【遊戯王環境予想!】2020年12月に大会で活躍や予想されるテーマデッキを紹介!

202011日も終盤に差し掛かってきたところで、12月の大会で活躍するデッキを予想していきます。

大会に参加しようと思っている人もそうでない人も参考程度に見ていただければと思います。

スポンサーリンク

2020年12月の環境はどの様になるかを軽く考察!


ここでは12月での環境に影響を与えるであろう要素を挙げていきながら考察していきます。

まず最初は125SELECTION 10の発売です。計10種のテーマに新規カードが加わる本パックですが、現状判明している情報から鑑みると大会環境への影響はそこまで大きくないでしょう。

新規テーマに関しては実際に対戦したり試行錯誤してみないと判断が難しいものの、既存テーマの強化に関しては「聖刻」と「シャドール」の2テーマなら大会環境に影響を与えるかもしれません。


1219にはPRISMATIC GOD BOXが発売します。

「ブラック・マジシャン」「青眼の白龍」等の様々なテーマに新規カードが加わる本商品ですが、この強化が大会環境へどれほどの影響を与えるのかは未知数ではあります。

昨今の大会で「ブラック・マジシャン」「青眼の白龍」デッキ等が活躍しているわけではありませんが、今回の強化を機に、ということもあり得なくはないです。

ただ最近の環境デッキを考えるとこれから大活躍となるのは難しそうではあります。

最後に大会環境に影響を与える最も大きな要素として、12月中旬に発表されるであろう11日から適用される新リミットレギュレーションがあります。

正式な適用こそ11日からですが、公式からの発表後は新リミットレギュレーション環境下で行われる大会も珍しくありません。

規制や弱体化の理由は大会環境でのパワーバランス調整が主になりますので、どのような制限改訂が行われるかは要注目です。

以上を総合しますと、新商品による大会環境への影響はそこまで大きくなさそうですが、発表される新リミットレギュレーションの内容次第では大きな変化があり得るということになります。

スポンサーリンク

2020年12月に大会で活躍が予想されるテーマデッキ4選

「サンダー・ドラゴン」デッキ

手札で発動する効果と除外された場合に発動する効果を駆使するテーマデッキです。

昨今の高速化した環境において「超雷龍-サンダー・ドラゴン」のサーチ封じが強力なのは依然変わらず、最近では除外手段として利用しながらも展開力の底上げをするために「混沌領域」「輝白竜 ワイバースター」「暗黒竜 コラプサーペント」を採用した「カオスサンドラ」と呼ばれるデッキ構築も見かけます。

デッキの回転力も高いことから「灰流うらら」等の手札誘発モンスターを複数枚積んでも事故が起きづらいというのは、大会環境では大きなメリットになります。

長らく大会環境で活躍しているテーマデッキでもありますが、既に規制を受けていることもあって強すぎると言うほどでもないため、12月の環境でも継続的な活躍が予想できます。

当サイトでは「サンダードラゴン」デッキレシピも紹介しておりますので、詳しくない方や気になる方は是非、参考にしていただければ嬉しいです↓

2020年ももうじき半分が終わるという所で、大会環境で活躍しているテーマデッキの中でも常連で有名な「サンダー・ドラゴン」デッキについ...

「オルターガイスト」デッキ


魔法使い族で統一された「オルターガイスト」モンスターを使うことで、罠カードで相手への妨害を図りながら自分はアドバンテージを稼いでいくのが特徴のテーマデッキです。

昨今ではモンスター効果の方が主流であり、それ故に罠カードに重きを置く「オルターガイスト」に対しては対応がしづらいというケースも珍しくありません。

罠カードの中でも手札から発動出来る「無限泡影」「神の○○」と名の付くカウンター罠カードは強力ですので、マストカウンターを狙うことで相手のコンボを崩壊させつつも自分の望んだようにデュエルを進めていけます。

こちらも既に規制を受けているテーマであり、大会環境でも中堅ほどであるため12月の活躍も期待できるかと思います。

当サイトでは「オルターガイスト」デッキレシピの紹介も行っておりますので、「オルターガイスト」とは?という方は是非参考にしていただければ幸いです↓

LINK VRAINS DUELIST SETにて「オルターガイスト」テーマに新規カードが追加されました。 そこで今回...

「プランキッズ」デッキ

素材になることをトリガーにしたリクルート効果を駆使することでモンスターを展開し、更なる展開で強力モンスターに繋げていくのが特徴のテーマデッキです。

これまでは展開のための初動に消費がかさむという欠点がありましたが、リンク1「プランキッズ・ミュー」が登場してからは欠点が完全に解消され安定力と展開力が格段に向上しました。

切り札である「プランキッズ・ハウスバトラー」はフリーチェーンで相手モンスターを一掃でき、「プランキッズ・ミュー」のおかげで手札消費1枚から繋げられるようになっただけでなく相手ターンに限り1度なら自身をコストにせずとも一掃効果を使えるようになったため更に強力になりました。

デッキを回すための「プランキッズ」カード以外の枠は何を入れても自由になりますので、「灰流うらら」「抹殺の指名者」等をフル投入しやすいのも利点です。

強化された「プランキッズ」デッキレシピ2020を当サイトでも紹介しておりますので、是非参考にしてみてください↓

2020年8月8日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジには「プランキッズ」テーマの新規カードも収録されます。 そ...

「シャドール」デッキ

リバース効果と効果によって墓地へ送られた場合に発動出来る効果を使ってアドバンテージを稼ぎながらも融合召喚を行うのが特徴のテーマデッキです。

「エルシャドール・アプカローネ」「影依の偽典」の登場によって妨害性能が高まったこともあり、大会環境のデッキに対しても互角に戦うことができます。

「ドラグマ」との複合デッキも活躍していましたが、昨今では「ドラグマ」と「召喚獣」の複合デッキの方がよく見かけるようになりました。

SELECTION 10で更に新規カードが加わり強化されるので、新しくなった「シャドール」デッキの活躍に期待したいです。

当サイトでは「シャドール」デッキの紹介も行っております↓

ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールが発売しました。 ストラクチャーデッキテーマ投票で見事1位に輝いた「シャドール...
ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールが発売し、「シャドール」テーマが強化され、再びセレクション10で「シャドール」テーマ...
基本パックのライズ・オブ・ザ・デュエリストで登場した新規テーマ「ドラグマ」ですが、同パックで新規カードによって強化された「シャドール」テーマ...

【遊戯王環境予想!】2020年12月に大会で活躍や予想されるテーマデッキを紹介!まとめ!

2020年12月に環境で活躍しそうなデッキを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

12月の環境は新商品の影響をあまり受けない環境であり、環境に入るテーマも恐らく、顔馴染みばかりである事が予想されます。

今回、紹介しなかったテーマとしては相変わらずの「ドラグマ」や「エルドリッチ」なんかも恐らく12月は見かける機会が多いでしょう。

また12月のリミットレギュレーションは今まで、以上に規制が激しくなり、環境が大きく変わるか、規制が少なく、環境が変化しないかの両極端のどちらかである事が予想されます。

2020年も残りわずかではありますが、12月の大会環境もどのような動きを見せるのかが、注目ポイントですね!!

2020年11月に活躍した環境テーマの紹介はコチラ↓

2020年11日も終盤を迎えたところで、11月の大会で好成績を残したテーマデッキを紹介していきます。 今後の活躍も十分...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする