【遊戯王高騰予想】2021年7月にシングル価格が高騰するカードは?発売状況や最新情報から予測!

20216月も残り1週間ほどを切ったところで、7月にシングル価格が高騰しそうなカードを紹介していきます。

あくまでも予想ですので、間違いなく高騰するわけではない点はあらかじめご承知おきください。

2021年6月現在の相場の動きを軽くおさらい!

6月の相場の動きとしては、やはりと言うべきか新商品や環境に関わるカードの高騰が多かったです。

アニメーションクロニクル2021にて登場したカードと相性の良い既存カードや、ストラクチャーデッキ-オーバーレイ・ユニバース-を改良する際に是非とも採用したい既存カード、他にもVジャンプの付録として登場した「アストラル・クリボー」と好相性のカードなどが目立って高騰していました。

環境に関しては、昨今強化されたことで注目を集めた「LL」テーマのカードやそれと相性の良いカード等も高騰しました。

これらを踏まえた上で7月に相場価格が高騰しそうなカードを予想していきたいと思います。

2021年7月にシングル価格の高騰が予想されるカードを紹介!

「魔鍾洞」(制限カード)


遊戯王 DANE-JP064 魔鍾洞 (日本語版 スーパーレア) ダーク・ネオストーム

モンスターの数が多いプレイヤーの攻撃宣言とモンスター効果の発動を封じるフィールド魔法カードです。

自分のモンスターを出来るだけ少なくしてこのカードを発動しておけば、相手の展開と攻撃に大きな制限を付けられます。

相手が大量展開やビートダウンを得意としているデッキにとってはかなり厳しいロックとなります。

少数精鋭で戦っていく「閃刀姫」デッキ等で使われ、このカードの対抗策として「抹殺の指名者」と「魔鍾洞」を採用するというデッキも出てきたことから大会環境で使用率が上がっているカードです。

20217月適用のリミットレギュレーションにて規制されなかったこともあり、今後も大会環境での使用率が上がりそうなことから高騰しそうなカードとして予想しました。

「ヴァレルエンド・ドラゴン」


遊戯王カード ヴァレルエンド・ドラゴン(20th シークレットレア) LEGENDARY GOLD BOX(LGB1) | リンク 闇属性 ドラゴン族 20th シークレット レア

効果モンスター3体以上で出せるリンク5モンスターであり、強固な耐性と全体攻撃効果に加えて制圧力もあります。

バースト・オブ・デスティニーにて「ヴァレット」テーマが強化されるため、デッキの切り札であるこのカードは注目を集めています。

既に高騰が始まっているカードでもありますが、「ヴァレット」テーマの強化はまだ全貌が明らかになっていないため続報次第で更に高騰することもあり得るでしょう。

またこのカードはスペシャルセットにて登場したカードであるため、流通量が少ないことも高騰しやすそうな理由です。

「ツイン・トライアングル・ドラゴン」


遊戯王/第10期/02弾/CIBR-JP046 ツイン・トライアングル・ドラゴン【スーパーレア】

トークン以外のレベル4以下のモンスター2体で出せるリンク2モンスターであり、リンク召喚成功時にレベル5以上のモンスター1体を蘇生する効果を持ちます。

蘇生したモンスターの効果は無効化されこのターン攻撃も出来ませんので、このカードと合わせてリンク3モンスターに繋げていくというのが基本的な運用になります。

バースト・オブ・デスティニーでは「デュアルウィール・ドラゴン」が登場し、7月発売のVジャンプでは「アウトバースト・ドラゴン」が付録されるなど、昨今の「ヴァレット」テーマの強化によってデッキに採用したい高レベルモンスターが増えます。

そうなれば必然的に「ツイン・トライアングル・ドラゴン」での蘇生候補も増えることとなり、利用価値が上がることで相場価格の高騰に繋がることが予想されます。

「マクロコスモス」


遊戯王OCG マクロコスモス GS05-JP018-N ゴールドシリーズ2013 収録

お互いの墓地へ送られるカードは全て除外される効果を持つ永続罠カードです。

カードの種類を問わずに墓地へ行くカードは全て除外されるため、このカードの発動下では墓地で発動する効果を持つカードや蘇生したいモンスターを墓地肥やししておく、という運用そのものが不可能になります。

またカードを墓地へ送ることが出来ない以上、『墓地へ送って発動』等といったコストを必要とするカードは発動そのものが出来なくなります。

昨今では墓地で発動する効果を持つカード等、このカードの影響を受ける効果を持つカードはかなり多いためかなり強力なロックとなります。

バースト・オブ・デスティニーにて登場する「ふわんだりぃず」テーマでは、下級モンスターはフィールドから離れれば除外されますし、条件を満たすことで除外されている自身を手札に戻せるため「マクロコスモス」の影響をほとんど受けません。

「ふわんだりぃず」デッキに採用すれば相手にのみ強力なロックを仕掛けられるカードとして、「マクロコスモス」の価格が高騰するのではないかと予想します。

「天空神騎士ロードパーシアス」


遊戯王カード 天空神騎士ロードパーシアス(シークレットレア) リンク・ヴレインズ・パック2(LVP2) | セレスティアルナイト リンク 光属性 天使族

天使族モンスター2体以上で出せるリンク3モンスターであり、手札1枚をコストにしたサーチ効果や条件を満たした場合の特殊召喚効果を持っています。

ストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-に再録される「創造の代行者 ヴィーナス」「神聖なる球体」を展開すれば容易にリンク素材の確保が出来ます。

このカードのサーチ効果を使うことで、「天空の聖域」または「天空の聖域」に関するカードを引き込みその後の運用に役立てていけます。

サーチ効果でアドバンテージを稼ぎつつも「アクセスコード・トーカー」「ヴァレルロード・S・ドラゴン」といった強力なモンスターに繋ぐことも出来るため、中継点としても優秀です。

以上のことからストラクチャーデッキR-ロスト・サンクチュアリ-にて登場する「マスターフレア・ヒュペリオン」で効果をコピーする価値も高いため、需要の増加による価格高騰が予想されます。

まとめ!

2021年7月に高騰するカードを予想してきましたが、今回したカードはあくまでも高騰が予想されるカードですので、今後、高騰せずに終わる可能性や既に高騰が始まっているカードもあります。

2021年7月の高騰傾向は恐らく、7月に発売予定のバースト・オブ・ディスティニーの収録内容が大きく関係してきそうですので、新テーマや現状紹介されているテーマを組みたいと考えている方は、相性の良いカードを早めに集めておいた方が良さそうです。

しかし、高騰が続いているカードに関しては、もしかしら再録される可能性も0ではないので、その辺を慎重に吟味した上て、購入するべきか、待つべきかを考えてもいいでしょう。

2021年6月に高騰したカードの紹介は↓

2021年6月も残りわずかとなったところで、6月にシングル価格が高騰したカードを紹介していきます。 今後更なる価格高騰...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする