「勇者トークン」は今後も規制される可能性あり?制限や禁止になりそうなカードを予想!汎用性を考察してみた!

2022年の昨今では「勇者トークン」の出張セットは多くのデッキに採用されており、大会環境でも使用率が高いこともあって規制を受けながらも、未だに環境に残っています。

そこで今回は「勇者トークン」の主張セットが今後規制される可能性などについて考察していきたいと思います。

「勇者トークン」の出張セットは何故使われているのか軽くおさらい!

知らない人もいると思うので、まずは「勇者トークン」の出張セットについて簡単に紹介します。

「勇者トークン」の出張セットというのは、

「アラメシアの儀」+「運命の旅路」+「騎竜ドラゴハック」+「流離のグリフォンライダー」+「聖殿の水遣い」

のことです。

聖殿の水遣い

「聖殿の水遣い」あるいは「アラメシアの儀」が手札にあれば、結果的に「騎竜ドラゴハック」を装備した「勇者トークン」と「流離のグリフォンライダー」を並べられるというものになっています。

「聖殿の水遣い」「アラメシアの儀」のどちらかと手札コスト1枚消費なら通常召喚権を温存したままこの展開ができ、「聖殿の水遣い」「アラメシアの儀」どちらかと通常召喚できるモンスターや自己特殊召喚効果を持つモンスター等があれば手札コストを使わずとも動けます。

流離のグリフォンライダー

制圧力のある「流離のグリフォンライダー」を簡単に出せることから制圧盤面構築に役立つのはもちろん、「騎竜ドラゴハック」のバウンス効果もあるため切り返す際にも有用という攻防共に優秀なコンボです。

この消費に対するメリットの大きさこそが「勇者トークン」の出張セットが使われている理由になっています。

運命の旅路

問題なく「勇者トークン」と「流離のグリフォンライダー」を並べられればそれで良いですし、もし「運命の旅路」のサーチ効果が相手の「灰流うらら」等に妨害されたとしても、消費が少ない故に残り手札に余力が十分あるケースが多いです。

そうなれば残り手札にあったテーマ本来の動き等をすればいいので、むしろ相手に妨害効果を使わせることが出来たという見方も出来るでしょう。

アラメシアの儀

「アラメシアの儀」の効果外テキストによって自分は特殊召喚されたモンスター以外のフィールドのモンスター効果を発動できなくなりますが、墓地で発動する効果を持つモンスターや特殊召喚したモンスター効果を駆使することが多いデッキにとってはそこまで重くありません。

「アラメシアの儀」の効果外テキストがある以上どんなデッキにも採用が勧められるわけではありませんが、相性の良いテーマと合わせた場合の強さは目を惹くものがあります。

大会環境では「プランキッズ」や「幻影騎士団」に「天威」などが「勇者トークン」の出張セットを採用しており、テーマ自体の特性との相性の良さも相まってそれらのデッキが優勝や準優勝といった好成績を残すことも昨今では珍しくないです。

スポンサーリンク

「勇者トークン」は今後規制される可能性あり?その理由や制限・禁止になりそうなカードは?


前述もしましたが、「勇者トークン」の出張セットを採用したデッキは大会環境でも好成績を多く残しています。

これまでの規制改定から察せられるように、大会環境で活躍した出張セットは規制強化されやすい傾向があります。

「勇者トークン」も2022年1月リミットレギュレーションで規制を受けています。

しかし、それでも現状から考えると、様子見の規制という面もあり、まだまだ出張として機能しているのが現状です。

今後、何かしらの規制の強化を受けて出張性能が落ちるという可能性は十分に考えられます。

活躍ぶりから考えれば「勇者トークン」の出張セットは規制されても仕方ないレベルではあるのですが、「アラメシアの儀」の効果外テキストの都合からどんなデッキに採用しても良いというわけでもないというのが、更なる規制強化に踏み切るかどうか難しい所ではあります。

とはいえこのまま規制を受けなければ大会環境で「勇者トークン」の出張セットを採用したデッキが活躍し続けることは目に見えていますし、大会環境の固定化は公式も避けたいはずなので「勇者トークン」の出張セットを今後、規制強化をする可能性は高いと言えるでしょう。

具体的な「勇者トークン」の出張セットがどのように規制されるかについてですが、いきなり厳しい規制強化をされる可能性が非常に高いわけではありません。

外法の騎士

それに加えて、2022年1月15日(土)に発売したディメンジョン・フォースでは「勇者トークン」テーマに関連した「外法の騎士」が登場していることから、KONAMI側は今後も「勇者トークン」テーマを推していきたいと考えているはずです。

「勇者トークン」の出張セットは間違いなく優秀ではありますが、登場してからも数ヶ月立ちますが、禁止カードに規制されるカードが出るほど凶悪なコンボでもありませんし、大会環境を一色に染めるほどの大流行というわけでもありません。

そのことを踏まえて「勇者トークン」の出張セットの規制内容を考えると、2022年1月現在、準制限であり、2枚済みされている「聖殿の水遣い」か「アラメシアの儀」が制限規制される可能性が高いと予想できます。

厳しい規制がなさそうなことを踏まえると「聖殿の水遣い」「アラメシアの儀」両方が制限カードに規制されたり、どちらかが制限カードに規制されるというのが現実的なのかもしれません。

やや極端な話ではありますが、「勇者トークン」の出張セットを使用不能にしたいだけであれば、

2022年リミットレギュレーションでノータッチであった「流離のグリフォンライダー」禁止カードにしてしまうという手もあります。

制圧力のある「流離のグリフォンライダー」が使えなければ「勇者トークン」の出張セットを採用するメリットは下がるため、大会環境で使われることはかなり減るでしょう。

まとめ!

「勇者トークン」の出張セットは2022年1月に規制を受けたものの、未だに出張性は高く、「〇〇勇者」と呼ばれるデッキタイプが、大会で活躍しております。

利便性のある「勇者トークン」の出張セットですが、今後規制強化されるかというと、実のところ難しいところではないかと個人的には感じます。

「勇者トークン」テーマは登場してから数ヶ月が経ちますが、まだ比較的新しめのテーマであるが故に、今後もKONAMI側としては新カードを登場させて、強化させたいと考えているはずです。

「勇者トークン」テーマのキーカードである「聖殿の水遣い」「アラメシアの儀」を今後制限にする可能性は0ではないものの、現段階では難しいのではないかと感じます。

また、極端な話をしてしまえば、「流離のグリフォンライダー」禁止カード化もアリと言えなアリかも知れませんが、「勇者トークン」の出張は凶悪なコンボ性や、全盛期の「十二獣」の様などのデッキも同じデッキタイプになる汎用性は持っていない上に

「アラメシアの儀」+「運命の旅路」+「騎竜ドラゴハック」+「流離のグリフォンライダー」+「聖殿の水遣い」

を採用するだけでも、デッキのスロットを要するため、現段階では規制強化は考えにくいと言えるでしょう。

今回の紹介については、恐らく賛否両論あるかと思いますので、あくまでも参考程度に捉えていただければ幸いです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする