2021年4月のリミットレギュレーションで弱体化が予想されるテーマデッキを考察!【遊戯王OCG】

 

つい先日、202141日から遊戯王OCG に適用される新リミットレギュレーションが公式より発表されました。

 

そこで今回は新リミットレギュレーションやその影響について考察していきます。

 

2021年4月のリミットレギュレーションを軽くおさらい!

 

まずは今回規制改定されたカードをおさらいしていきます。

 

「マジックテンペスター」無制限→禁止

「真竜皇V.F.D.無制限→制限

EMドクロバット・ジョーカー」制限→準制限

「ファイアウォール・ドラゴン」制限→準制限

「ユニオン格納庫」制限→準制限

「オルターガイスト・メリュシーク」準制限→無制限

「ジャンク・スピーダー」準制限→無制限

「氷結界の虎王 ドゥローレン」準制限→無制限

「継承の印」準制限→無制限

「閃刀機関-マルチロール」準制限→無制限

「闇の誘惑」準制限→無制限

 

上記の通り、規制強化されるカードよりも規制緩和されるカードの方がずっと多い改定となりました。

 

新型コロナウイルスの影響で現在のリミットレギュレーション環境で行われた大会が多くなかったこと、昨今の大会環境は様々なデッキが活躍している群雄割拠の状態であること等が今回の規制改定の理由ではないかと思われます。

 

マジックテンペスター

 

一方では先攻ワンキルコンボのキーパーツとして実績を得てしまった「マジックテンペスター」が無制限から一発で禁止カードになりました。先攻ワンキルはゲーム性を著しく低下させる原因になりますので、「マジックテンペスター」禁止カード化は予想していた人も多かったかと思います。

 

ファイアウォール・ドラゴン

 

エラッタされたことで調整された「ファイアウォール・ドラゴン」「氷結界の虎王 ドゥローレン」は徐々に規制緩和されており、エラッタの効果が確実に表れてきています。

 

EMドクロバット・ジョーカー

 

EMドクロバット・ジョーカー」「闇の誘惑」等の思いがけず規制緩和されたカードもあるため、それらが今後の大会環境やデッキ構築にどれほどの影響を与えるかは1つの注目どころになるでしょう。

 

真竜皇V.F.D.

 

以上のことを踏まえて弱体化するテーマを予想していきますが、「マジック・テンペスター」は先攻ワンキルコンボを使用不可能にしたのが理由であるため、それ以外に規制強化されたカードは「真竜皇V.F.D.のみになります。ですので実質的に「真竜皇V.F.D.が規制されたことで弱体化するテーマの予想となります。

 

水晶機巧-ハリファイバー

 

ちなみに「水晶機巧-ハリファイバー」から「真竜皇V.F.D.に繋げる運用は規制改定後も健在です。

 

「真竜皇V.F.D.の規制強化の理由が汎用的に出しやすくなったことであるなら、今回の制限カード化は近い将来「真竜皇V.F.D.を禁止カード化するための布石という見方も出来るでしょう。

 

2021年4月の禁止制限で弱体化するテーマを予想!

「電脳堺」デッキ


シンクロとエクシーズの両方を駆使することに長けており、高い安定力と展開力から昨今の大会環境でも好成績を残しているテーマデッキです。

 

展開力を活かすことで制圧盤面の構築も容易で、「真竜皇V.F.D.はその高い制圧力から先攻1ターン目で出す価値が十分ある強力カードでもあります。

 

元よりエクストラデッキを多用することもあって「真竜皇V.F.D.を複数枚積みしているデッキはあまりありませんでしたので、弱体化といっても大した影響にはならないでしょう。

 

「真竜皇V.F.D.を複数枚積みしていた人は、他の汎用ランク9エクシーズモンスター等と入れ替えることを検討することになるかと思います。

 

当サイトでは「電脳堺」デッキレシピの紹介を行なっております↓

【電脳堺デッキレシピ2022の回し方・展開例】を紹介!!シンクロとエクシーズの新規テーマ!

 

「真竜」デッキ

 

 

「真竜」モンスターの中でもレベル9「真竜皇(凰)」を主軸とした構築が影響を受けます。

 

破壊効果等と併せることで展開したレベル9「真竜」モンスターを素材に「真竜皇V.F.D.を出すことができます。

 

「真竜皇V.F.D.はデッキのエースであり切り札として活躍してくれ、運用や構築次第では1デュエル中に「真竜皇V.F.D.を複数回エクシーズ召喚することも狙えました。

 

性能自体は汎用ランク9エクシーズモンスターの「真竜皇V.F.D.も元はと言えば「真竜」のテーマカードですので、今回の制限カード化により弱体化する可能性はあります。

 

当サイトでは「真竜」デッキレシピの紹介も行なっております↓

「真竜」デッキレシピ2019の回し方と戦術を紹介!「ドラゴニックD」の規制緩和記念!!

 

「ジェネレイド」デッキ


レベル9モンスターを中心にしたテーマで、相手ターン中に行動することを得意としているのが最大の特徴です。

 

「王の影 ロプトル」のリクルート効果や「死の王 ヘル」の蘇生効果を使ってモンスターを展開することも可能ですし、属性と種族がバラバラな点に注目して「星遺物の胎導」を使えばレベル9モンスター3体を一気に展開することも可能です。

 

レベル9モンスターを出しやすいことから「真竜皇V.F.D.はエクストラデッキへの採用候補としてかなり有力で、他の「ジェネレイド」モンスターと合わせることで更に高い制圧力を発揮していていました。

 

今回の「真竜皇V.F.D.制限カード化は弱体化になると言えるでしょう。

 

当サイトでは「ジェネレイド」デッキレシピの紹介も行なっております↓

【王(ジェネレイド)デッキレシピ2021】の回し方・対策を紹介!2021年環境対応版!

 

2021年4月のリミットレギュレーションで弱体化が予想されるテーマデッキを考察!【遊戯王OCG】まとめ!

 

2021年4月のリミットレギュレーションが昨日の14日に発表されましたが、規制よりも緩和されたカードが多かったので、今後この緩和が環境にどの様な影響を与えるのか気になるところです。

 

一方で、大会環境が1強環境と言うわけでなかったということで、規制されたカードは少なく、弱体化するテーマも正直なところ、ものすごい弱体化いしたわけでは無いので、ダメージはそこまで大きく無いでしょう。

 

2021年4月から適用のリミットレギュレーションの影響がどの様になるのか、今後気になるところでございますね!!

 

関連記事はコチラ↓

【遊戯王OCG】2021年4月のリミットレギュレーションが判明!禁止制限の感想は?|

2021年4月の禁止制限改訂を予想し考察してみた結果は・・・?【遊戯王OCGリミットレギュレーション】

https://kata0003.net/2021nen-rimitto-kanwa-14030

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください