【遊戯王高騰予想】2022年8月にシングル価格が高騰しそうなカードを一覧で紹介!!

 

 

20227月もあとわずかということで、来月8シングル価格が高騰しそうなカードについて予想していきます。

 

 

あくまでも予想なので確実に当たるわけではありませんが、今回紹介する中には既に高騰傾向にあるカードも含めていますので、売買を検討しているという人はぜひ参考にしてみてください。

 

2022年7月の高騰傾向を軽くおさらいし、考察!

 

 

 

7月のシングル相場についてですが、発売した新商品や今後発売予定の新商品の情報に加えて大会環境の動きが影響を与えました。

 

 

 

新商品についてですが、716に発売した基本パック ダークウィング・ブラストでは新規テーマの登場に加えて様々な既存テーマが強化されることとなり、新規テーマと相性の良い既存カードや今回強化された既存テーマのキーカード等の価格は上昇傾向にありました。

 

 

また86日に発売予定ストラクチャーデッキR-デビルズ・ゲート-では「暗黒界」テーマが大幅に強化されますが、既存のカードも多数再録されることから少なくとも7月現在ではシングルカードの価格が大きく上がるということにはなり辛いようです。

 

 

820にはデッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズが発売予定であり、登場する新規テーマ3種の内の1種である「レスキューエース」については既にほとんどの情報が公開されています。

 

相性が良いと思われるカードの価格上昇に繋がってこそいるものの、再録カードのラインナップが優秀なこともあってか今のところはそこまで大きな価格高騰にはなっていません。

 

 

その他にも、910に発売予定のワールドプレミアパック2022にて日本に上陸する海外先行テーマ「ビートルーパー」の詳細も判明しました。

 

 

大会環境の動きとしては、ダークウィング・ブラストの発売によって変化が起きました。

 

 

同名カード3枚積みが出張セットとして機能する「クシャトリラ・フェンリル」

 

既に大会環境で活躍していた「ティアラメンツ」や「スプライト」の新規カード

 

「イシズティアラメンツ」デッキへの対策手段となれる「ビーステッドテーマ」の登場などはパック発売以降の大会環境に大きな影響を与えたため、シングルカードの相場価格を変動させる要因にもなりました。

 

 

「スプライト」と「イシズティアラメンツ」が使用率と戦績の両方で活躍が目立っている状況だけ見れば大きく変わっていないとも言えますが、「クシャトリラ」「エルドリッチ」「ふわんだりぃず」といったそれ以外のテーマデッキも着実と結果を出しました。

 

 

また「クシャトリラ・フェンリル」の出張セットを筆頭に、テーマデッキ自体は変わらずともメインデッキ・エクストラデッキ・サイドデッキの中身が確実に変化してきているという点もシングルカードの価格に影響を与えています。

 

2022年8月にシングル価格が高騰するカードを予想して紹介!

「閉ザサレシ世界ノ冥神」


遊戯王 BLVO-JP050 閉ザサレシ世界ノ冥神 (日本語版 プリズマティックシークレットレア) ブレイジング・ボルテックス

リンク・効果モンスター
リンク5/光属性/悪魔族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/右/下/右下】
効果モンスター4体以上
このカードをリンク召喚する場合、相手フィールドのモンスターも1体までリンク素材にできる。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):リンク召喚したこのカードは、
このカードを対象とする効果以外の相手の発動した効果を受けない。
(3):1ターンに1度、墓地からモンスターを特殊召喚する効果を含む、
魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。

 

最大の特徴は相手フィールドのモンスターも1体までリンク素材に出来ることであり、召喚条件の素材にするという除去は数ある除去手段の中でも極めて強力です。

 

 

昨今の大会環境にて「スプライト」デッキへの採用率が上がってきているカードであり、自分のターン中にIPマスカレーナ」を含む効果モンスター3体を用意しておくことで、相手ターン中にIPマスカレーナ」の効果を使って相手フィールドの効果モンスター1体を素材として除去しつつもこのカードをリンク召喚できます。

 

「スプライト」デッキの採用率の上昇により、今後の更なる価格高騰が予想されます。

 

「ラーの翼神竜-球体形」


●●●遊戯王●ラーの翼神竜●球体形●コレクターズ●カード●【検索●リティコレクション●プリズマ●20th●シク●レリーフ】 303

効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻 ?/守 ?
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、
自分フィールドのモンスター3体をリリースして自分フィールドに召喚、
または相手フィールドのモンスター3体をリリースして相手フィールドに召喚しなければならず、
召喚したこのカードのコントロールは次のターンのエンドフェイズに元々の持ち主に戻る。
(1):このカードは攻撃できず、相手の攻撃・効果の対象にならない。
(2):このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから「ラーの翼神竜」1体を、
召喚条件を無視し、攻撃力・守備力を4000にして特殊召喚する。

 

効果外テキストにより相手フィールドのモンスター3体をリリースして相手フィールドに召喚することもできるため、手札にさえあれば前準備無しでチェーンブロックも作らずに相手フィールドのモンスター3体をリリースで除去できるカードという見方も出来ます。

 

「スプライト」デッキを筆頭に高速化した昨今ではフィールドにモンスターを展開することで制圧盤面を構築するデッキが多く、このカードは相手の厄介なモンスターを1度で3体も除去できるため切り返しの際に大いに活躍してくれます。

 

 

このカードに召喚権を割いても十分に展開が可能な「イシズティアラメンツ」デッキや、そもそも召喚権を使う必要がほとんどない「エルドリッチ」デッキ等のサイドデッキに採用されるカードとして注目され始めているため今後の高騰は十分あり得るでしょう。

 

 

「拮抗勝負」


遊戯王カード 拮抗勝負(ウルトラパラレルレア) 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION(20TH) | 通常罠 ウルトラパラレル レア

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、
このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、
自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
自分フィールドのカードの数と同じになるように、
相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

 

相手プレイヤーに除去を強要するカードであるため、ほとんどの耐性をすり抜けて除去が出来るというのは大きな利点です。

 

 

相手が先攻1ターン目で制圧盤面を構築してきた際、自分のターンにはフィールドががら空きのままバトルフェイズに入りそのバトルフェイズ終了時にこのカードを発動すれば、そのターン中のバトルフェイズを諦める代わりに相手のフィールドのカードを1枚にすることで制圧盤面を一気に崩すことが狙えます。

 

 

自分のメインフェイズ1で別のカードを囮として使い、「拮抗勝負」を無効に出来るカードを予め相手に使わせてから本命の「拮抗勝負」を通すといったことも可能です。

 

 

以前から制圧盤面への対策としてサイドデッキへ採用されていたカードですが、フィールドにカードを並べて制圧する「スプライト」等への対策としても活用されているため価格の上昇が予想できます。

 

 

「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」


遊戯王 破壊剣-ドラゴンバスターブレード BOSH-JP020 ノーマル

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 400/守 300
「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。

 

装備カードとなっている場合に相手のエクストラデッキからの特殊召喚を封じる効果を持ちます。

 

リンク2モンスターの展開が容易な「スプライト」デッキにおいて、展開したモンスターを使って出した「ユニオン・キャリアー」の効果で闇属性モンスター(「ギガンティック・スプライト」が基本)にこのカードを装備することで強力なロックを仕掛けることが可能となります。

 

相手デッキ次第ではエクストラデッキからの特殊召喚を封じられれば、それだけで非常に有利な状況となれるでしょう。

 

 

最近「ユニオン・キャリアー」とこのカードを採用した「スプライト」デッキも活躍しているため、レアリティこそ高くないものの価格の上昇が考えられます。

 

「未界域のビッグフット」


未界域のビッグフット ウルトラレア 遊戯王 EXTRA PACK 2019 ep19-jp021

効果モンスター
星8/闇属性/獣族/攻3000/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
自分の全ての手札の中から、相手がランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。
それが「未界域のビッグフット」以外だった場合、
さらに手札から「未界域のビッグフット」1体を特殊召喚し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

「未界域」共通の自己特殊召喚効果に加え、手札から捨てられた場合には相手フィールドの表側表示カード1枚を破壊出来ます。

 

能動的に手札のカードを効果で捨てる手段となれるだけでなく、単体での打点の高さやシンプルな除去効果からストラクチャーデッキR-デビルズ・ゲート-で強化される「暗黒界」テーマと相性が良いです。

 

またこのカードは「暗黒界の龍神王 グラファ」の融合素材となれたり、レベル8の「暗黒界」モンスターである「暗黒界の魔神王 レイン」「暗黒界の龍神 グラファ」と合わせてランク8エクシーズの素材に出来たりといった点でも利用価値が高いです。

 

このカード自体は「未界域」テーマのカードなこともあり、ストラクチャーデッキR-デビルズ・ゲート-に再録される可能性が比較的低いという点でもシングル価格の上昇が予想されます。

 

まとめ!

 

2022年8月に高騰が予想されるカードを一覧で紹介してきましたが、まだ確保出来ていないカードや気になるカードはありましたでしょうか?

 

今回紹介したカードはあくまでも予想なので、今後の再録や需要が伸びることで更なる高騰も十分にあり得ます。

 

8月以降に発売予定の新テーマや強化テーマを組む予定のある方は、ショップから在庫がなくなるうちに手に入れておくのも手かと思います。(ただし、再録する可能性のあるカードなどの見極めは重要です)

 

8月はまだデッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズの残り2テーマの詳細や910に発売予定のワールドプレミアパック2022に加わる新テーマやカードの情報がまだ少ないだけあり、情報が公けになることで高騰するカードも出てくるかと思いますので、そのあたりも是非チェックしてみることをおすすめします!!

 

2022年7月に高騰したカードの紹介はコチラ↓

【遊戯王高騰予想】2022年8月にシングル価格が高騰しそうなカードを一覧で紹介!!

 

 

 

 


遊戯王OCGデュエルモンスターズ デッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズ BOX CG1830


遊戯王OCGデュエルモンスターズ WORLD PREMIERE PACK 2022 BOX CG1834


遊戯王OCGデュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -デビルズ・ゲート-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください