう。

3の効果は2の効果で除外された自身をフィールドに特殊召喚する効果であり、自分のターンでも相手のターンでも2の効果によるフィールドのリセット後に戻ってくることになるので有利な状況を作りやすいです。

当然戻ってくるのはメインモンスターゾーンになるので、効果外テキストを踏まえた上で特殊召喚する位置を考えた方が良いです。

ちなみにこのカードをメインモンスターゾーンの中央に出すことで、自分がエクストラデッキからモンスターを出せなくなる代わりに相手にはエクストラモンスターゾーンにモンスターを出すと2の効果で全体除外されるという牽制が出来ます。

スポンサーリンク

「トポロジック・ゼロヴォロス」と相性の良いカードは?

「機巧蛇-叢雲遠呂智」

機巧蛇-叢雲遠呂智

自分のデッキからカードを8枚裏側表示で除外することでフリーチェーンで手札・墓地から自身を特殊召喚できる最上級モンスターです。

エクストラモンスターゾーンの「トポロジック・ゼロヴォロス」の全体除外効果をフリーチェーンで狙えますし、同時にカードの除外もしているのでフィールドに戻ってきた「トポロジック・ゼロヴォロス」の攻撃力アップにも大きな貢献ができます。

「オルフェゴール・バベル」

オルフェゴール・バベル

元々のカード名に「オルフェゴール」を含む自分フィールドのリンクモンスター及び自分の墓地のモンスターが発動する効果をフリーチェーンで発動できるようにするフィールド魔法カードです。

エクストラモンスターゾーンに出した「トポロジック・ゼロヴォロス」がいる状態で墓地に「オルフェゴール・ディヴェル」等がいればフリーチェーンで「トポロジック・ゼロヴォロス」の全体除外効果の発動を狙えます。

また「オルフェゴール」は除外を得意とするテーマでもあるので、「トポロジック・ゼロヴォロス」の攻撃力が4000を越えるのもそう難しくはありません。

「トポロジック・ゼロヴォロス」の評価は?まとめ!!

効果は良くも悪くも癖が強く、ハイリスクハイリターンと言えるでしょう。

使い方次第ではかなり強力なカードとなっていますので、フィールドに出るだけでもデュエルの状況を大きく動かすほどの力を持っていることは間違いないでしょう。

耐性効果を持っているわけではないので、一度全体除外を使った後は「グリッド・ロッド」等で耐性を付与して1の効果を含めた高火力モンスターとしての運用も有りかと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ リボルバー

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする