【遊戯王環境】2021年10月に大会で活躍したテーマデッキを一覧で紹介!

202110月も終盤に差し掛かってきたところで、今月の大会環境について振り返っていきたいと思います。

大会環境で活躍したテーマデッキの特徴なども紹介するので、今後大会に参加する予定のある人はデッキを構築したり対策を立てたりする際に参考にしてみてください。

2021年10月の大会環境を軽くおさらい!

D-HERO デストロイフェニックスガイ

まず10月の大会環境全体としては、いくつものテーマデッキが活躍することとなりました。

「勇者トークン」DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットを採用したデッキも大会で好成績を残しており、出張セットの性能の高さは多くのデュエリストが知る所となりました。

またどちらの出張セットも採用していないデッキも活躍しており、様々なテーマデッキが切磋琢磨していました。

「勇者トークン」やDHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットが一番流行った9月の末頃では、出張セットを採用していないデッキが大会環境で好成績を残すこと自体が珍しくなっていましたが、昨今では出張セットを採用していないデッキも活躍の場を広げています。

10月に発売したバトル・オブ・カオスも大会環境に影響を与えており、中でも強化されたテーマである「相剣」は新規カードを採用するだけでなく、大会環境の流れなども踏まえながら様々な試行錯誤がされています。

最近の大会環境において「勇者トークン」DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットは非常に存在感が大きいですが、活躍しているテーマ自体はコンセプトや特徴などが大きく異なるため特定のデッキやコンボなどに対策を取れば良いというわけでもありません。

様々なテーマデッキが入り乱れる現在の大会環境は正に群雄割拠であり、対策を取る上でも大会で通じるデッキを構築する上でも考えなくてはいけないことは多いでしょう。

スポンサーリンク

2021年10月に環境で活躍したテーマデッキを一覧で紹介!

「相剣」デッキ

チューナートークンを生成することが大きな特徴の幻竜族テーマデッキです。

バトル・オブ・カオスにて新たに「相剣大邪-七星龍淵」が登場し、2種類のバーン効果を持つことから相手のライフが減ったデュエル中盤以降で大いに活躍させていけます。

10月上旬では「勇者トークン」DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットを採用した構築もよく見られましたが、10月の下旬からは出張セットを採用せずに罠カードを多めに採用することで相手の行動を妨害しやすくした構築の方が主に好成績を残しています。

当サイトでは「相剣」デッキレシピの紹介も行っております↓

2021年7月17日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて新規テーマ「相剣」が登場します。 そこで今...

「アダマシア」デッキ

デッキトップのカードをめくってその中からモンスターを特殊召喚することで展開するというのが特徴の岩石族テーマデッキです。

昨今では「P.U.N.K.」カード複数枚を出張採用させた構築が主流であり、「水晶機巧-ハリファイバー」等の展開に有用なモンスターに素早く繋ぐことで強力な盤面構築を行っていけます。

元より岩石族モンスターである「ブロックドラゴン」のアドバンテージ獲得能力や「コアキメイル・ガーディアン」等の制圧力は強力であるため、制圧盤面を構築しやすいというのも強みです。

当サイトでは「アダマシア」デッキレシピの紹介も行っております↓

2020年3月7日に発売したデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズにて岩石族テーマ「アダマシア」が登場しました。 ...

「幻影騎士団」デッキ

墓地で発動する効果を活用することで展開やアドバンテージの獲得を行える闇属性テーマです。

「幻影騎士団」テーマはその特性上「勇者トークン」やDHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットと相性が良いため、両方を採用した構築も多くの大会で活躍しました。

出張セットを採用せず「未界域」と合わせた混合構築も好成績を残したこともあるため、必ずしも出張セットを採用しなければ強くないというわけではありません。

当サイトでは「幻影騎士団」デッキレシピの紹介も行っております↓

2020年8月8日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジで「幻影騎士団」テーマに新規カードが加わることが判明しました。 ...

「プランキッズ」デッキ

リンク素材や融合素材となった場合のリクルート効果で展開していくことが大きな特徴のテーマデッキです。

「勇者トークン」の出張セットを採用している構築が主流となっており、制圧力を向上したり自分の展開を通しやすくするためにも「勇者トークン」の出張セットは非常に相性が良いです。

「プランキッズ」はリクルート効果を多用することから展開の初動として必要なカードが多くないのも特徴で、必要最低限の「プランキッズ」カードと「勇者トークン」の出張セットを採用しても枠に空きがあります。

その枠には手札誘発モンスター等の汎用妨害カードはもちろん、「禁じられた一滴」「抹殺の指名者」といった相手の制圧盤面の突破をしたり相手からの妨害を妨害できるカードを採用することで勝率も上がっています。

当サイトでは「プランキッズ」デッキレシピの紹介を行っております↓

2020年8月8日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジには「プランキッズ」テーマの新規カードも収録されます。 そ...

「サンダー・ドラゴン」デッキ


手札から捨てて発動出来る効果と除外された場合に発動できる効果を駆使するのが特徴の雷族テーマデッキです。

DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットを採用している構築も活躍していますが、出張セットを採用せずに「サンダー・ドラゴン」デッキが元々光属性と闇属性のモンスターを活かして「カオス」カードを採用した構築も好成績を残しました。

デッキのエースである「超雷龍-サンダー・ドラゴン」でサーチ封じをしたり展開したモンスターを使って出した汎用リンクモンスターで突破したりなど、登場から年月が経ち規制を受けてもなお十分以上に大会環境レベルで戦えているデッキです。

当サイトでは「サンダードラゴン」デッキレシピに紹介を行っております↓

2020年ももうじき半分が終わるという所で、大会環境で活躍しているテーマデッキの中でも常連で有名な「サンダー・ドラゴン」デッキについ...

まとめ!

2021年10月の遊戯王OCGの大会環境で活躍したテーマデッキについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

2021年10月の大会環境はやはり、「勇者トークン」DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張と相性の良いテーマが大会では活躍している印象でした。

2021年11月も恐らく、引き続き、今回紹介したテーマデッキが大会環境で活躍することが予想されますが、2021年11月は-深淵のデュエリスト編-で水属性3テーマがが強化されるので、このテーマの内どれかが大会環境で結果を残してくれると嬉しいと感じます。

2021年11月に大会に出ようか迷っているプレイヤーは是非、今回の内容を参考にしていただければ、幸いです。


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1763

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする