【遊戯王高騰予想】2021年1月にシングル価格が高騰が予想されるカードを一覧で紹介!

2021年が始まったところで、1月に相場価格が高騰しそうなシングルカードを紹介していきたいと思います。

あくまで予想ですので、確実に高騰するわけではない点はあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク

2021年1月現在までの相場の動きを軽くおさらい!

相場が大きく動く場合の理由はいくつかあり、新商品の情報・大会環境での使用率・新たなリミットレギュレーションが主に挙げられます。

202012月では「ドラゴンメイド」関連や「電脳堺」と相性の良いカード等、大会環境で使用率上がってきているデッキのカードやそれらに対するメタカード等が高騰しやすい傾向にありました。

新リミットレギュレーションによってそれまで環境上位であった「ドラグマ」や「召喚獣」等が弱体化されたことも理由の一つかと思われます。

その一方でセレクション10プレミアムパック2021で登場した新規カードと相性の良い既存カードも確実に高騰していました。

今月の高騰予想をする上でも2021116日に発売を控えている基本パック、ライトニング・オーバードライブの存在は大きいです。

ライトニング・オーバードライブ収録されたカードと相性の良い既存カードや、新規カードによって強化される既存テーマカード等は高騰しやすいかと思われます。

2021年1月に高騰が予想されるカードを一覧で紹介!

「イーバ」


遊戯王/イーバ(ウルトラレア)/ストラクチャーデッキR 神光の波動

墓地へ送られた場合に自身以外のフィールド・墓地の光属性・天使族モンスターを2体まで除外することでその数までレベル2以下の光属性・天使族モンスターをサーチする効果を持ちます。

昨今の大会環境で確実に結果を残してきている「ドライトロン」デッキでは、「宣告者」モンスターを採用することで相手の行動妨害にも力を入れている構築が増えてきています。

このカードは下級「宣告者」モンスターをサーチしたり、「崇光なる宣告者」のコストの確保をする上で有用です。

徐々に価格が上昇し始めていますので、今後も更なる高騰が予想されます。

「電脳堺姫-娘々」


遊戯王 電脳堺姫-娘々 シークレットレア 21PP 未使用

レベル3モンスターの召喚・特殊召喚をトリガーにチューナー扱いで自己蘇生する効果、除外された場合に自身以外の除外されているカードをデッキに戻す効果を持っています。

「電脳堺」デッキのキーカードであり、チューナーになれることを含めシンクロやエクシーズの素材として活用しやすいです。

昨今の大会環境で「電脳堺」デッキが活躍の場を広げつつあるため、「電脳堺」デッキの使用率が上がっていけば価格は更に上がっていくことでしょう。

現時点では希少性が高いシークレットレアの物はすでにかなりの高額で取引されています。

「邪神ドレッド・ルート」


遊戯王 邪神ドレッド・ルート(シークレットレア) / 決闘者の栄光-記憶の断片- side:武藤遊戯(15AY) / シングルカード 15AX-JPM58-SI

アドバンス召喚するには3体のリリースが必要となる「三邪神」の内の1体であり、自身以外のモンスターの攻守を常に半分にする永続効果を持っています。

自身の元々の攻守が4000もあるため効果も併せて戦闘面で非常に強いというのが最大の特徴です。

裁定により攻守が変動する効果が使用された場合にはその処理を行った最後にこのカードの効果を適用することになるため、戦闘で突破することはかなり難しいです。

プレミアムパック2021にてこのカードをサポートできる「神の進化」が登場したことが理由で高騰傾向にあります。

「アルバスの落胤」


アルバスの落胤 スーパーレア 遊戯王 ライズ・オブ・ザ・デュエリスト rotd-jp011

召喚・特殊召喚成功時に手札1枚をコストにして自身と相手モンスターを素材に融合召喚する効果を持っています。

「戦線復帰」等を使ってフリーチェーンでこのカードを特殊召喚すれば、相手ターン中に不意を突く形で相手モンスターを融合素材として除去することも狙えます。

11期の基本パックで進められているイラストストーリーのメインキャラであり、基本パックが発売する度にこのカードを融合素材に指定する融合モンスターが増えています。

ライトニング・オーバードライブでは「アルバスの落胤」をサポートできる効果を持つ「烙印」魔法・罠カードが新たに登場するため、「アルバスの落胤」を主軸としたデッキ作る上でも需要が大きく高まることが予想できます。

「ティオの蟲惑魔」


★3枚セット★ 【遊戯王】 【ティオの蟲惑魔】 PRIO-JP025 【レア】 『プライマル・オリジン』

召喚成功時に墓地の「蟲惑魔」1体を蘇生する効果、特殊召喚成功時に墓地の「落とし穴」通常罠カードまたは「ホール」通常罠カードを自分フィールドにセットする効果、「落とし穴」通常罠カード及び「ホール」通常罠カードの効果を受けない効果があります。

ライトニング・オーバードライブにて新たに登場する「蟲惑魔」モンスターにはリンク2モンスターもいるため、展開できる効果を持つ「ティオの蟲惑魔」の価値は大きくなりました。

「蟲惑魔」はイラストアドの高さもあってファンやコレクターから人気が高いテーマですので、特に高レアリティのカードの価格は上昇していくでしょう。

【遊戯王高騰予想】2021年1月にシングル価格が高騰が予想されるカードを一覧で紹介!まとめ!

2020年が終わり、2021年がスタートしました。

1月1日最初の内容は2021年1月に高騰が予想されるカードの紹介でしたが、参考になりましたでしょうか?

現状まだ未判明の情報もまだたくさんあるので、今後発表される内容によっては、いきなり高騰するカードも登場することが予想されます。

しかし、今回紹介したカードの中には既に高騰が始まっているものもあるので、もし「欲しい!!」と思ったカードがある人は在庫の関係もあるので、早めに購入するのも手です。

2021年1月の高騰情報についても、気になる方は相場を気にしつつ、どのカードショップで買うのが自分にとって得になるのかも気にしてみるといいかも知れません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする