「絶海のマーレ」の効果考察!相性の良いテーマとカードは?水族デッキでの評価は?

基本パック ディメンション・フォースにて「絶海のマーレ」というカードが登場しました。

そこで今回は「絶海のマーレ」の効果を考察し、相性の良いカードやテーマについて紹介していきたいと思います。

「絶海のマーレ」の効果考察!

絶海のマーレ

「絶海のマーレ」は水属性・水族のレベル4モンスターであり、攻撃力1500 守備力1600となっています。

攻撃力が丁度1500ですので、ギリギリ「海晶乙女コーラルアネモネ」「清冽の水霊使いエリア」「サルベージ」等のサポートを受けることができます。

1つ目の効果についてですが、召喚・特殊召喚成功時にデッキから自身と同名カード以外の水族モンスター1体を墓地へ送るというものです。

水族専用の墓地肥やし効果であり、召喚と特殊召喚のどちらでも発動できるため墓地肥やし効果としてはかなり使いやすい部類になります。

墓地肥やし効果を使う上での基本ではありますが、後に蘇生・サルベージしたいモンスターや墓地で発動する効果を持つモンスターを墓地へ送るのが望ましいです。

ジェネクス・ウンディーネ

水族モンスターのほとんどは水属性であることから水属性専用の墓地肥やし効果を持つ「ジェネクス・ウンディーネ」が競合先となりますが、あちらは召喚成功時にしか効果を発動できず「ジェネクス・コントローラー」がデッキにいなければ墓地肥やし効果を利用出来ないこと等から差別化ができます。

2つ目の効果についてですが、自分エンドフェイズにこのカードをリリースすることで自分の墓地から自身と同名カード以外の水族モンスター1体を手札に加えるというものです。

1の効果で墓地へ送ったモンスターをこの効果でサルベージすれば、タイムラグはあるものの実質的なサーチとして機能させることも出来ます。

自身をリリースコストにするためフィールドのモンスターの数は減ってしまいますが、水族モンスター1体をサルベージしつつも1の効果を使うために出したこのカードを棒立ちさせずに済むという見方も出来ます。

どちらの効果も水族専用のサポート効果であり、水族であればレベル等の指定が無い上にその後の制約なども無いため使いやすいです。

基本的には1の墓地肥やし効果で墓地アドバンテージを稼ぐことを狙い、状況次第では2のサルベージ効果も使っていけることから様々な状況で活用出来るでしょう。

スポンサーリンク

「絶海のマーレ」と相性の良いテーマとカードは?

「電気海月-フィサリア-」


遊戯王カード 電気海月-フィサリア- スーパーレア デュエリストパック 深淵のデュエリスト編 DP26 Yugioh! | 遊戯王 カード 効果モンスター 水属性 水族 スーパー レア

手札・デッキ及び自分フィールドの「海」をコストにした特殊召喚効果、「海」が存在する場合に制圧力と自己強化効果を発揮する下級モンスターです。

このカードでデッキの「海」を墓地へ送って手札から「絶海のマーレ」を特殊召喚すれば、「絶海のマーレ」の効果でデッキから「海神の依代」を墓地へ送り、「海神の依代」の効果で「海」をサルベージできます。

結果的に「海」をサーチしつつもモンスター2体の展開に成功しており、「海」が存在する時の「電気海月-フィサリア-」は制圧効果と自己強化効果によって下級モンスターとは思えないほど高い性能を発揮してくれます。

「海」を中心としたデッキにおいて「海」を素早く引き込めるというのは重要な要素ですし、既に「海」があるという状況なら「絶海のマーレ」12の効果で「デス・クラーケン」を引き込むのにも使えます。

「水精鱗-アビスヒルデ」


水精鱗-アビスヒルデ 【N】 ABYR-JP016-N [遊戯王カード]《アビス・ライジング》

墓地へ送られた場合に手札から自身と同名カード以外の「水精鱗」モンスターを特殊召喚できる下級モンスターです。

このカードの効果はどこから墓地へ送られても発動できるため、「絶海のマーレ」でデッキから墓地へ送ることで「水精鱗」モンスターの展開に繋げられます。

特殊召喚したのが「水精鱗-メガロアビス」であれば2回攻撃効果を使うためのリリースコストとして「絶海のマーレ」を使うことも出来ますし、「水精鱗-メガロアビス」以外であっても各種召喚方法の素材として活用していけます。

「ガーディアン・スライム」


遊戯王 DP24-JP003 ガーディアン・スライム (日本語版 シークレットレア) デュエリストパック -冥闇のデュエリスト編-

自分が戦闘・効果ダメージを受けた時に手札から特殊召喚できる最上級モンスターです。

このカードの自己特殊召喚効果は基本的に相手ターンに使うことになるため、「絶海のマーレ」2の効果でのサルベージ先の候補として有力です。

守備表示で特殊召喚すれば相手モンスターの攻撃を1度なら耐えられる壁としても機能しますし、次の自分のターンまで生き残っていれば「神・スライム」を特殊召喚するためのリリース要員に使うこともできます。

「氷水」テーマ

モンスターが水属性・水族で統一されたテーマであり、水属性モンスターをサポートする効果を活用するのが特徴です。

「氷水」モンスターの中には自分フィールドの水属性モンスターが破壊された場合に墓地の自身を除外して使える特殊召喚効果を持つものも複数いるため、「絶海のマーレ」の墓地肥やし効果はそれらの補助として活用することができます。

当サイトでは「氷水」テーマデッキの紹介を行なっております↓

2021年10月16日発売の基本パック バトル・オブ・カオスにて「氷水」テーマに新規カードが加わります。 そこで今回は...

「セリオンズ」テーマ

モンスターを装備したり装備されているときに強化と効果を付与したりといった動きが特徴的なテーマです。

「絶海のマーレ」なら1の効果で水族の「セリオンズ“リーパー”ファム」を墓地へ送ることができるため、墓地が肥えていない序盤では特に手札の「セリオンズ」モンスターを特殊召喚するための準備として有効活用できます。

また「セリオンズ“リーパー”ファム」または「セリオンズ“リーパー”ファム」を装備したモンスターは相手ターン中にフリーチェーンでバウンス効果を使うことが出来るため、制圧力として機能させられる点も最序盤での動きに向いていると言えます。

当サイトでは「セリオンズ」テーマデッキレシピの紹介も行なっております↓

2022年1月15日に発売した基本パック ディメンション・フォースでは「セリオンズ」テーマが登場しました 。 そこで今回...

「絶海のマーレ」の水族デッキでの評価は?まとめ!

「絶海のマーレ」は水族専用な代わりに使いやすい墓地肥やし効果とサルベージ効果を持つため、様々な水族テーマに採用を検討することができるカードだと評価できます。

先述もした通り水族モンスターのほとんどは水属性であるためデッキ構築の際は水属性サポートカードと併用しがちですが、今後「軍貫」のような水属性以外の水族テーマなどが登場した際には「絶海のマーレ」の利用価値も大きく上がることが予想されます。

「終末の騎士」「宣告者の神巫」等の例もありますが、使いやすい墓地肥やし効果を持つモンスターは併せるカードやデッキによっては展開の起点となる重要な役割を担うので、水族に興味がある人などは今のうちに集めておいても損はないでしょう。


遊戯王OCGデュエルモンスターズ HISTORY ARCHIVE COLLECTION BOX CG1782


遊戯王OCGデュエルモンスターズ デッキビルドパック タクティカル・マスターズ BOX CG1787

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする