【遊戯王環境】2020年7月に環境を取るテーマデッキを予想!大会も徐々に再開しつつある?

2020年も7月を迎えたところで、7月の大会環境で活躍するテーマデッキを予想していきたいと思います。

これまでは新型コロナウイルスの影響によってショップ等では大会が行われていませんでしたが、7月からは大会が徐々に再開してしくという情報も入っているので参加を考えている人は参考にしてみてください。

2020年6月の環境と新商品の販売状況について軽くおさらい!

前述の通り6月やそれ以前の数ヶ月間は大会がほとんど行われなかったため、優勝記録などの実績としてはデータが少ない点はあらかじめご承知おきください。

6月の環境ですが、環境上位としては「エルドリッチ」「オルフェゴール」「サンダー・ドラゴン」等のテーマデッキが挙げられます。

それらに次ぐ形で「閃刀姫」「サラマングレイト」「エンディミオン」等も活躍しているようです。

結果が多くないので判断が難しいところではありますが、7月から適用されるリミットレギュレーションで影響を受けるのは「リンクロス」の禁止カード化だと思われます。

とはいえ、「リンクロス」を採用していたデッキは大会環境ではそこまで多くもなかったので目に見えて分かるほどの大きな変化とはならないでしょう。

昨今の新商品による7月環境への影響ですが、発売時期的に関係しそうなのは620日発売のコレクションパック202074日発売のストラクチャーデッキ-精霊術の使い手-2つです。

コレクションパック2020では3種の新規テーマの登場と数種の既存テーマの強化が行われました。中でも環境に影響を及ぼしそうなものとしては「ヌメロン」が挙げられ、詳しい解説は後述させていただきます。

ストラクチャーデッキ-精霊術の使い手-ですが、今の所こちらは大会環境へ影響を与える可能性が低いように感じます。弱いとか性能が低いということではなく、判明している新規カード等を踏まえてもテーマデッキとしての動かし方が環境向きではないように思われます。

コチラのストラクはガチテーマというよりはイラストアドの高いファンデッキとしての特色が強いです。

以上のことを踏まえて7月の大会環境で活躍しそうなテーマデッキを予想していきます。

スポンサーリンク

2020年7月の環境に入ると予想されるテーマデッキはコレ!!

「エルドリッチ」

黄金卿エルドリッチ

「黄金卿エルドリッチ」を主軸としたテーマデッキであり、環境で主流なのは相手の行動妨害系カードを採用したメタビート軸になります。

デッキのエースである「黄金卿エルドリッチ」がフィールドで使用する効果を持たないため、その点を利用して「スキルドレイン」を採用したり、「エルドリクシル」や「黄金郷」カード等の魔法・罠カードを駆使する特性を活かして「神の宣告」等の強力な汎用カウンター罠カードを事前除去されにくくすることも出来ます。

またモンスターの採用枚数が極少ないのも特徴であり、自分フィールドのモンスターが「黄金卿エルドリッチ」1体のみという状況も珍しくないことから「魔鍾洞」との相性も注目されています。

元より対環境デッキを想定したメタ寄りの構築であるため有効に働きやすいです。

相手の行動を妨害することで勝利を目指す、言わば他の環境テーマデッキが苦手に感じやすいデッキとも言えます。

以上のことから7月の環境でも十二分に活躍できるであろうことが予想されます。

「エルドリッチ」テーマに関しての関連記事はコチラ!

2020年3月7日に発売するデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズにて新たなアンデット族テーマ「エルドリッチ」が登場します。...
コレクションパック2020が発売し、「ヌメロン」関連のカードが遂に登場したことでその性能を含めて話題となっています。 ...

「オルフェゴール」

宵星の機神ディンギルス

闇属性・機械族で統一された「オルフェゴール」モンスターを主軸とし、墓地のモンスター効果等を利用した展開やデッキ回しを得意としています。

その特性から墓地肥やしカードが展開手段となるため「灰流うらら」等へのケアが必要ではあるものの、消費カードを墓地やデッキから賄うため少ない手札消費からモンスターを展開して盤面を構築していけます。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を使う通称「ドラグーン」ギミック(メインデッキに「真紅眼の黒竜」「ブラック・マジシャン」「真紅眼融合」、エクストラデッキに「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を使う物)を採用しているデッキが多いです。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」のカードパワーが高いのはもちろんのこと、「オルフェゴール」モンスターのほとんどが持つ効果の発動後ターン終了時まで闇属性モンスターしか特殊召喚できなくなるという制約と衝突せずに済むため相性が良いです。

「オルフェゴール」カードは規制傾向にありましたが、7月のリミットレギュレーションでは「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」関連も「オルフェゴール」カードも規制されなかったので今後も活躍できるでしょう。

コチラでは当サイトで実際に組んだ「オルフェゴール」デッキレシピを紹介しております!

2020年1月の新リミットレギュレーションで規制された「オルフェゴール」テーマですが、されたのは弱体化だけというわけではありません。 ...

「ヌメロン」

ヌメロン・ネットワーク

コレクションパック2020で登場したテーマで、その最大の特徴は「ヌメロン・ネットワーク」1枚から「ゲート・オブ・ヌメロン」エクシーズモンスター4体まで特殊召喚できるという驚異的なまでの展開力です。

効果を使用した「ヌメロン・ダイレクト」の制約の都合上、その後の召喚・特殊召喚は1度しか行えませんがそれでも十分以上に強力な動きとなっています。

先攻からSNo.0 ホープ・ゼアル」を出すことも可能ですし、後攻以降であれば「ゲート・オブ・ヌメロン」エクシーズモンスター4体の総攻撃は相手フィールドの状況次第ではワンターンキルを可能にするほどの高火力を叩き出せます。

7月の環境で使われるのは純正の「ヌメロン」デッキではなく、先述もした「ドラグーン」ギミックを採用したものや「エルドリッチ」との複合テーマデッキかと予想されます。

「エルドリッチ」の他にも「召喚獣」や「サブテラー」との複合も好相性だと注目されています。

コチラでは「ヌメロン」関連について紹介しております!

コレクションパック2020が発売し、「ヌメロン」が一つのテーマとして登場しました。 アニメ遊戯王ZEXALⅡに登場した...
コレクションパック2020が発売し、「ヌメロン」関連のカードが遂に登場したことでその性能を含めて話題となっています。 ...
つい先日、コレクションパック2020に収録される「ヌメロン」関連カードの詳細が判明したことをきっかけに「SNo.0 ホープ・ゼアル」が高騰し...
2020年6月20日に発売予定のコレクションパック2020に収録される「ヌメロン」関連カードの詳細が判明しました。 そ...

【遊戯王環境】2020年7月に環境を取るテーマデッキの予想についてのまとめ!

遊戯王の環境の2020年7月の環境予想でしたが、現在コロナウイルスの関係で正直な話、7月の大会も行われたとしても数多くは行わないことが予想されます。

しかし、次の改訂までは嫌でもこのテーマ達を見る機会が多いことは確かでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする