【遊戯王高騰予想】2021年8月に価格高騰するシングルカードを予想!

20217月も残すところあと僅かとなったところで、8月にシングル価格が高騰しそうなカードを予想していきたいと思います。

あくまで予想なので当たるかどうかは分かりませんが、中には既に高騰が始まっているものもありますので、売買を検討している人は参考にしてみてください。

2021年8月の価格相場の動きを軽く予想!

価格相場に影響を与える大きな要因は新商品に収録されるカードの情報と大会環境です。

8月の新商品としては、87日にストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-828日にデッキビルドパック グランド・クリエイターズ2つが発売予定です。

ストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-で強化される「代行者」関連の既存カードは再録されますし、相性の良い既存カードも何が再録されるか分かっていないこともあって相場への影響は大きくありません。

収録カードリストの判明後あるいは発売後には相性の良いカードの高騰もあるでしょうが、現状では予想は難しいです。

デッキビルドパック グランド・クリエイターズで登場する3種の新規テーマの内、現在ではP.U.N.K.」テーマのみが判明しています。

P.U.N.K.」テーマと相性の良い既存カードのいくつかは既に高騰を始めており、残りの2テーマの詳細も判明すればそれらと相性の良いカードの高騰もあるでしょう。

今のところ残り2種のテーマについてはほとんど情報が明かされていないため、その影響で高騰するカードも分かりません。

次に大会環境についてですが、7月中旬から好成績を残し始めた「相剣」等のテーマは8月の大会でも活躍することが予想されています。

そして新たな勢力の使用率がもっと上がっていくのであれば、それらへの対策カード等の採用率も上がるため相場価格が動くでしょう。

もちろん「電脳堺」なども大会での活躍が見込まれますが、デッキの傾向などが変わらないのであれば相場価格への影響も小さいでしょう。

2021年8月に価格高騰するカードを予想!

PSYフレームギア・γ」(準制限カード )


遊戯王OCG PSYフレームギア・γ ノーマル SPHR-JP031 遊戯王アーク・ファイブ [ハイスピード・ライダーズ]

・通常モンスターである「PSYフレーム・ドライバー」を採用しなければいけないこと

・自分フィールドにモンスターが存在すると発動出来ないこと

2点がネックではありますが、

・手札や墓地で発動したモンスター効果に対しても使えること

・発動を無効にして破壊出来ること

墓地へ行かないため「墓穴の指名者」が効かないことから妨害性能において「灰流うらら」等よりも数段高いのが長所です。

相手の先攻展開を妨害できるのはもちろん、自分が展開の起点となりやすいサーチ効果の魔法カードを使った際に相手が「灰流うらら」を使ったならこのカードで無効化することで同時にモンスターの展開も出来ます。

大会環境での採用率が確実に上昇しているカードですので、8月には更なる高騰が予想されます。

「トークンコレクター」


遊戯王カード トークンコレクター(ノーマルレア) ソウル・フュージョン(SOFU) | 効果モンスター 地属性 悪魔族 ノーマル レア

トークンの特殊召喚をトリガーにした自己特殊召喚効果、自身の特殊召喚成功時にトークンを一掃しその数だけ自己強化する効果、トークンの特殊召喚を封じる永続効果を持つ下級モンスターです。

チューナートークンを生成してシンクロ召喚を行う「相剣」テーマへの対策カードとして注目されつつあり、元々流通量が多くないノーマルレアだったこともあり一部では既に高騰が始まっています。

「相剣」の方ではトークン以外のレベル4チューナーとして「白の聖女エクレシア」「簡易融合」で出せる「魔鍵召獣-アンシャラボラス」を使う動きもあるものの、フル投入することが多いトークン生成効果を持つ「相剣」モンスターの効果を使い辛くなるのはかなりの痛手となるでしょう。

「相剣」テーマの使用率が更に上がれば、このカードをサイドデッキに採用するデッキも増えるかもしれません。

「アーティファクト-ロンギヌス」


アーティファクト-ロンギヌス レア 遊戯王 リンクヴレインズパック3 lvp3-jp064

相手ターンに手札・フィールドの自身をリリースすることでそのターン中の除外を封じる効果を持つ上級モンスターです。

除外を封じるのはあくまで1ターンのみであるため、自分も除外を活用するデッキだったとしても相手ターンなどこちらが影響を受けづらいタイミングで使っていけます。

除外を活用する「相剣」や「ふわんだりぃず」等の動きを止めるためにも有効ですし、元より「電脳堺」に対しても使えたことから高騰が予想されます。

「アクセスコード・トーカー」


遊戯王 ETCO-JP046 アクセスコード・トーカー (日本語版 ウルトラレア) エターニティ・コード

相手にチェーンを組ませないという安全性があり、リンク素材次第では攻撃力5000を超えられる高火力と1ターンに複数回使える除去効果が大きな魅力のリンク4モンスターです。

切り返しの際に役立つ強力なモンスターですので、ストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-に再録される「創造の代行者 ヴィーナス」を使って「神聖なる球体」3体リクルートした際のリンク召喚先としても有力な候補となります。

その際「リンク・スパイダー」「失楽の堕天使」「天空神騎士ロードパーシアス」を経由させることで、3枚の除去が可能な攻撃力5300のこのカードを出していけます。

その汎用性から大会環境での採用率も高いので、8月では更なる高騰となると予想します。

「緊急テレポート」(準制限カード)


遊戯王 第11期 PAC1-JP039 緊急テレポート【プリズマティックシークレットレア】

手札・デッキからレベル3以下のサイキック族モンスターを特殊召喚できる速攻魔法カードです。

グランド・クリエイターズで登場する「P.U.N.K.」テーマと相性が良く、中でも融合効果を内蔵するキーカードUkP.U.N.K.娑楽斎」をリクルートするための手段としても有用なため価格の上昇が予想されます。

またこのカードは速攻魔法カードであるため、相手ターン中にUkP.U.N.K.娑楽斎」をリクルートし、その効果でUkP.U.N.K.アメイジング・ドラゴン」をシンクロ召喚すればバウンスを行っていけます。

現在未判明の残り1枚の「P.U.N.K.」カードが展開の起点となれる効果を持つ可能性はありますが、初動となれるカードは多い方が安定しますので積極的な採用を検討できるでしょう。

このカードがグランド・クリエイターズに再録される可能性は十分ありますので、その点は要注意です。

【遊戯王高騰予想】2021年8月に価格高騰するカードを予想!まとめ!

2021年8月に価格が高騰するカードを一覧で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

2021年7月は新しく「相剣」テーマデッキが環境に入るなど、「相剣」テーマ関連のカードはすでに高騰が始まってます。

2021年8月はデッキビルドパック グランド・クリエイターズで新規で登場する3テーマ関連の相性の良いカードの高騰が予想されますが、デッキビルドパック グランド・クリエイターズで再録する可能性も高いので、購入する際は良く見極めて、購入することをおすすめします。

2021年8月に関してはデッキビルドパック グランド・クリエイターズが1番高騰の要因となることが予想できるでしょう。

2021年7月に高騰したカード一覧はコチラ↓

2021年7月も残すところ数日となったところで、7月にシングル価格が高騰したカードを紹介していきます。 価格が高騰した...


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック グランド・クリエイターズ BOX CG1758

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする